男ウケが悪い水着6つ。パレオやタンキニは男ウケ悪い!ビキニも柄が重要!露出が多すぎる水着もNG

最終更新日:2019年3月4日

男ウケが悪い水着は避けたいですよね。

特に男性に見せるために買う訳ではなくても、できれば皆からかわいいねと言われる水着を着たいものです。

特に周囲の男性や彼氏がメロメロになるような水着を着ることができればシメたものです。

しかし中には男性ウケを全くしない水着も存在します。

そうした水着を選ばないためにも、今回は男ウケが悪い水着の特徴をご紹介します。

男ウケが悪い水着の特徴1:柄や色が沢山入っている

男性ウケの面から考えると、柄モノや色が沢山入っている水着は印象良くありません。

男性から一番人気のある柄は無地です。

女性のファッション感覚からすれば、水着は無地よりも花柄や水玉柄の方がかわいいと思いがちです。

しかし男性はそうではありません。

特に女性の水着で望むものは、肌の露出から来るセクシーさです。

そこに柄物の水着が入ると、そちらに目が行ってしまい肌の部分に集中することができなくなります。

そのため特に大きめのアロハ柄や幾何学模様の柄は男性から不評です。

水着には視線を誘導せず、あくまで自分の肌を見せるという視点で水着を選びましょう。

男ウケが悪い水着の特徴2:長いパレオ

今は女性用水着と言えば、ビキニが一般的です。

スタイルに自信が無いからと、ビキニの上から腰回りに長いパレオを巻いて隠す行為は男ウケが良くありません。

薄くてヒラヒラしたパレオは、風になびくとエレガントな印象になります。

しかしその様に感じるのは女性だけで、男性からすると肌の露出を抑える邪魔なものという認識になります。

せっかく海やプールに来ているのだから、スタイルなんて気にせず思い切って脚を出せばいいのにと思うのが男性の心理です。

中には、既にビキニを着て来ているのにパレオで隠す意味が分からないと考える男性もいます。

パレオは目隠しとして有効ですが、有効だからこそ男性には不評です。

スタイルに自信が無くても、勇気を出して脚を晒した方が男性には好印象を与えます。

男ウケが悪い水着の特徴3:タンキニ

パレオと同じ理由で、タンキニも男ウケの観点からは良くありません。

タンクトップ型の水着でおへそまで隠れるのは、やはり露出を少なめに抑えたい女性にとっては心強い味方です。

また、タンキニだとデザインによっては普通の服のようにも見えます。

そのままコンビニに買い物に行ったりもしやすい水着とも言えます。

このように便利なタンキニですが、これらの便利な部分が、男性にとっては不評の原因になります。

「せっかく水着が見られると思っていたのに普段着の様に見えて残念」「守りに入りすぎていて色気を感じない」という意見から、男性からは人気がありません。

また、タンキニは子連れのママなどに人気のデザインのため、若い女性が着るとおばさん臭い印象を与えることもあります。

男ウケが悪い水着の特徴4:ボトムがショートパンツな水着

ビキニではあるけれど、ボトムがショートパンツになったデザインの水着もありますよね。

こちらも、男性にはあまり好まれない傾向にあります。

男性にしてみれば、ビキニパンツが持つ際どい露出は夏だからこそ見ることができる貴重なものという認識があります。

普段ならよほど親しい男女でないと、太ももの付け根やお尻を見ることはありません。

だからこそ、ビキニパンツの着用を期待して海やプールに出かけている男性も少なくありません。

しかしいざ海やプールに着くとショートパンツの水着だったとなると、男性も落胆してしまいます。

男性が期待する理想と現実とのギャップがあるために、男ウケをしない水着と言えます。

男ウケが悪い水着の特徴5:極端な露出をしている水着

男性は女性の水着には肌の露出を期待しています。

しかしその露出が過剰になると、それもまた不人気となります。

たまに、紐のような水着を着用している女性がいますが、これはさすがに「やりすぎ」と思われてしまいます。

そのため一般的な男性には敬遠されてしまいます。

男性が期待している水着の理想像よりもギリギリを攻められると、それはそれでギャップが起きてしまいます。

余程スタイルに自信があるのだとしても、ほぼ紐のような露出の多い水着はNGです。

男性が期待している水着像を壊さない程度の露出に抑えましょう。

男ウケが悪い水着の特徴4:ジム用・競泳用水着

水泳部に所属していたり、ジムで水泳をしている女性などは、たまにプールでその時に使っている水着を着て行く人がいます。

しかしこれは男ウケをしません。

ジム用や競泳用の水着は、あまりにスポーティーな印象が強すぎます。

機能面ばかりが目立ってしまい、遊びに来ている周囲からは浮いてしまいます。

普段の水着と別に用意をするのは面倒かもしれませんが、一緒に楽しむためにも新しい水着を用意しましょう。

男ウケが良くない水着=男性が期待していない水着

男性ウケが悪い水着の特徴をご紹介しました。

共通する特徴は、男性が期待する女性の水着像を崩してしまっている水着ということです。

基本的に男性は下心のある生き物です。

男性ウケを狙うなら、その下心を必要十分に満たしてあげられるデザインを選びましょう。

あまりに露出が少ないのも、多すぎるのも男性の理想からは外れてしまいます。

男ウケを狙うのであればバランスをとり、男性の理想となる水着を選びましょう。

男ウケが悪い水着6つ。パレオやタンキニは男ウケ悪い!ビキニも柄が重要!露出が多すぎる水着もNGに関連する占い情報