探す夢を見た時に意味するものとは。探し物を渇望している暗示

最終更新日:2017年1月13日

何かを探しているという夢は「自分に欠けている何かを探している」という状態を表し、今現在、何かの欠乏感を抱えている状態を表していると言われています。

夢の中で何をどのように探しているのかによって、自分の心が本当に求めているものがわかります。

そこで、何かを探している夢の意味や深層心理をまとめました。

1.大事にしている物を探している夢は「今、心に誠意が欠けている」というメッセージ

以前なくしてしまった大事な物を探しているという夢は、比較的多くの人が見た経験があるのではないでしょうか。

この夢は「今、心の中に誠意が欠けている状態なので、注意しましょう」というメッセージを送っている夢であると言われています。

夢の中に出てくる「なくしてしまった大事な物」は「人として生きていくために大切な、誠実な心」を象徴します。

それをなくしてしまい、必死で探しているという夢を見ているということは「今、誠意を失っている状態である」ということを潜在意識が夢を通じて伝えてきているということが考えられます。

そして、それと同時に「まっすぐで誠実な自分でいましょう」というメッセージを送ってきているとも言えます。

この夢を見たら、人に対する誠実さや謙虚さについてもう1度見直し、人への接し方などで反省すべき点があれば、早めに改善する努力をすることが大切です。

2.顔見知りの人を探している夢は「その人を失いたくない」という心の状態を表す

何かを探すという夢を見る時、物ではなく、人を探しているという場合もあります。

特に多いのが、家族や恋人、大切な友人など、顔見知りの人を探しているという夢です。

この夢は、探している対象の人を心から大切に思っているという心の状態を表しており、それと同時に「その人を絶対に失いたくない」という気持ちも表していると言われています。

「探している対象の人」に対して、執着に似た気持ちを持ってしまっている状態であるということが考えられます。

人を探す夢は、心に寂しさや不安感が大きくなってしまった時に見ることが多いと言われています。

「この人を絶対に失いたくない」という気持ちが大きくなり過ぎ、今、不安や寂しさで心がどんどん埋め尽くされている状態になっているということが考えられます。

そのため、このような夢を見たら、まずは自分で自分の心を満たし、不安や寂しさを丁寧に解消していくことが大切です。

3.「何かを探しているけれど、何を探しているかわからない」という夢は、自分の本音を探しているという状態を表す

何かを探しているのは確かだけれど、何を探しているのかが全くわからないという夢を見た場合は「心の奥底に眠っている、自分の本音を探し出そうとしている」という状態を表していると言われています。

なぜ何を探しているのかがわからないのかというと「今、自分が本当に探し出したいもの」が何かがわからないからです。

この「本当に探し出したいもの」こそが、嘘偽りのない自分の本音であり、自分の心が本当に求めているものです。

そのため、この夢を見たら「そろそろ偽りの自分を捨てて、自分の心に正直になるべき時期が来ている」と考えてください。

そして、自分の心と向き合い、自分の本音を導き出す努力をしましょう。

4.探している物が見つかったら「大切な気づきを得る」という暗示

夢の中で何を探しているにせよ「何かが見つかった」という感覚を得るというシチュエーションになることがあります。

夢がこのような流れになった場合は「もうすぐ、自分にとって大切な気づきを得ることができる」という暗示であると言われています。

そしてその気づきは、自分の人生にとって非常に大切なものであるというケースが多く、今後の人生が好転するきっかけになるということも考えられます。

夢の中に出てくる「発見」は「人生における大事なヒントの発見」を意味しています。

そのため、この夢を見た後は、今まで悩んでいたことが解決したり、面白いアイデアが浮かんだりすることがあります。

いずれにせよ、この夢は、今後の人生を好転させるためのきっかけになる可能性が高いと言えます。

5.探している物が見つからないまま終わってしまったら「まだ暗中模索状態である」という状態の表れ

一生懸命探し物をしていても、結局何も見つからずに夢が終わってしまったという場合も多いのではないでしょうか。

この場合は「心がまだ探し物をしている状態」であると考えられます。

つまり「今はまだ、暗中模索状態の真っ只中で、迷いから抜け出せない」という状態であると言えるでしょう。

このような状態を示している夢であるため、迷いから抜け出すためにはもう少し時間が必要であるということを、夢が伝えてきていると考えられます。

「まだ迷いから抜け出せない」と思うと気分が悪くなってしまうかもしれませんが、言い換えれば「時間をかけて迷いから抜け出していきましょう」というメッセージであるとも解釈できます。

そのため、このような時こそ、焦りは禁物であると言えるでしょう。

探す夢は何かを渇望している証拠

何かを探している夢は、無意識的に心の底で渇望している何かがあるということを示しています。

そのため、この夢を見たことがきっかけで、自分でも気づかなかった意外な本音に気づき、人生が変わり始めるという可能性があります。

この夢を見たら、自分の心と丁寧に対話し「自分の本音はどこにあるのか」ということを導き出すように意識して過ごすと、人生を良い方向へと変えていくことができるでしょう。

探す夢を見た時に意味するものとは。探し物を渇望している暗示に関連する占い情報

夢占い(外部サイト)