「大好き」と言ってくる男性の心理とは。女性は男性の言葉に惑わされすぎてはダメ

最終更新日:2019年2月13日

「大好き」って男性から言ってもらえることってなかなかないですよね。

女性であっても自分から積極的に言う方は少ないと思います。

ただ中には適当にいつも「大好き」という男性もいますし、逆にほとんど言わずに気持ちが本当に高ぶった時にだけ言う男性もいます。

ここではそうした男性が「大好き」と言う時の心理についてご紹介します。

1.自分も「大好き」と言ってもらいたい

大好きと普段言わない男性が言っているからこそ、女性に大好きといってもらいたいと思っているのかもしれません。

「自分がこんなにも好きなのだから相手にも・・・」そんな気持ちがその言葉に含まれているのかもしれません。

この場合は、愛されたい男性と考えてこちらからも「大好き」と言ってあげましょう。

2.何も考えずに「大好き」と言った

意外と男性は何も考えず「大好き」と言っていることが多いです。

度々大好きといってくるときは要注意です。

何も考えず「大好き」という言葉が口癖になっているだけかもしれません。

大好きと言っておけば女性は満足するだろうという考えになっていると考えられます。

それなのに女性の方が、軽い男性の大好きに気にしてしまってはいけません。

3.あなたにかまってもらいたいので「大好き」と言った

なかなかかまってくれないあなたに、男性は構ってほしいという気持ちを込めて「大好き」といっているのかもしれません。

最近、彼を構っていますか?

「大好き」という言葉は「かまって」といえない男性の気持ちの表れかもしれません。

もし悲しい顔をして「大好き」と言った場合にはこうした可能性が考えられます。

普段の生活を振り返って、あまり構ってあげられていなかったと思ったら一度彼に対して時間をとってあげましょう。

きっと彼は喜びますよ。

4.振り向いてもらいたいので「大好き」と言った

まだ付き合っていない男性の場合、自分に好意を示してもらいたいという気持ちを込めて「大好き」と言っているのかもしれません。

付き合ってほしい、一緒にいたいという気持ちを込めて言葉を使っている可能性があります。

「大好き」と言うことで、女性に自分がいるということを認識してもらいたいという気持ちが強いと考えられます。

一つの恋愛テクニックとも言えますね。

あまり興味がない異性からでも「大好き」と言われたら意識してしまうというパターンです。

5.自分に酔っているので「大好き」と言っている

男性が自分に酔っている可能性があります。

男性はムードを気にする生き物です。

他の人と違って、自分ならいいムードを作ってデートができると思っているナルシストなのかもしれません。

「大好き」と言葉にできる自分がかっこいいという考えです。

この場合は好きに大好きと言わせておきましょう。

それによって彼は満足します。

6.自分の本当の気持ちを伝えたいのでそのまま大好きと言った

純粋に言われたまま言葉を受け取ってみましょう。

実は、今の自分の気持ちをあなたに伝えたかっただけに発した言葉であるかもしれません。

好きな気持が高ぶり、気持ちを伝えたいという気持ちになったパターンです。

素直に気持ちを受け取って、男性にも素直な言葉で返事をしましょう。

7.その場の雰囲気で「大好きだ」と言ってしまった

あなたが先に「大好き」といった場合はこの可能性があります。

大好きといわれたから大好きと言い返しておかないとという心理が働いているのかもしれません。

ホストタイプの男性に多い心理です。

相手が依存していることが分かるからひとまずこの女性をキープしておこうという心理が働いているのかもしれません。

そのため「大好き」といった後に間髪入れずに「俺も」や「大好き」と返してくる男性には注意が必要です。

男性の性格やシチュエーションによって大好きと言った心理は変わる

男性によって、また時と場合によって男性の大好きという言ったときの心理は変わります。

大好きと言ってくるだけでは、本当の気持ちは分かりません。

その時の表情やシチュエーションを見て判断していきましょう。

そんな男性の気持ちをうまく受け取っていいパートナーと巡り合い、いい恋愛、いい結婚ができることを祈っています。

「大好き」と言ってくる男性の心理とは。女性は男性の言葉に惑わされすぎてはダメに関連する占い情報