六星占術

六星占術で占いたい人の生年月日を入力してください。

六星占術で自らの運命数を調べるには運命表と呼ばれるものを利用することが一般的です。しかし、その場合運命表が手元にないと中々算出することができません。そのためこれまでは、占い師に依頼をして運命星を算出してもらう必要がありました。そこでここでは、生年月日を入力することで自動で運命数を計算し、運命星を決定するプログラムをご用意しました。これによりご自身で手軽に六星占術による運命星を見つけていただくことができます。一時テレビに引っ張りだこだった細木数子さん提唱の六星占術を是非お試しください。

六星占術

1.六星占術とは何か

六星占術は細木数子さんが提唱した占いです。

六星占術では運命星ごとに占われ、運命星としては土星、金星、火星、天王星、木星、水星の6つがあり、それぞれにあてはまる人をその星の星人と呼びます。

この運命星は、生年月日から算出される運命数をもとに決定されます。

この運命数と星人によって、あなたの運命や運勢を知ることができると言われています。

六星占術は中国で編み出された占いをベースに統計的に出された資料を基に作られています。その点でスピリチュアルな占いとは一線を画しています。中国4,000年の歴史に裏打ちされた占いと言えるのです。

また、六星占術では人生にも四季があると考えています。それを運命周期と呼んでおり、12年の1つの周期としています。

四季の様に波があることを六星占術により事前に把握しておくことで、自分の人生における行動を最適なタイミングですることができると考えられています。

2.六星占術における運命周期とは

六星占術では12年を1つの周期としています。 そして運気を下記の12個に分けています。
・種子→運気の始まり。新しい事をするチャンス。
・緑生→何かを育てる時期。
・立花→何かを決定する時に良い時期。
・健弱→健康面で問題が発生しやすい時期。小殺界。
・達成→目標を達成する時期。
・乱気→運気が小休止する時期。中殺界。
・再会→何かを仕掛ける時期。
・財政→財政が良くなる時期。
・安定→運気のピークを迎える時期。
・陰影→運気が後退する時期。大殺界の始まり。
・停止→何もしない方が良い時期。大殺界のピーク。
・減退→現状を維持すべき時期。大殺界の終わり。

各運気は上から順番に起こります。
この様に運気には山や谷があることを知っておき、その時に合った行動をしていくことが大切です。

3.六星占術における運命星の種類

六星占術はその名の通り、六つの運命星に分けられます。

それぞれ土星、金星、火星、天王星、木星、水星です。

そして、この運命星を持つ人のことを土星人、金星人、火星人、天王星人、木星人、水星人と呼びます。

更に特別な条件によって霊合星人となることがあります。これは、火星人の霊合星人などのように六つの運命星と組み合わさるものになります。

こうした自分の星を割り出すことによって、過去から未来までの運命などを知ることができると言われています。

各星人にはそれぞれ特徴があり、それぞれの星人ごとの相性などもあります。

4.六星占術で算出される運命星人の詳細を知ろう

六星占術の自動計算は、プログラムによりあなたの生年月日を入力することにより自動であなたの運命星を算出します。

自分の運命星が分かった後には、その運命星の特徴を知りましょう。

占い王子では、それぞれの運命星の特徴の詳細を書いた記事をご用意しています。

診断結果の下にある「●●星人の特徴詳細を見る」をクリックすると当該の運命星人の詳細を確認することができます。

六星占術にまつわる記事一覧