覚えている夢と覚えていない夢の違いとは

最終更新日:2018年11月14日

夢には印象度の強弱があり、鮮明に覚えている夢や全く覚えていない夢があります。

また、一部だけ覚えているというケースもあり、見る夢にはタイプがあります。

そこで、覚えている夢と覚えていない夢の違いを紹介します。

1.非現実的な夢ほど覚えている

非現実的な夢は強い記憶を残しやすく、刺激的な内容ほど覚えている夢になります。

非現実的な夢とは空を飛んだり、スーパーヒーローになる、好きな芸能人と交際するなど正夢になる可能性が低い夢です。

また、数年前に別れた交際相手と復縁している夢や、知らない人から追われている夢なども記憶に残りやすく、自分の頭にある常識と離れているほど覚えている夢になります。

覚えていない夢は、頭の中の常識や認識が顕著に影響を与える傾向で、別れた交際相手は夢でも別れた交際相手として登場します。

現実と同じ夢を見ても印象に残らないので、夢を見た記憶がない、はっきり覚えていない、一部だけ覚えているなどの状態になります。

その為、覚えている夢と覚えていない夢の違いは非現実的と現実的の差で、覚えていない夢は現実的な内容の傾向です。

しかし、寝入りと起きがけに見る夢の記憶度は違いがあるので、夢の内容だけが覚えている夢と覚えていない夢の違いとは限りません。

2.嫌な夢は覚えている

「覚えている夢と覚えていない夢の違いとは」の他にも夢占いを見てみませんか?