服装に無頓着な男性の心理6つ。ファッションに興味がない?ダサい服が好き?面倒くさいだけ?

最終更新日:2019年3月2日

服装に無頓着な男性多いですよね。

身近な兄弟や友達の男性が服装に無頓着でなんとなく側にいて恥ずかしかったりという経験をしたことは、ありませんか?

中々指摘しずらいですし、指摘しても真面目に考えてくれなかったりもします。

そんなファッションに無頓着な男性は何を考えているのでしょうか。

今回はそんな男性の心理をご紹介します。

服装に無頓着な男性の心理1:自分に自信がある

自分の見た目に自信があるために、どんな服装でも変わらない自信があり、見た目を全く気にしない男性は服装に無頓着です。

そして、自分が好きすぎるが為に服装に左右されない精神力があります。

少しナルシストな傾向がありますが自分に自信があることは、良いことでもあります。

きっと、見た目ではない良さがあるのでしょう。

だからこそ服装を変えると、更に素敵な男性になっていきます。

こうした男性には、女性から服装をプレゼントしてみましょう。

もっとカッコよくなると思ってと言いながら渡せば、ナルシストな彼は喜んで着るはずです。

服装に無頓着な男性の心理2:服装を気にする男は、男らしくないイメージがある

ファッションに敏感になるのは恥ずかしいと考えている男性もいます。

こうした男性は服装を気にする男性は女々しいイメージやや遊び人の様なイメージを持っています。

更には、両親や親戚などの影響もあります。

男は見た目より心だという言葉を聞いて育ったのかもしれません。

こうした男性は、服装は適当で良いというポリシーを持っています。

ですので、中々その価値観を変えることは難しいものです。

この時にも、女性から服をプレゼントしてみましょう。

そして着てくれたら、過剰気味で良いのでホメてあげましょう。

そうすれば、ホメてくれたのが嬉しくてその服を着てみようとなります。

これを何度か繰り返せば、ファッションセンスが良い服を何着か取り揃えることができます。

服装に無頓着な男性の心理3:ファッションセンスがないから諦めている

小さい頃や学生時代などに、周りからダサいと言われると自信がなくなることってありますよね。

そういう経験から、ファッションセンスに自信がなく諦めてしまっている男性もいます。

この様な男性は、無地のTシャツなどできるだけ大衆受けする服を選ぶ傾向にあります。

そして何でもいいやと言いながら、実はできればオシャレな服装をしたいと考えています。

こういった男性には、彼が似合う服装を着た時にホメてあげましょう。

そうすれば彼は、こういう服が自分には似合うんだと自信を持つことができます。

すると彼はファッションに目覚め、ホメられた系統の服を揃える様になります。

また、ホメられた成功体験からファッションに目覚めて、オシャレ男性になる可能性もあります。

服装に無頓着な男性の心理4:面倒くさがり

とにかく、服装を選ぶのが面倒くさいからという理由で、親が買ってくれたもの、貰い物を適当に着ているという面倒くさがり屋な男性もいます。

服装に無頓着なのは、興味がない訳でもなく面倒くさい気持ちの方が勝っている状態です。

洗濯で干してあるものを適当にとったり、いつも着ている組み合わせから全く変えないという男性もいます。

考えるのも、忙しかったりすると酷く面倒に感じます。

面倒くさがり屋でも、デートの時やきちんとした場では、場にあった服装を心がけて欲しいですよね。

とにかく選ぶことが面倒なだけなので、周囲の女性が服を選んでくれれば素直にそれを着てくれます。

ですので、彼をオシャレにさせるなら、周囲が彼の服を見繕ってあげましょう。

そうすれば彼はオシャレになっていきます。

そしてオシャレになった自分が、周囲からホメられると服を面倒でも選ぶとメリットがあると感じてくれます。

メリットがあるなら少しくらい時間がかかっても良い服を探そうと考えるようになっていきます。

服装に無頓着な男性の心理5:節約家で服にお金をかけたくない

節約家な男性は、服装にお金をかけるなんてもったいないと考えます。

服装に払うくらいなら、趣味や付き合いに使いたいと考えます。

人生においてファッションを重要視していないタイプとも言えます。

そして節約家であるがゆえに、服装には無頓着になってしまいます。

そのような男性には、やはり服をプレゼントしてあげましょう。

彼からすればタダで服が手に入るので、喜んで着てくれるはずです。

その際にはデザイン面も大事ですが、機能面で優れていることを伝えましょう。

実用的であることに対して喜びを感じます。

服装に無頓着な男性の心理6:目立つのが好きではない

服装に無頓着な男性には、周りから目立ちたくないという心理もあります。

出る杭は打たれると言いますが、男性社会の中でも目立つと周囲から悪意を向けられることがあります。

特にイケメン男性が服装もオシャレだと嫉妬の対象になります。

そのような事態になりたくない男性は、服に対して興味を持たずダサい服装を無意識の内に着るようになります。

これは彼なりの防衛手段でもあります。

服がオシャレなら絶対に良い男に見えるのに、と思う様な男性は目立ちたくないからこそあえてダサい服を着ている可能性があります。

ですので、そうした男性にもっと良いファッションをと強要すると嫌われてしまいます。

まずはなぜそうした服を着ているのかを聞いてみましょう。

服装に無頓着な男性でも無理に変えようとしない

服装に無頓着な男性は多いものです。

女性からしたら、服装に無頓着な男性を見るともう少しオシャレしないかな?とか思わず考えてしまいます。

しかし、無理には変える必要はありません。

見た目だけではなく中身も大事なので、それ以外の部分を大事にしてあげましょう。

男性が服装に無頓着なのはそれぞれ理由があるからです。

服装に無頓着な男性の心理6つ。ファッションに興味がない?ダサい服が好き?面倒くさいだけ?に関連する占い情報