前の職場が夢に出てきた時の意味とは【夢占い】

最終更新日:2017年11月16日

「前の職場が出てくる夢」というのは、いったい何を意味しているのでしょうか。

もうその会社を辞めて随分と時間がたつのに、不思議に思ってしまいます。

前の職場が出てくる夢は、今の仕事のことについて、大切なメッセージを伝えようとしています。

1.「やり残したことがある」と後悔の気持ちを抱えている

夢占いで「前の職場が出てくる夢」というのは、心の中に後悔の気持ちを抱えていることを表しています。

何かやり残したことがあったりすると、もうその職場を退職したのに、前の職場の夢を見てしまいます。

「もっと頑張ってみたらよかった」とか「自分の思っていたことを言うべきだった」という思いを抱えていると、なかなか前向きになることができません。

今の職場でそれなりに仕事を頑張っているつもりでも、どこかで「ちゃんとやることができなかった」という忸怩たる思いが込み上げてきて、心の隅がチクチクしてしまうことでしょう。

そういう時、前の職場の夢を見てしまいがちです。

そして夢の中でせっせと働いて、何とか心のバランスを取ろうとしています。

今の職場に何の不満もないのに、それなのに前の職場が夢に出てくるのなら、心に「やり残した感」を抱えているのです。

そしてそれがいつまでも忘れることができずに、心を苛んでいるのでしょう。

2.実は今の職場で悩んていて心がくじけそうになっている

「前の職場が出てくる夢」は、夢占いでは心がくじけそうになっていることを示しています。

今の職場で働くことに悩んでいて、心がくじけそうになっているのです。

せっかく転職したのに「まったく待遇が違っていた」ということは、実はよくあります。

他にも、やりがいを求めて新しい会社に入ったつもりが、前以上にやる気が出ない職場だったりすることもあります。

「こんなはずではなかった」というショックと、どうしていいのか分からないという落ち込む気持ちがあると、もう頑張る気力がなくなって、過去の職場に逃避してしまいたくなるのでしょう。

だから前の職場の夢を見て、何とか気持ちを落ち着かせようとしています。

もう転職してしまったので、決して前の職場に戻ることはできません。

本当はそのことに心の底では気が付いているのですが、それでも新しい職場で悩んでいる気持ちを解消したくて、そういう夢を見てしまいます。

3.「前の職場で学んだこと」で今の職場で役に立つことを見つけ出そうとしている

「前の職場が出てくる夢」は、何か大切なことを伝えようとしていたりします。

過去の職場やキャリアで学んだことの中には、今の職場で役に立つこともあるはずです。

それを見つけ出して、できるだけ活用するように、夢は促しています。

前の職場で働いていたことは、間違いなく自分のキャリアになりますし、そこで学んで覚えたことも色々あります。

そして、そういう諸々のことが、今の仕事に役立つこともあるはずです。

転職したからもう前の仕事は関係ないなんて考えてしまうのは、とてももったいないことです。

仕事の一つ一つを丁寧にチェックしてみれば、今までのスキルが生かせることも色々とあります。

過去に学んだことは、前の職場で習ったことだけではありません。

前の職場の夢は「今まで自分が積み重ねてきたキャリア」の象徴でもあります。

「今まで頑張って働いてきたことの中に、今の仕事に役立つヒントがたくさんあるよ」と、そういうメッセージを伝えようとしています。

4.「対人運」がダウンして注意する必要がある

夢占いでは「前の職場が出てくる夢」というのは、対人運を示していることがあります。

もしかしたら対人運がダウンしていて、注意する必要があるのかもしれません。

今の同僚達とうまく付き合えていないと感じている時、前の職場の夢を見たとしたら、それは対人運が下がっていることを表しています。

せっかく転職して新しい職場で働いているのに、昔の職場の夢を見るということは、今の職場に自分自身がなじんでいないからです。

そして、こういう夢を見た時には、何かしらのトラブルが予想されます。

人間関係がうまくいかなくなって、職場で孤立したり、誰とも打ち解けることができないなんてことがあったりして、寂しい思いをするかもしれませんね。

今の職場の人達とうまくやっていけていないのに、前の職場の夢を見てしまったら、しばらくおとなしくしているようにしましょう。

何かトラブルに巻き込まれたりしないように、しばらく周りの様子をじっくりと見つめ直すことが大切です。

5.前の職場に何かしらの「トラウマ」を感じている

「前の職場が出てくる夢」というのは、もしかしたら心の中に残っている「トラウマ」が見せているのかもしれません。

いつも大声で怒鳴られて、パワハラまがいの態度をとられていたり、残業続きのブラック企業で、働くことに恐怖心を模てしまうと、忘れたくても忘れらなくなってしまいます。

もう過去のことだと思うようにしていても、本当は心の中では忘れることができなくて、その記憶に苦しんでいる状態です。

新しい職場で頑張ろうとしているのに、夜眠っている時に、何度も夢に見てしまい、目覚めた後もどんよりとした気分が続いたりします。

そういう時、無理やり平気だと思い込もうとすると、自分の心を裏切ることとなって、過去のトラウマからなかなか解放されることができなくなります。

前の職場の夢を何度も見る時には、その頃とても嫌な思いをしていなかったか、何かトラウマを抱えていないか、そのあたりをチェックしてみましょう。

前の職場が出てくる意味を知ろう

夢は、本当は心が苦しんでいることを「警告」として伝えようとしています。

夢占いでは色々な意味を持っている夢ですが、前の職場が夢に出てきたら、自分の中で、今の仕事や職場、そして同僚に不満はないか、そこをしっかりとチェックしてみましょう。

もしかしたら、思っている以上に不満などが溜まっていて、それが自分を苦しめているかもしれないのです。

前の職場が夢に出てきた時の意味とは【夢占い】に関連する占い情報