山が噴火した夢を見た時の意味とは【噴火をどう感じたかで意味が異なる】

最終更新日:2017年11月17日

山が噴火する夢は、夢占いでは様々な感情や、突発的な出来事を意味していることがあります。

山が噴火する夢を見た時は、現在の自分の状態をもう一度振り返ってみることで、隠されていた感情や問題に気が付くことができるでしょう。

1.山が噴火する夢を見て気分がスッキリしているなら「怒りの感情」を解放している

山が噴火する夢を見た時、目覚めてから気分がスッキリしているようなら、それは「ストレス解消した」ということです。

夢の中で山が噴火することによって、自分の心の中にたまっていた「怒り」や「苦しみ」の感情を解放しています。

噴火する山というのは、その人の持っている強い感情を意味しています。

強い怒りを抱いていて、それをなかなか解消することができないようだと、どうしても心にストレスがかかってしまいます。

そんな時、噴火する山の夢を見たりします。

ドカーンと噴火する山というのは、今まで無理やり抑え込んできた自分の気持ちです。

それを解き放つようにしていかないと、ずっと心に負担が生じてしまうので、それでわざわざ噴火する山の夢を見て、気分をスッキリさせているのです。

山が噴火する夢を見た時は、心にストレスが溜まっていないか、不満はないか、自分の心をのぞき込んでみましょう。

そうすることが、心の平安を取り戻すためには必要です。

2.噴火した山から溶岩が流れ出てくるのは「突発的な災害」を意味している

山が噴火する夢を見た時には、少し周りの様子に気を配る必要があります。

山が噴火して、そして溶岩が流れ出てくるそういう夢は「突発的な災害」が起きることを意味しています。

夢の中で、噴火した山から自分の方へ向かって溶岩が流れ出てきたら、夢の中であっても焦ってしまいます。

そしてそういう夢は、今まで思ってもみなかった出来事が起こることを指し示しています。

それは夢を見た本人かもしれませんし、その人にとって大切な人がアクシデントに会う可能性もあります。

思ってもみなかった、恋人の浮気や失恋、そして気を付けなくてはいけないのは「事件」や「事故」に会ってしまうこと、急に体調を崩してしまうこともあります。

特に「脳卒中」や「心臓発作」というような、予測していなかった病気になることもあるので、しばらくは用心することが必要となるでしょう。

山から噴火して、そして溶岩が流れてきたら、突然ショックな出来事が起こるかもしれません。

それは何か、できるだけ早く発見するようにして、そして未然に防ぐようにしましょう。

3.噴火した山の火山灰で周囲がよく見えない夢は「見通しがたたない」ということを教えている

山が噴火する夢は、今の状況を表していることがあります。

噴火した山が火山灰を巻き散らかしていて、周囲がよく見えないような夢は「見通しがたたない」ということを教えようとしています。

夢で、噴火した山の火山灰のせいで周りの様子が分からないなら、今の自分が少し困難な状況にあることを示しています。

正確なことを分かっておらず、手探り状態でいるのです。

「この先どうしていけばいいのか」ということが全く判断できずに、思わず立ち止まっているような状態なのでしょう。

夢は、そういう状況を正確に把握すべきだと、夢を見ている本人に伝えようとしています。

「今は周りの状態が見えていない」という現実を自覚すること、それが解決へ向けての一歩となるだろうそういうメッセージを含んでいるのです。

風化した山の火山灰で周囲が良く見えない夢を見たら、今もしかしたら自分が「よく分かっていないこと」や「どうしたらいいのか分からないことがないか、それを考えてみましょう。

「見通しが立たない現実」を知ることができれば、それに対する解決策を見つけていくことができるでしょう。

4.噴火した山のせいで被害が出ている夢は「感情を露わにしすぎないように」という警告である

山が噴火する夢は「警告夢」の場合があります。

噴火した山のせいで被害が出ている夢は「感情を露わにしすぎないように」という警告を発しています。

噴火した山が、岩や石を吹き飛ばして、それで家が壊れたりすることがあります。

また、人に当たって誰かが怪我をしたりすることもあるでしょう。

山の噴火で地形が変わって、町自体がなくなってしまうことすらあり、噴火というのはとても恐ろしいものです。

夢の中で、具体的に何か被害が出ている時は、自分が感情をぶつけすぎたりして、人に迷惑をかけていることが予測されます。

噴火した山というのは、夢を見ている本人の「猛り狂った感情」そのものです。

それが原因で被害が出ているということは、夢を見た人の喜怒哀楽が激しすぎて、誰かが迷惑をこうむっているということです。

山が噴火して、そのために何かが壊れたりした場合は、最近自分が怒りすぎていないか、イライラを人にぶつけていないか、そういうところに気を配るようにしてみましょう。

もしかしたら家族や友人、会社の同僚などに、とても嫌な思いをさせている可能性があります。

人に嫌われて孤立してしまう前に、自分の感情をあまり露わにしすぎないこと、つまり上手に気持ちをコントロールするすべを学ぶようにしましょう。

山が噴火した夢の意味を知ろう

山が噴火した夢は、自分自身の感情、そして自分に関わってくる様々なことを教えてくれようとしている夢です。

目覚めた後に「怖い夢だった」というだけで終わらすことはしないで、しっかりと夢の内容について考えてみる必要があります。

そうしないと、もしかしたら取り返しのつかないことになってしまうかもしれないのです。

山が噴火した夢を見た時の意味とは【噴火をどう感じたかで意味が異なる】に関連する占い情報

夢占い(外部サイト)