Warning: Use of undefined constant   - assumed ' ' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/urapri/urapri.net/public_html/wp-content/themes/uranai/header.php on line 36

恋人つなぎをしてくる男性の心理とは。付き合っていないのになぜ?ドキドキするけど彼の真意は?

最終更新日:2019年3月7日

まだ付き合っていない男性が恋人つなぎをしてきませんでしたか?

付き合っていないのに、なぜそんな恋人つなぎをしてきたのでしょうか。

ドキドキしつつも、不安に思ってしまいますよね。

そこで今回は付き合っていないのに恋人つなぎをしてくる男性の心理についてご紹介します。

恋人つなぎをしてくる男性の心理1:脈ありか試している

友達同士でどこか遊びに行っている場合は、恋人つなぎをすることで自分に脈があるかどうかを試しています。

友人同士で遊びに行った時の恋人つなぎは、遠回しな告白と思ってもいいほど好意をもってくれています。

ですのでもし恋人つなぎをしてきた男性が好きならここが両思いになるチャンスです。

目を合わせてより手をぎゅっとすると男性は「これは脈ありかも?」と思うので早く告白してくれます。

ここで恥ずかしかったりびっくりしたからと手をぱっと離すと男性は「残念だけど脈なしか」とガッカリしてしまいます。

ただの友達だと思っているなら離しても問題ありませんが、好きな人の場合誤解をされないように「ごめん、急でびっくりしちゃった」とその離した手をすぐに恋人つなぎに戻すと実は両思いだということを伝えることができます。

また、既に離してしまった後であればLINEなどで「びっくりしちゃっただけだから」と伝えておきましょう。

そうすれば彼も脈なしだと思ったけど、そんなことはなかったのかもしれないと考えてくれます。

恋人つなぎをしてくる男性の心理2:あなたをもっと知りたいと思っている

付き合っていないし、まだそんなに仲良くない時に恋人つなぎをしてくる場合は、女性に好意を持っていてもっとよく知りたいと思ってくれています。

恋人つなぎをすることで、好意と共にもっとよくあなたを知りたいということを伝えています。

ですので、お互いをもっと深く知るためにより二人で合う回数を増やしたり、もっと深い話をするようにしましょう。

男性も恋人つなぎをした後にまた会ってくれるなら脈ありだと判断してくれます。

お互いに深い話をして相性が合う、この人が運命の人だと男性が確信をしたら告白をしてくれる可能性が高くなります。

恋人つなぎをしてくる男性の心理3:告白する勇気がないので態度を示した

告白する勇気がないので、代わりに恋人つなぎをしたという男性もいます。

近年草食系男子が増え、男性から「なかなか自分から告白する勇気がでない」という方が多くなっています。

ですので恋人つなぎをすることで好意を伝えようとします。

そしてこれをきっかけに女性から告白してほしいなと思っています。

直接告白をせずに恋人つなぎだけにするのは、女性から拒否されても告白をするよりは傷つかないと考えているからです。

少しずるい心理も言えますね。

草食系男子が恋人つなぎをしてきたらそれはほぼ告白と思って間違いないありません。

もしその男性を好きならこちらから「好きだから付きあおうよ」と告白してしまいましょう。

男性はとても喜ぶはずです。

やっぱり告白は男性からして欲しいと思っているなら「返事はOKだから、ちゃんと言葉で言ってくれたら嬉しいな」と一言声をかけてあげましょう。

OKだと分かっているなら男性は安心して自分から告白をしてくれます。

恋人つなぎをしてくる男性の心理4:単純に手を繋ぎたい

一緒に遊んでいる男性が寂しがり屋の人ならただ単純に人肌が恋しくて恋人つなぎをしてくる場合もあります。

ですが、この場合は男性の方から「今一人暮らしで寂しいから」と一言言ってくれる場合が多いのでこちらも深い意味と捉える心配がありません。

恋人つなぎをしてくるということはあなたに心を許しているということです。

もし、その男性の事が好きならここがチャンスです。

恋人つなぎをしたまま夜景を見に行ったりとちょっとムードのあるところに一緒に行くと今まで友人としてしか思ってなかったあなたの事を意識しだし、両思いになる可能性が高くなります。

せっかくのこのチャンスを逃さないで下さいね。

ただ、恋愛感情はない男性から恋人つなぎをしてこられた時にはやんわりとですが断りましょう。

そうしないと周囲に二人はカップルだと勘違いされてしまい、自らの恋愛が遠ざかってしまいます。

恋人つなぎをしてくる男性の心理5:下心からつないでみた

飲み会等お酒が入っている時に恋人つなぎをしてくる男性は下心アリと思っていいでしょう。

残念ですが「ひょっとしたらお持ち帰りできるかも」と思われている場合も多いです。

もし、その男性を好きだったとしても付き合う前からお持ち帰りされてしまうと遊び相手の一人としてとしか思われません。

結局は両思いになれないままとなってしまう可能性が高くなります。

ですので付き合っていない場合は決して一緒に帰らないようにしましょう。

また、それほど好意を持っていない男性で正直迷惑をしている場合は、お酒の力を借りてさっとそこを離れてしまいましょう。

飲み会が終わってから男性に「せっかく恋人つなぎをしたのに」と言われたら「ごめん、飲んでて全然覚えていないけどそんなことあったの?」と上手にかわしましょう。

中には酔っ払った勢いで告白代わりに恋人つなぎをしてくる男性もいますが、もし自分も好きな場合なら「酔っ払ってない時だと嬉しいな」と言って男性から告白させてしまいましょう。

付き合っていないのに恋人つなぎをしてくるのは心を許しているから

付き合っていないのに恋人つなぎをしてくる男性の心理についてはいかがでしたでしょうか。

付き合っていない時に恋人つなぎをしてくるということはあなたに心を許しているということです。

ですのでその男性を好きな場合はこれをチャンスに両思いになることができる可能性が高くなります。

また、何とも思っていなかった男性から恋人つなぎをされて急に気になりだしたというケースもあります。

中には残念ながら下心アリの場合もありますが、基本的に好意を持ってくれている証拠ですので是非頑張って両思いになって下さいね。

恋人つなぎをしてくる男性の心理とは。付き合っていないのになぜ?ドキドキするけど彼の真意は?に関連する占い情報