キスをしたがらない彼氏の心理4つ。彼女とキスをしない彼氏が急増中

最終更新日:2019年7月4日

「付き合ってからかなり時間が経っているのに、いつまで待っても彼氏がキスをしてこない」あるいは「深い関係になっているのに、普段なかなか彼氏のほうからキスをしてくれない」という悩みを抱えている女性が少なくありません。

女性のほうから「どうしてキスしてくれないの?」と聞くわけにもいかない、困った問題です。

そんな女性のために、考えられる男性の心理と対処法をここではご紹介します。

1.彼氏が極度の潔癖症で、唇を重ねることに抵抗がある

あなたの彼氏が付き合いだしてすぐの状態からキスを嫌がっているような場合には、あなたの彼氏は実は極度の潔癖症で、唇同士を重ね合うということ自体に抵抗感を持っているということが考えられます。

草食系男子の中には、そもそも恋愛やセックスにあまり関心がないという人が少なくありません。

そうした男性の多くは、自己愛が大変強いという傾向があります。

自己愛が強すぎる男性の多くは、外部の人と接触をするよりも、自分の殻の中に閉じこもっていることで安心感を得るということになりがちです。

そういった人のことを「自己完結型タイプ」と呼ぶことがあります。

このような自己完結型タイプの男性の場合には、自分の殻の中だけに閉じこもって外部からの接触を遮断していることで、その男性の人生観や感性がいびつになってくる場合があります。

そうなってくると、その男性は極度の潔癖症になってしまうという事態に陥ることもあります。

人は、極度の潔癖症になってしまうと、自分以外の人間と接触をすることを、極端に拒むようになります。

その結果「いくら好きな女性であっても、キスはしたくない」と思うようになります。

ただしそういった極度の潔癖症の男性であっても、男性としての本能は失っていないという場合ももちろんあります。

そういった場合には本能を曲げることはできませんから、彼女とのセックスはするという場合も多いのです。

しかしながら、自分の唇と相手の唇を重ねるという行為であるキスには、強い抵抗感を持つ場合があるというのが、こうしたタイプの男性の心理です。

ですから、もしもあなたの彼氏が、セックスなどのほかの行為は普通にするのにも関わらずあなたとのキスだけを特別にいやがるような場合には「潔癖症では?」と疑ってみたほうがいいでしょう。

この場合の対処法には、とても時間がかかってしまう場合が多くなります。

極端な潔癖症の男性がその潔癖症を克服するには、まずは自分の殻から出て、自分以外の人のことも深く愛せるようにならなければいけません。

それは、生半可なことではないのです。

ただし、あなたの彼氏はあなたと付き合っている以上、あなたのことを好きだと思っているはずです。

恐らくあなたの彼氏は、あなたに「恋」はしているのですが、その恋心がまだ「愛」へとは昇華していないのでしょう。

あなたが彼氏を心から愛し、良いお付き合いを続けていくうちに、きっとあなたの彼氏もいつの日かあなたのことを愛するようになるはずです。

そうなれば、彼は自分の殻を破り、潔癖症からも卒業できるかもしれません。

今は、焦らずに、ゆっくりとお付き合いを続け、二人の関係性を深めていくことが大切です。

2.彼氏が女性経験が少なく、自分のキスに自信がない

実際に最も多いのが「キスに自信がない」というケースです。

女性経験が少ない、もしくは、これまで女性とつきあった経験が全くないという男性は、当然女性の扱い方がよく分かっていません。

キスに関しても、一体どのようにしたら女性を満足させられるのかが分からないということになるでしょう。

そのために、積極的にキスをしてこないという男性が少なくないのです。

また、以前つきあっていた彼女から「あなたはキスが下手だ」と指摘され、それで自信喪失してしまったというケースもあります。

あなたの彼氏がこうした心理からキスをしてこないと判断した場合には、あなたの方からリードしてあげることが大切です。

あなたの彼氏にキスの経験をたくさん積ませ、ときにはそう思ってなかったとしても「キスが上手だね」とほめてあげるといいでしょう。

ほめて彼氏を成長させる作戦です。

こちらも根気よく続けていけば、彼氏が自分のキスに自信を持つようになりますので、そうなればきっと解決するはずです。

3.彼氏が自分かあなたか、どちらかの口臭問題が気になっている

もう一つ、案外ありがちで切実なのが口臭問題が原因になっているというパターンです。

口のにおいが気になっていて、それでキスを敬遠するというケースです。

この場合、問題は2種類あります。

一つは、あなたの彼氏が自分の口臭が心配で、キスする勇気は湧かないというケースです。

そしてもう一つは、あなたの側に口臭問題があって、キスを敬遠せざるをえないというケースです。

ですから「彼氏とのキスの経験はあるのに、最近はなぜか彼氏のほうから全くキスをしてこなくなった」というような場合は、あなたはまず自分の口臭をチェックしてみるといいでしょう。

あるいは、以前キスしたときに彼氏の口臭が気になったようなら、さりげなく口臭予防のガムを渡したりする方法も有効です。

二人一緒に同じカムを噛むという習慣を作るのもオススメです。

このケースは、二人の努力ですぐに問題を解決できますので、安心してよいでしょう。

4.彼氏が口内炎などの口内のトラブルで敬遠している

先ほどの口臭問題とも共通している部分がありますが、あなたの彼氏に口内炎などの口内のトラブルがあり、キスをすると痛みを感じるためにキスを敬遠しているというパターンも考えられます。

人は栄養のバランスが悪くなると、途端に口内炎ができるという場合があります。

特に、あなたの彼氏が30代以上であれば、そういったことが多くなってくる頃でしょう。

10代や20代の頃の口内炎と比べて、30代以上の口内炎は数も多くなりやすく、痛みも強いということが特徴である場合が多いのです。

また、もしもあなたの彼氏が歯科矯正などをしているという場合には、口内炎ができやすくなるとともに、矯正器具によって口内に傷や痛みなどのトラブルが起こりやすくなります。

このような場合には、軽いキスをしただけでも痛いということも珍しくありません。

しかしながら、口内炎などのトラブルは規則正しい生活を送り、栄養バランスを整えればかなり改善されます。

もしも思いあたる点があれば、彼氏の食生活を見直してあげるなどあなたがサポートすることで、問題も解決するかもしれません。

5.あなたのことを女として見ることができなくなってきている

最後に考えられるのが、このパターンです。

残念ながら、あなたの彼氏はあなたに女性としての魅力を感じなくなってきているという可能性もゼロではありません。

もしもあなたに思い当たる節があるのならば、今すぐ彼氏の前での態度を改めることが必要です。

彼氏の前で真っ裸で歩き回ったり、平気でおならをしたりしていませんか?今すぐやめて、自分磨きをがんばりましょう。

キスは恋人同士の大事な愛情表現

恋人同士にとって、キスは大変重要な愛情表現の手段です。

最初のケースでは、改善はなかなか難しいですが、そもそもかなりのレアケースです。

ほかの4つは、努力次第でいくらでも改善できます。

彼氏がどのタイプなのか見極めるところからスタートしましょう。

キスをしたがらない彼氏の心理4つ。彼女とキスをしない彼氏が急増中に関連する占い情報