同じ人が何度も出てくる夢の意味とは【夢占い】なぜいつも同じ人が夢に出てくるのかを知ろう

最終更新日:2019年10月2日

同じ人が何度も夢に出てくることはありませんか。

続けざまに同じ人の夢を見ると、一日中考えてしまい仕事や家事が手につかなくなることありますよね。

何度もあなたの夢に出てくる人は、あなたに対して何か伝えたいメッセージがあるのかもしれません。

今回はいつも同じ人が出てくる夢についてご紹介します。

いつも同じ人が夢に出てくる夢の基本的な意味【夢占い】

何度も同じ人が夢に出てくる時の意味は、
①あなたがその人に執着している
②その人があなたに伝えたいことがある
の2パターンが考えられます。

片思いの人や大好きな恋人が夢に何度も出てくるのであれば前者の可能性が高く、逆に片思いをされていたり元恋人などが出てくる時は後者の可能性が高まります。

また全く見知らぬ他人が夢に何度も出てくることもあります。

その時にはその人がどの様な言葉を発しているか、どのような態度をとっているかを重視しましょう。

その夢は警告夢と考えられるからです。

あなたの未来に対して何かしらの警告を伝えようとしています。

上記を含め、同じ人が何度も夢に出てくる場合には下記の様な意味が挙げられます。
・その人への強い想いがある
・大切な思い出がフラッシュバックしている
・嫌な思い出がフラッシュバックしている
・相手があなたの事を想っている
・憧れの人
・その人に対して後悔していることがある
・出てきた人があなたにとっての理想の相手

次からはこれらについて具体的に解説します。

同じ人が何度も出てくる夢の意味1:その人への強い想いがある

想いの種類は色々なものがあります。

好き嫌い気になる苦手などポジティブの感情もあればネガティブなものもあります。

結婚したいほど大好きだった、もう二度と会いたくないほど大嫌いなど、強い感情を抱いている相手の方が夢に出てきやすくなります。

夢に出てくる人はあなたにとってどのような存在でしたか。

「何年間も片思いを続けていた人」だったり「実際に付き合ったけど別れてしまった人」など、過去に一度でもその人に対して好意を抱いていた事があるなどが理由として挙げられます。

夢は深層心理を表しています。

現在はその人に対して気持ちがなかったとしても、心のどこかではその人の事を想い続けてしまっているので、夢に何度も登場してしまいます。

辛い恋愛の思い出はなかなか忘れられませんよね。

気持ちの変化によって一方的に振ってしまった振られてしまった。

生活環境が変わってしまい関係が自然消滅してしまった。

思いもよらない状況から関係が終わってしまった彼が夢に出てくることはありませんか。

相手に自分の気持ちを伝えられなかった不完全燃焼が、後悔の気持ちやわだかまりとなって、その人を自分の夢に何度も登場させる原因となっている可能性が高いです。

同じ人が何度も出てくる夢の意味2:大切な思い出がフラッシュバックしている

いつも同じ人が出てくる夢では、好きな人だけでなく友人や家族も登場してきます。

友達なら、小さい時に遊んでいたとても楽しかった経験、家族なら一緒に過ごした大切な時間などが理由となります。

親の仕事の都合で転校してしまい、仲の良かった友達と離れ離れになってしまった。

幼い頃に大好きだったおばあちゃんやおじいちゃんが亡くなってしまった。

現在は交流がなかったとしても、夢の中でその人と過ごすという事は、その人との関係を大切にしたいという心理の表れです。

楽しかった思い出を寝ている時に思い出しているのでしょう。

朝起きていたら自然と泣いていたという経験はありませんか。

昔の友人や家族に夢の中で会えてよほど嬉しかったのでしょう。

なかなか会うことができない友人や家族に、心のどこかで会いたいと思っているのかもしれません。

楽しかった思い出や、その人と笑いあって楽しく過ごしている夢を見るという場合は、その人とこれからも仲良くしていきたいと思っているのです。

会える距離にいたり、連絡が取れるのであれば、連絡してみるのもいいですね。

同じ人が何度も出てくる夢の意味3:相手があなたの事を想っている

不思議なことに相手があなたのことを想っていても、その人のことを何度も夢に見ることがあります。

自分がその人の事を意識していないのに何度も夢に登場する場合は、相手があなたのことを強く想っているのかもしれません。

あなた自身が相手の事を何とも思ってなかったとしても、相手の感情があなたの心の中に無意識に残っていることも考えられます。

普段は意識していないが何度もその人が出てくる夢を見るのであれば、その人のことをよく観察してみてください。

何かしらアプローチがあるのかもしれません。

会社は同じでも部署が違ったり、学校の隣のクラスの人など、相手の想いが強ければ強いほど、あなたの夢の中に影響を与えます。

その人の何気ない言葉や行動が、無意識にあなたの心の中に残っているのです。

近々告白されるのかもしれませんし、食事に誘われる可能性もあります。

また同じ人が夢に出てきたその日は、いつもよりオシャレして職場や学校に行ってみてはどうでしょうか。

同じ人が何度も出てくる夢の意味4:嫌な思い出

人生の中で、嫌な経験をすることは誰でもあります。

人はそういう経験をしてしまうと、2度と失敗を犯さないように心の中にしまっておくものです。

夢の中で出てくる人はあなたの中でどんな嫌な思い出があったでしょうか?

