不満を言わない彼氏の心理とは。なぜ不満を一切言わないのか

最終更新日:2019年8月28日

彼女に対して不満を言った時に、素直に聞いて直してくれれば嬉しいですが、改善してくれないと余計にストレスが溜まってしまいます。

彼女に対して不満があるのに、直してくれないと余計にストレスになってしまいます。

付き合っているからこそお互いが不満に思うことが出てくるので、片方だけの不満を聞いて直すことはできません。

相手に言われれば自分も相手に言いたくなるので、素直に自分だけが直したくないと思ってしまいます。

彼女に対して不満があってどうしても直してもらいたいと思っているのに、素直に聞いてくれないストレスが溜まるので、言わずに我慢しておいた方がいいと思ってしまいます。

改善してくれないとより関係性が悪化してしまうと考えるので、ならば自分が我慢した方がいいと思ってしまいます。

彼女の性格を知っているからこそ、自分がどちらの方がストレスが溜まらないかを考えているので、不満を言いたくても言わない方がいいと思ったのです。

不満を言わないのは穏便に済ませたいと思っているから

付き合っていればお互いに不満に思うことは多くなりますが、必ずしも相手が直してくれるとは限りません。

嫌なことを相手から言われれば、誰でもいい気分はしませんし、機嫌が悪い時に言われればそのままケンカになってしまうこともあるでしょう。

彼氏とすれば彼女とのケンカは自分の方がリスクが多いと考えているので、できるだけ穏便に済ませるために、あえて不満を言わずに我慢しています。

不満を言わない彼氏の心理とは。なぜ不満を一切言わないのかに関連する占い情報