キスをしたがらない彼氏の心理4つ。彼女とキスをしない彼氏が急増中

最終更新日:2019年2月14日

「いつまで待っても彼氏がキスしてこない」あるいは「深い関係になっているのに、彼氏のほうからキスしてこない」という悩みを抱えている女性が少なくありません。

実は今、キスをしたがらない彼氏が急増しているんです。

ではなぜ彼はキスをしたがらないのでしょうか。

ここでその心理をご紹介します。

1.潔癖症で、キスにより唇を重ねることに抵抗がある

草食系男子の中には、そもそも恋愛やセックスにあまり関心がないという人が少なくありません。

そうした男性の多くは自己愛が大変強く、自分の中に閉じこもっていることで安心感を得るということになりがちです。

そして、その自己完結型の人生観や感性がいびつになると、極度の潔癖症という事態に陥ります。

極度の潔癖症になると、自分以外の人間と接触することを拒むようになります。その結果、「キスはしたくない」と思うようになるのです。

ただし、男性としての本能は失っていませんからセックスはします。

けれど、唇と唇を重ねるキスには強い抵抗感を持つというのが、こうしたタイプの男性の心理です。

このような彼は顔と顔を近づけるという行為にも敬遠してしまいがちです。

ですから、もし、ほかの行為はするのにキスだけを特に嫌がる場合は「潔癖症では?」と疑ってみたほうがいいでしょう。

2.女性経験が浅くキスに自信がない

実際にもっとも多いのが「キスに自信がない」というケースです。

女性経験が浅い、もしくはこれまで女性とつきあった経験がない男性は、当然女性の扱い方がよくわかっていません。

キスもどのようにしたら女性を満足させられるか分からないのです。

そのために積極的にキスをしてこないという男性が少なくありません。

キスをして他の人と比較されて、下手だと思われたら嫌だという気持ちです。

また、以前つきあっていた彼女から「あなたはキスが下手」と指摘され、それで自信喪失してしまったというケースもあります。

彼氏がこうした心理からキスをしてこないと判断した場合は、こちらがリードしてキスの経験をたくさん積ませてあげましょう。

そして「キスが上手」とほめてあげるといいでしょう。ほめて彼氏を成長させる作戦です。

自信がつけば、彼の方から積極的にキスをしてくれるようになりますよ。

3.口臭が気になりキスができない

もう1つありがちで切実なのが口臭問題。

口のにおいが気になっていて、それでキスを敬遠するというケースです。

この場合問題は2種類あります。1つは彼氏自身の口臭が心配でキスする勇気が湧かないというケース。

もう1つは、女性の側に口臭問題があって敬遠せざるをえないというケースです。

ですから、彼氏と以前はキスをしていたのにある時から彼氏のほうからまったくしてこなくなったというような場合は、まず自分の口臭をチェックしてみるといいでしょう。

もし臭うようであれば口臭対策をしてみましょう。

もしくは以前キスしたときに彼氏の口臭が気になったようなら、さりげなく口臭予防のガムを渡したりする方法も有効です。

二人いっしょに同じカムを噛むという習慣を作るのもオススメです。

そうすればお互いが同じ様な匂いをしているので安心してキスをすることができます。

4.彼女への愛情がなくキスをしたくない

これは少し悲しい理由です。

彼女への愛情がないためキスができないという心理です。

セックスは本能でできますが、顔と顔を近づけるキスという行為はしたくないためキスができません。

もしくは一応キスはできますが、積極的に自分からしようとはしないというケースもあります。

ただの身体目的であったり、彼女がいないと寂しいからとりあえず付き合っているという男性にありがちな行動です。

この場合、悲しいことですが本命として将来的な結婚など未来に結びつく交際は考えにくくなります。

そのため潔癖症などではなく、顔を近づけたりする行為が無理だという彼氏の場合には交際をやめることも視野に入れてみましょう。

キスをしたがらない彼氏の心理を知ろう

恋人同士にとって、キスは大変重要な愛情表現の手段です。

カップルは必ずキスをしなくてはいけないということではありませんが、ラブラブでいるためには大切な要素でもあります。

どうしても理由が分からなければ彼に直接聞いても良いでしょう。

口臭などの場合には彼のコンプレックスをえぐってしまうことになるので、やんわりと婉曲的に聞いてみましょう。

キスをしたがらない彼氏の心理4つ。彼女とキスをしない彼氏が急増中に関連する占い情報