女性を「ちゃん付け」で呼ぶ男性の心理4つ。彼氏でもないのに親しげに、ちゃん付けしてくる理由とは

最終更新日:2019年7月10日

学校や職場で女性を呼ぶときに「ちゃん」付けで呼ぶ男性は結構多いものです。

ただ、元々近い間柄なら自然ですが、そこまで距離の近くない相手だった場合は戸惑ってしまうことも事実です。

なぜ男性は女性を「ちゃん」付けで呼ぶのでしょうか。

わざわざ「ちゃん」付けするのですから、どういった心理でそうしているのか知りたいですよね。

そこで今回は女性を「ちゃん付け」してくる男性の心理をご紹介します。

1.相手の女性に親しさを感じているから

男性が相手の女性をちゃん付けで呼ぶとき、そこには「相手の女性に親しさ、好意を持っている」ことを分かってもらいたがっている場合があります。

「○○さん」と呼ぶより「○○ちゃん」の方が心理的な距離は当然ぐっと縮まります。

男性は、もともと女性に対しては親しい間柄になりたいと願っているものです。

「この女性いいな」「好感が持てるな」と思うと、相手の女性にも自分に親しみやすさを感じて欲しいと思うのです。

それが恋愛感情というものではなくても、親しく話ができるような間柄になりたいと思っている男性は多いものです。

そして相手の女性にも、自分が相手に心を開いているのと同じくらい、自分に心を開いてほしいと思っているのです。

もちろん「この女性と親しくなるのは少し」と若干引いている気持ちがあるなら、ちゃん付けで相手を呼ぶことはまずないでしょう。

2.ちゃん付けで呼ぶ女性に恋愛感情があるから

次のページヘ矢印

女性を「ちゃん付け」で呼ぶ男性の心理4つ。彼氏でもないのに親しげに、ちゃん付けしてくる理由とはに関連する占い情報