告白したら「考えさせて」と言われた理由6つ!相手男性が告白されて今考えていることとは

最終更新日:2019年8月1日

女性が男性に告白するのは、かなり大きな勇気がいるものです。

その勇気を振り絞って男性に告白したとき「考えさせて」という答えが返ってきたとしたら不安になりますよね。

もちろんきっぱり断られるよりはましですが、なんとも宙ぶらりんな気持ちで嫌ですよね。

その男性は一体どんな気持ちから、あいまいな答えを返してきたのでしょうか。

考えられる心理を6種類ご紹介します。

1.恋愛対象として見ていなかったので単純に戸惑っている

最も多く最も単純な心理が「とまどい」です。

「考えさせて」という答を選択した以上、彼はあなたに少なくても嫌悪感は抱いていないと考えていいでしょう。

もしあなたのことが嫌いで「恋人として100%ナシ」と思っているなら、適当な理由をつけて断るはずです。

そうではなく「考えさせて」と判断をペンディングしたということは「ありかも」という意識が彼氏の中に少しはあるという証です。

ただ、それまでの関係で例えば「ただの職場の同僚」や「クラスメートの1人」としてしか見ていなかった場合、いきなり告白されれば多くの男性がとまどいます。

これはごく自然な人間心理ですし、そこで安易に「OK」という答を返してこなかったその男性は、誠実な人柄と評価することもできるでしょう。

あなたとの今の関係やこれからのことなど、色々と考えて答えを出してくれるので、焦らずに待ちましょう。

2.恋愛経験が少なく、告白されてもどう対応していいかわからないので「考えさせて」と言った

同じ「とまどい」という心理には、もう1つ別のケースもあります。

それは、相手の男性に恋愛経験が少なく、どう対応していいかわからずとまどっているというケースです。

特に「女性から告白されるのははじめて」とか「女性と付き合ったことがこれまでに一度もない」という男性にとって、女性からの突然の告白は、サプライズ以外の何ものでもありません。

嬉しいという気持ちはもちろんあるけど、まったく想定もしていなかった告白なので、本当にどうしていいのかわからなくなっています。

男性の多くは「告白は男から女にするもの」という固定観念に縛られていますから、一層その驚きととまどいが大きくなってしまいます。

経験がある程度ある人なら、自分の気持ちや彼女のことをどう思っているかなどを考えて、すぐに対応することができます。

しかし、そうでない男性は告白されたことでパニックになって、いわば「精神的にフリーズする」という心理状態になってしまいます。

そうなると、ただ本当に今はどうしていいかわからなくなり、その結果「考えさせて」という答えにつながります。

相手の男性が見るからにうぶなタイプで、告白したとき明らかに取り乱したり、どぎまぎした態度をとったなら、このケースである可能性が大きいです。

この心理の場合、時間を置いて「OK」の返事をもらえる確率は、かなり高いと考えられます。

3.付き合っている人がいるけれど嬉しいので「考えさせて」と言った

次のページヘ矢印

告白したら「考えさせて」と言われた理由6つ!相手男性が告白されて今考えていることとはに関連する占い情報