【血が出る夢の意味】血の出方で意味が変わる

最終更新日:2020年3月6日

スプラッタ映画のように、血が勢いよく噴き出たり、流れ出ている夢。

怖いものが苦手な人ですと悪夢にしか感じられないような夢ですが、「血が勢いよく噴き出している」のは実は事態の好転を示しています。

例えば刺されたり、斬られて血を流した、という夢ですと「刺される夢」自体が転機や幸運を示していますが、血が流れることでよりその幸運が高まるとされています。

今までの行動が結果につながる暗示でもあるので、何か悩みがあったら解決に向かう現れかもしれません。

血が流れて止まらない、という場合は金運アップも期待できます。

鮮やかな血ですとその期待もより高まります。

淀んでいたり、黒くてキレイな血ではない場合は、ストレスや悩みを示している場合もあり、勢いよく流れていることで、それが上手く発散されていることを示していることもあります。

目覚めがスッキリしていたらより良い兆候です。

むしろ怪我をしたり、刺されるなどして明らかに血が流れるべき場面で血が流れない夢は、健康運の低下やよくないことが起きる前触れで、あまりよい夢ではありません。

2.鼻血が流れる夢の意味【夢占い】

次のページヘ矢印

「【血が出る夢の意味】血の出方で意味が変わる」の他にも夢占いを見てみませんか?