【テストや試験の夢の意味】試験に落ちる・合格する・カンニングがバレる夢など

最終更新日:2018年9月29日

学生といえば切っても切り離せないイベント、テスト。

学生時代は誰しもテストや試験に悩まされるものですが、社会人になっても資格試験や昇級試験など試験に悩まされている人も多いのではないでしょうか?

今回はそんなテストや試験が夢に出てきたときの意味や深層心理についてご紹介します。

1.夢にテストや試験が出てくる意味とは

テストや試験が夢に出てくるということは、心の中に不安、もしくは自信という両極端などちらかの感情があるということの象徴です。

ある人は不安なことがあるときにそんな夢をよく見ますし、別の人であれば自信満々というときに見ることでしょう。

例えば、仕事などで精神的に追い詰められている、乗り越えなければいけない試練が迫っている、といったときに見ることもあります。

もしくは自意識過剰だったり、なにかをやらなければという強い意欲の表れであることもあります。

また人生設計を見直す必要がある、ということを心のどこかで感じているときや、試練に直面して試されている、と感じているときにも試験やテストを見ることがあります。

2.テストの点数が悪い・試験に落ちる夢の意味

テストがらみの夢で最も頻繁に見るのが、テストが難しくて解けない、とか、試験に落ちるという夢ではないでしょうか。

朝起きるととても寝覚めが悪くて一発でブルーな気分になってしまいますね。

でもこの夢、実はポジティブでいい夢なんです。

テストで落ちる夢というのは、あなたの内面の思慮深さや慎重さを冷静に表していて、一生懸命頑張っていればいる人ほどこんな夢を見ることが多くなります。

ですから、自分がこんな夢を見るということは日ごろから努力を怠っていない証拠であり、不安が現実になることはほとんどありません。

きっとこの調子で努力を積み重ねれば成功することができるでしょう。

そのような意味でこの手の夢はポジティブな夢、ということができます。

3.テストに間に合わない夢の意味

受けるテストに遅刻したり試験範囲の勉強が間に合わなかったり、という夢もテストがらみの夢では頻繁に見ることがある夢かと思います。

この夢は、これから待ち受けているであろう試練やトラブルをなるべくならばうまく回避してしまいたい、という気持ちの象徴です。

気持ちがすでに逃げ腰になっていないかどうか、自分を見つめなおしてみましょう。

逃げ腰で物事に向き合っていては越えられる壁であったとしても越えられなくなってしまいます。

一度気合を入れなおすことをオススメします。

仮に運よくそのときは回避できたとしても根本的な解決策にはならず、後々もっと大きなトラブルとして降りかかってくる可能性大です。

4.テスト・試験に合格する夢の意味

テストや試験の結果が良く合格した場合、夢の中であったとしても一安心してしまますね。

もちろんそんな夢を見たときはポジティブにとらえることも大切ですが、逆夢的な意味合いを含んでいることも多いのです。

試験に合格したという夢は「これからも気を抜かずに努力し続けるように」というメッセージのこともあり、そのような夢を見るということは、特に今の時点で気が抜けている、という自分の状態を客観的に表しているのかもしれません。

もし試験の前にこんな夢を見たのであればもう少し頑張って勉強を続けてみましょう。

そのように気持ちのよい夢さえバネにして努力し続ければ、きっとその夢は正夢になり良い結果を見ることができることでしょう。

5.試験中にカンニングをしている夢の意味

真面目な人であったとしても試験中にカンニングする夢を見ることがあります。

カンニングする、なんて夢を見てしまうとずるいことをしていて後味が悪い気分になりがちですが、この夢には「問題やトラブルに対して機転を利かせて乗り越えていく努力を怠らない」というポジティブな意味があります。

機転を利かせる、ということはとてもよいことですから「自分は深層心理では汚いことを考えている」などと落ち込む必要はないのです。

6.カンニングがバレる夢の意味

カンニングする夢を見ることがあるのであれば、そのカンニングがバレる夢を見ることもあります。

この場合はこれから起こるであろう試練に対しての自分の心の中にある準備不足からくる不安を象徴しています。

カンニングが見つかる、という夢は相当自信がないときに見る夢ですから、このままにしておくのはとても危険です。

もっと準備が必要だ、ということを自分の心が正直に教えてくれているわけですから誤魔化さずに向き合うようにしましょう。

7.試験会場にいる夢の意味

現実の世界であれば試験は必ず試験会場で受けるわけですが、夢の場合はそうとは限りません。

そんな夢の中であってさえ「試験会場に自分がいる」ということは、自分が今まさに試されていることを自覚している、という心理を表しています。

人生設計の見直しを迫られていたり、仕事に対しての姿勢を問われているのかもしれませんし、生活習慣や人間関係、といった可能性も考えられます。

一度自分がどんな岐路に立たされているのか、ということを考えてみてはどうでしょうか?

テストや試験が出てくる夢の意味を知ろう

毎日のストレス社会を生きる私たちにとって、せめて寝ている間くらいは試験から解放されたい、というのが本音ではないでしょうか?

しかし夢の中でテスト・試験を受けるということは自分に対する大切なメッセージであることが多いのです。

せっかくそんな機会が与えられたわけですから、一度しっかりと自分の心と向き合ってみるのはいかがでしょうか?

「【テストや試験の夢の意味】試験に落ちる・合格する・カンニングがバレる夢など」の他にも夢占いを見てみませんか?