何かその人に対して嫌なことをされたり、恥をかいたりしたことがあると、トラウマとなってしまい忘れたくても忘れることができません。

人前でありえないほどの罵声を浴びせられた。

二度と忘れることができないような屈辱的な仕打ちをされた。

仕事で大きな失敗をしてしまい、たくさんの人に迷惑をかけてしまった。

嫌な出来事というのは頭の中に強烈な印象を残しているので、何度もあなたの夢の中に居座り続けるのです。

夢の中で嫌な人に何回も会うのは悲しいですが、前向きに考えるなら、目が覚めた時に夢でよかったと安心することができますね。

起きている間に思い出すのではなく、寝てからの出来事なので、もう吹っ切れているということでもあります。

朝起きて落ち込むのではなく、夢の中での出来事と開き直ってしまいましょう。

同じ人が何度も出てくる夢の意味5:憧れの人

自分が尊敬している人や、目標としている人というのは、常にあなたの頭の中に存在しています。

芸能人やアーティストなど、手に届かない人物より、自分がより具現化しやすい友達や仕事の先輩などの方が夢に出てきやすい特徴があります。

夢に出てくるのはあなたにとって身近で憧れの人ではありませんか。

モデルのように美しいスタイルの友人や料理上手なママ友や、テキパキと仕事をこなす先輩、いつでも笑顔の上司などの身近で素敵な人が夢に何度も登場することがあります。

逆にあまり現実とかけ離れていると、イメージが湧かないので夢の中にもなかなか登場してくれません。

大好きなイケメン俳優やハリウッドスターなど遠い存在だと難しいでしょう。

また、漫画のキャラやアニメの主人公など存在していない人物でも夢に出てくることがあります。

何度も目標の人が夢の中に登場するという事は、あなた自身もその目標に近づいているという意味にもなります。

努力を重ねることで、夢が現実へと変わっていきます。

寝る前に尊敬している人や、理想に近い身近な人物をイメージしながら眠りにつきましょう。

また今日もあの人の夢を見たと朝一に喜びましょう。

憧れの人の夢をどんどん見て、自分に磨きをかけましょう。

同じ人が何度も出てくる夢の意味6:その人に対して後悔していることがある

いつも夢に出てくる人に対して、何か意地悪をしてしまったり、傷つけてしまったことはありませんか?

その後悔の念がいつまでもあなたの頭の中に残っていると、夢の中に何度も登場してきます。

「あの時もっと優しくすればよかった」や「別れる時、こんな言葉をかけてあげたかった」など、後悔していることは自分の中に無意識にも印象として強く残っているのです。

もし、夢に出てくる人があなたの近くにいる場合、きちんと後悔している事を相手に伝えることで自分の中にある申し訳ない気持ちも軽減されます。

そうすれば夢に出てくることも少なくなります。

自分の気持ちもスッキリしますし、言葉や行動でしっかりと伝えましょう。

お互いが生きている時間は限られています。

出来ること、やれることは思った時にすぐ行動に移しましょう。

あなたが見ている夢は、そのようなメッセージをあなたに伝えているのかもしれませんよ。

もしかしたら、夢の中に出てくる相手の人も、あなたが後悔しているのを知っていて「もう気にする必要ないよ」と、強く想っている可能性があります。

どのような夢だったか、朝起きてすぐ思い出してみましょう。

同じ人が何度も出てくる夢の意味7:出てきた人があなたにとっての理想の相手

自分が好意を抱いている相手は、夢の中にも何度も登場します。

しかしまだそういう人に出会っていない場合、自分が思い描いている理想の男性や女性があなたの夢の中に登場することもあります。

未来の事はもちろん誰にもわかりません。

先のことで悩むなんて無駄なことだと心ではわかっていても、不安な気持ちはやはり消えません。

今の自分の状況が不安で仕方がないと思っているあなた。

5年後、10年後に自分はちゃんと結婚しているだろうか、そういう不安な気持ちが強いと、夢の中にも理想の人物や架空の人物が何度も登場してくる事になります。

周りの友人が結婚したり、子供を産んだりという報告を受けると、不安な気持ちが強くなるので、夢を見やすくなります。

架空の人物が美男子や美女だと、恋愛したいという気持ちが強く表れている傾向もあります。

眠りにつく寸前まで漫画やテレビを見ていたりすると、夢に出てきたりします。

夢の中に何度も出てくる人は、あなたの何らかの感情が働いている場合がほとんどです。

また、無意識に登場してくる人でも、心のどこかにしまっている感情が夢という形で蘇ってくる場合もあります。

夢に出てきた人のことを今一度よく考えてみてください。

同じ人が何度も出てくる夢の意味を知ろう

夢にはまだまだ謎がたくさん残されています。

同じ人が何度も出てくる夢を見た場合、自分がその人に対してどういう感情が働いているのかを考えてみましょう。

また、相手は自分に対してどういう気持ちを抱いているのか考えると、自分自身を見つめなおすこともできますし、未来を変えることもできるはずです。

一喜一憂するだけではなく、結果を知った上で今一度自分の現状を振り返ってみましょう。

何か新しい発見があるかもしれませんよ。

何気なく見ている夢ですが、自分の深層心理が自分へ向けて何かメッセージを伝えているのかもしれません。

そう考えると、悪い夢もポジティブに考えられますね。

「同じ人が何度も出てくる夢の意味とは【夢占い】なぜいつも同じ人が夢に出てくるのかを知ろう」の他にも夢占いを見てみませんか?