彼氏から連絡が減った時の対処法とは。彼がマメに連絡してこなくなった時には4つの理由が考えられる

最終更新日:2019年2月16日

付き合ったばかりのころは、あんなにマメに連絡をくれたのに、最近彼氏からの連絡が減っていませんか。

忙しそうだから仕方がないとは思っていても、少しくらいならLINEなどをする時間はあるはず。

なぜ連絡をしてくれないのかモヤモヤとしてきますよね。

そこで今回はなぜ彼氏からの連絡が減っているかその心理と彼女としての対処法をご紹介します。

1.仕事が忙しすぎて連絡をする気が起きない

やはりこれが彼氏にとって1番多い理由と考えられます。

彼氏が学生の場合は別ですが、社会人であればメールや電話をマメにする時間が激減してしまいます。

仕事中は私用のメールや電話はなかなか出来ませんからあまり期待できません。

でも、以前は仕事が忙しくても連絡をしてくれたと思う女性も多いはずです。

これは付き合いたてだから彼が無理して連絡をしてきたからです。

ですから現在の連絡が減った状態が、彼にとって普通の状態と言えます。

基本的に男性は女性と比べると、複数のことを同時進行していくことを苦手とします。

例えば仕事でプロジェクトを任されたとします。

女性は仕事とプライベートをうまく使い分けますが男性はそうはいきません。

つまり、職場でも家に帰ってからも、そのプロジェクトのことで頭がいっぱいです。

そうなると、必然的に彼女への連絡頻度は減っていきます。

だからといって、彼女への気持ちが薄れているかというと、そういうわけではありません。

仕事が落ち着くまでは、彼女のことまで気が回らないというのが本音でしょう。

そう言われてみれば納得できるような気がしますが、彼女からしてみれば不満ですよね。

例えばLINEであれば2、3分あれば打てるのに、なぜその努力をしないのかと思ってしまいますよね。

これが男女の感覚の違いと言えるでしょう。

確かに物理的な時間で考えればLINEなどをする時間程度はあります。

しかし頭の中は仕事で一杯になってしまっていて、彼女に連絡をする行為の優先度が下がってしまっているため連絡ができないのです。

この状況を総じて彼は「忙しくて連絡ができなかった」と言います。

そのため「2、3分も時間がないわけないじゃん」と責めてはいけません。

男性の脳の構造上これは仕方がないことと言えます。

2.仕事がうまくいっておらず、彼女への連絡まで気が回らなかった

社会人の男性にとって、仕事は自分の生活の相当の割合を占めています。

そのため、仕事がうまくいっているときは多少無理したり、気持ちもプラスの方向に向いています。

逆に仕事がうまくいっていない、失敗してしまったときは、自信をなくし四六時中そのことを考え引きずります。

つまり彼女に対して思いやりを持ったり、連絡をしようという気持ちにはなかなかならないのです。

そのため彼女への連絡をするという行為が、行動の優先順位の中でどんどん落ちていき連絡をすることができなくなってしまいます。

これもまた、女性からしてみれば理解し難いですよね。

でも男性にとっては仕事イコール人生のような位置付けなので、仕方が無いとも言えます。

もしも彼氏が仕事がうまくいっていないようであれば、あれこれ聞き出したり、余計な口出しをするのではなく、しばらく様子をみてそっとしておきましょう。

ダメ出しや指摘をすると彼のプライドを傷つけてしまう可能性があります。

また、仕事がうまくいっていない時に、もっとこまめな連絡を要求してしまうと彼は更に追い込まれてしまいます。

連絡が来なくて寂しい気持ちをぐっと抑えて彼のプライドや精神状態を傷つけないようにしてあげましょう。

3.交際することに慣れてきたので連絡の頻度が低くなった

良い意味でも悪い意味でも付き合いが長くなり、慣れてくると、甘えが出たり安心してしまいます。

そのため、マメに連絡しなくてもいいだろう、わざわざ伝えなくてもわかるだろうと男性は思います。

でも女性は連絡がないと不安になったり、きちんと伝えてもらわないと不安になりますよね。

しかし男性からすれば愛情は変わらずで、単に前ほど連絡をする必要がないと考えているだけなのです。

そのためこうした状態の時は、彼にもっとマメな連絡が欲しい旨を伝えると解決することがあります。

ただ一つ危険なのは、慣れすぎて彼女のことを女性として意識しなくなっている状態です。

彼だけでなく、女性自身も自分に原因はないか考えるきっかけになるかもしれません。

男性は、付き合うまでの期間や付き合いたてのわずかな期間は彼女に尽くします。

よく思われようと努力を惜しみません。

しかし一度自分のものにしてしまうと、釣った魚にエサを与えない状態にするケースが多くなります。

今回の連絡頻度が少なくなっているのもまさにこのパターンかもしれません。

この時も、連絡が来なくて寂しい旨を伝えましょう。

そうすると彼女がいなくなってしまうのではないかという恐怖心が現れて、再びマメに連絡をしてくるようになりますよ。

4.別に好きな女の人ができたので連絡頻度が減った

1番考えたくないことですが、これも理由としては当てはまる人が少なからずいます。

男性は一度に複数のことをできません。

そのため別の人に気持ちが移っていると、その人のことばかり考えてしまいます。

そして彼女のことは頭の片隅に置かれがちです。

もちろん男性みんながみんな、浮気性なわけではありませんが、男性は女性が好きです。

そして彼女とマンネリ気味だと新しい刺激を求めて別の女性に気が行ってしまったり、気持ちが浮ついてしまうことがあります。

そのため最近彼氏からの連絡が減っている人は、彼の行動を少し気にして観察してみるといいかもしれません。

ただ、疑いすぎて彼氏を怒らせてしまったら本末転倒なので、さり気なく彼氏の行動をチェックするなど、何気ない感じが大切だと言えます。

もし最近連絡頻度が減っていて、彼が他にどこかに遊びに行く回数が増えている場合は一度浮気を疑ってみても良いかもしれません。

女性と男性との違いを理解して連絡が減ったことに対処しよう

男性と女性は頭の構造が違います。

女性からしてみれば連絡をするくらいたいしたことではありませが、男性は一つのことしかできません。

ですから最近彼氏からの連絡が減っているという人はこれらのいずれかに当てはまっているとみて理由を推測しましょう。

ただ最初から浮気しているのかもと疑うのではなく、今仕事が大変なのかな、と少し様子をみながら観察してみましょう。

それにしても、男性は面倒な生き物だなと思ってしまいますよね。

ですがそういうものだと割り切って、あまり不安になったりイライラしたりせず、気長に待ってみましょう。

彼氏から連絡が減った時の対処法とは。彼がマメに連絡してこなくなった時には4つの理由が考えられるに関連する占い情報