下の名前を呼んでくれない彼氏の心理とは。いつまでも彼女を苗字で呼ぶ彼氏に名前を呼ばせる方法

最終更新日:2019年2月22日

「彼氏ができたけどなかなか自分の事を下の名前で呼んでくれない。どうして?」と思った経験はありませんか。

せっかくの彼氏なのに、下の名前で呼ばれないのはなんだかよそよそしくて嫌ですよね。

そこで今回は下の名前を呼んでくれない男性の心理と、名前で呼んでもらう方法をご紹介します。

1.女性を名前で呼び慣れていないのでタイミングが分からない

妹がいなかったり、男子校で生活をしていたりと今まであまり女性に接する機会がなかった男性は、彼女をいつ下の名前で呼んだらいいのかタイミングが分かりません。

ですので、彼女が「下の名前で呼んでよ」とお願いしても最初は名前で呼んでくれますが、慣れていないのでそのうちまた自分でも気が付かないうちに苗字で呼び始めてしまいます。

こういう男性にはしつこく下の名前で呼んで欲しいというとプレッシャーやストレスになってしまいます。

時間をかけてゆっくり下の名前で呼んでもらうようにしましょう。

下の名前で呼んでくれたら「名前で呼んでくれて嬉しい」ととびきりの笑顔を見せると彼氏は「そんなに嬉しいんだ」と思ってくれるので、段々下の名前で呼んでくれるようになります。

このタイプの彼氏は時間はかかりますが、時間をかけて下の名前で呼んでくれるようになります。

そして普段女性を下の名前で呼ばないので、彼女の事を名前で呼ぶ様になったらまさに特別な関係になります。

仲のいいカップルになることができるので頑張って下さいね。

2.照れて彼女の下の名前を呼べない

下の名前で呼んでくれない男性で一番多い心理がこの照れている事です。

特に長い間お互いを苗字や苗字を使ったアダ名で呼んでいた男性は、恥ずかしさと照れくささでなかなか彼女を下の名前で呼ぶことができません。

この場合は、自分から積極的に彼氏の事を下の名前で呼んであげましょう。

彼氏は初めは驚くかもしれません。

しかし大好きな彼女から下の名前で呼ばれて嬉しくない男性はいません。

彼氏は名前で呼ばれることを喜んで受け入れ、彼からも彼女を下の名前で呼んでくれるようになります。

それでも照れてなかなか下の名前で呼んでくれない時は「そんなあなたも可愛い。でも私も頑張ったんだからあなたも頑張って下の名前で呼んでよ」と下の名前で呼んで欲しい事を積極的に伝えましょう。

積極的に伝えることでそのうち慣れてずっと下の名前で呼んでくれるようになります。

お互いが下の名前で呼び合うことで「自分達はカップルなんだ」という認識ができてより仲が深まります。

お互い照れくさいかもしれませんが早く名前で呼び合うようにしましょう。

3.下の名前を呼んで嫌われたくない

頑なに下の名前で呼んでくれない男性は「下の名前で呼ぶと彼女に偉そうに思われて嫌われてしまうのでは?」と思っています。

特に年が離れていたり、慎重な性格の男性に多いです。

こういう性格の男性は、彼女が彼氏を下の名前で読んでもなかなか下の名前で呼んでくれない事が多いです。

嫌われたくないという心理が彼女を下の名前で呼ぶ事をためらわせているのです。

この場合は「何があっても絶対に自分は彼氏の事を嫌いにならない」と彼氏に分かってもらうことが大事です。

いつでも、どんな時でも自分が彼氏が大好きだし彼氏の味方であることを常にしっかりと伝えましょう。

それを彼氏が理解してくれた時に彼氏は彼女を下の名前で呼んでくれるようになります。

下の名前で呼んでくれた時は「嬉しい」という言葉以外にもボディタッチをしたり、ハグをしたりしてあげましょう。

彼氏に下の名前で呼んでも嫌いにならない、むしろもっと好きになったという事を行動で伝え、彼氏を安心させてあげることが大切です。

そうすることでずっと下の名前で呼んでくれるようになります。

4.まだカップルの自覚がないので下の名前で彼女を呼ばない

友達からカップルになったという男性やまだ付き合いだして数日という場合は男性にまだカップルの自覚がないことが多いです。

ですので、彼女を下の名前で呼ばずに苗字など今まで呼んでいた名前で呼んでしまいます。

こういう男性には、一度デートで思い切ってカップルがたくさんいるロマンチックな場所で彼氏に「せっかくカップルになったんだし、下の名前で呼んで欲しいな」と言ってみましょう。

特に夜景がキレイに見える場所はムード満点なのでオススメです。

そういう場所に行くことで今までカップルの自覚がなかった彼氏も「自分達はカップルになったんだ」と彼女ができた自覚が芽生えます。

自覚が芽生える事で彼氏は彼女の事を下の名前で呼んでくれるようになります。

カップルの自覚がない男性に名前を呼んでもらうもう一つの効果的な方法はネックレス等お揃いのものを持つ事です。

お揃いのものを持つことで彼氏は「自分達はカップルなんだ」と自覚が芽生えます。

下の名前で呼んで欲しいと伝えるとすんなり呼んでもらうことができるようになります。

下の名前を呼んでくれない男性の心理を知って対処しよう

下の名前を呼んでくれない男性の心理と、呼んでもらう方法をご紹介しました。

下の名前で呼んでくれない男性の心理は色々あります。

闇雲にただ下の名前を呼んで欲しいというよりも男性の心理を知り、理解してあげることで男性が彼女を下の名前で呼びやすくなります。

ですので、なかなか男性が下の名前で呼んでくれない時は上記を参考に男性の心理を理解して男性が下の名前で呼びやすい雰囲気を作ってあげましょう。

下の名前で呼び合うことでより仲の良いカップルになることができるので頑張って下さいね。

下の名前を呼んでくれない彼氏の心理とは。いつまでも彼女を苗字で呼ぶ彼氏に名前を呼ばせる方法に関連する占い情報