友達と一緒にいる夢の意味とは。どんな友達かで意味が変わる【夢占い】

最終更新日:2017年8月22日

友達と、楽しく話して盛り上がったり遊んだりしている夢を見た場合「最近、友達との付き合いを疎かにしている」というメッセージであると言われています。

特に、忙しかったりして、心に余裕をなくしている時に、この夢を見ることが多くなります。

この夢に出てくる「友達と話す遊ぶ」という場面は「余裕がないけれど、本当は楽しみたいと心の底では望んでいる」ということを表します。

つまり、心の底にある本当の欲求が夢に出てきているということです。

この夢を見たら、まずは心身を休めたり、気分転換をしたりして、心に余裕を取り戻しましょう。

もちろん、この夢に出てきたように、友達と楽しい時間を過ごして気分転換をすることもオススメです。

3.異性の友達と一緒にいる夢は「気兼ねなく付き合える異性の友達が欲しい」という願望の表れ

次のページヘ矢印

「友達と一緒にいる夢の意味とは。どんな友達かで意味が変わる【夢占い】」の他にも夢占いを見てみませんか?