昔住んでた家の夢を見る意味とは【変化や体調の異変を指しているかも】

最終更新日:2017年11月17日

「昔の家が出てくる夢」、その夢は、夢占いでは様々なものを示しています。

人との関係や、今の心の状態に関わってくることもあります。

「昔の家」を夢で見た時は、一度自分の心をじっくりと見つめ直してみるようにしましょう。

1.心が「古き良き昔の時代」を懐かしんでいる

昔の家が出てくる夢は、心が「古き良き昔の時代」を懐かしんでいることを表しています。

「あの頃は良かった」という気持ちを抱えていて、そういう思いが昔の家の夢を見せているのです。

夢の中で「昔の家」を見ている時、何だか懐かしくて心がホッとするようなら、もしかしたら今の人間関係に疲れているのかもしれません。

職場や友人同士の関わり合いがドライすぎて、気持ちが付いていけなくなっている可能性があります。

そういう時、心の安定をはかるために、昔の楽しかった時代を象徴する、当時住んでいた夢を見るのです。

そこには懐かしい人達、自分に優しかった家族がいて、家の外から昔の家を眺めているだけで、気持ちを落ち着かせることができるでしょう。

昔の家がでてくる夢を見た翌朝は、懐かしさで胸がいっぱいになっているかもしれません。

そういう夢を見たからといって、現実の人間関係がが劇的に改善するわけではないのですが、ただひたすら懐かしく、心を休めることができるでしょう。

夢占いでは「たまにいはそういう休息も必要」だということを知らせているのです。

2.昔の家を遠くから見ていたら「変わってしまった自分」を感じている

昔の家がでてくる夢で、その家を遠くから見ていたら、それは夢占いでは「変わってしまった自分」を感じていることを表します。

確かに昔その家に住んでいたのですが、どこかよそよそしさを感じるなら、もうあの頃の自分ではないことを自覚しています。

昔の家を遠くから眺めている時、昔の家が廃屋のようになっていたり、もう別の人が住んでいて家の中に入れないなら、夢は「もうあの時代には戻れない」ということを知らせているのです。

いくら過去が懐かしくても、そこにはずっといることはできません。

生きていく以上、前に進んでいくしかありません過去との決別は寂しいものかもしれませんが、そういう夢を見た時は、気持ちの上で覚悟を決めることが大切です。

頑張るしかないということをしっかりと自覚して、物事を進めるようにしましょう。

もう後ろには戻れないという気持ちでトライすれば、きっと良い結果を生むことができるはずです。

昔の家を遠くから見ていて、しかしどこか違和感を感じるなら、もうその場所へは戻れない、代わってしまった自分を感じているのです。

色々大変なことがあっても、これからも前を向いて頑張っていくようにと、夢はアドバイスをしてくれているのでしょう。

3.昔の家でもう生きていない人と会うなら「体調注意」を伝えている

昔の家が出てくる夢の中には、少し気を付けないといけない夢もあります、昔の家で「もう生きていない人」と会う夢を見たら、それは「体調注意」を伝えているのかもしれません。

昔の家で懐かしい人と会えたなら、それはとても嬉しい夢でもあります。

もうすでに亡くなったおじいちゃんやおばあちゃん、また昔可愛がっていたペット、彼らに会えたら、懐かしさで思わず泣きたくなるかもしれませんね。

ただ、そういう時に、その人達は何か重要なメッセージを伝えてくるかもしれないのです。

「元気かい」と、こちらを心配してくれたり、飼っていたペットの犬がわんわん吠えたりする時は、大きな病気を知らせようとして、昔の家で会う夢を見せているのかもしれません。

もっと自分の体調に気を配ってほしいそういうメッセージを含んでいるのが「昔の家でもう生きていない人と出会う夢」です。

重症化する前に、一度病院に行って健康診断などを受けるようにしましょう。

4.昔の家の夢を何度も見るなら「解決できないこと」を抱えている

昔の家がでてくる夢は、夢占いでは「解決できないことを抱えている」ということを示していたりします。

何度も何度も夢に昔の家が出てくるなら、それはどうしたらいいのか、自分でもまったく分からない状態にいることを知らせているのです。

昔の家にそれほど思い入れもないのに、なぜか何度も繰り返してその家のことを夢に見る時は、どうしていいのか途方に暮れているのかもしれません。

それで同じ夢ばかり見ているのです。

こういう夢の場合は、昔の家は「変わることができない自分」を表していて、問題に対処できない状態を示しています。

自分でも「何とかしなくては」と焦っているのですが、どうにも打つ手がなく、そのまま立ち尽くしているような状態です。

何度も昔の家を夢で見てしまう時は、何か問題を抱えていて、そこから目をそらしていないか、そこをチェックしてみましょう。

本当は「これを何とかしなくてはならない」と思っていたことがあって、それに立ち向かう勇気を持つきっかけをつかめるようになるでしょう。

昔の家がでてくる夢の意味を知ろう

昔の家がでてくる夢は、自分の心の状態や、周りとの関係を詳しく教えてくれます。

ただ懐かしいというだけではなく、様々なメッセージを秘めているのです。

自分自身が何とか良い方向へ迎えるように、夢はそっと進むべき方向性を示してくれているのでしょう。

それに気が付くことができれば「昔の家が出てくる夢」は、とても意味のある夢となることでしょう。

昔住んでた家の夢を見る意味とは【変化や体調の異変を指しているかも】に関連する占い情報

夢占い(外部サイト)