記念日に何もしない彼氏の心理とは。なぜ付き合ってるのに記念日に何もお祝いやプレゼントがないのか

最終更新日:2019年2月15日

二人がお付き合いを始めた記念日。それは一年に一度の大切な日ですね。

しかし記念日なのに何もしてくれない彼氏がいたら悩んでしまいますよね。

せっかくの記念なのに何もしない彼氏は何を考えているのでしょうか。

そこから二人の間に不満が募っていくようでは、二人の仲を壊しかねない日となってしまいます。

それでは、どうして彼は記念日に何もしてくれないのでしょうか。

ここでは考えられる心理をご紹介します。

1.記念日を重要視していないので記念日に何もしない

男性は記念日を重視しない傾向にあります。

記念日に特別な事をするのは女性の価値観であり、男性が意識することではないと思っている人も未だ多くいます。

時代とともにその価値観も変わりつつありますが、そもそも男性は基本細かいことに気が付かないという脳の仕組みがあるとも言えます。

単に重視していないだけで、あなたから要望があればそれに応えてくれる可能性は高いです。

そのためあなたから記念日にお祝いをしたいと匂わせてみせましょう。

そうすればあなたが記念日を大切にしているということを彼は理解し、次回からはきちんとお祝いをしようと考えます。

2.サプライズ精神が無いので記念日を祝わない

もしサプライズ精神旺盛で人を喜ばせることが好きな彼であれば、記念日はチャンスと捉えます。

しかし、そういったことに喜びを感じない人も世の中には多くいます。

そのため記念日はチャンスなどとは思っておらず、ただの普通の日だという認識になりがちです。

また、そうした彼はサプライズをされるのも嫌いな傾向にあります。

記念日だからとあなたがサプライズでお祝いをするのはマイナスとなる可能性があります。

そのため、そのような彼と上手く付き合っていくのであれば記念日をお祝いしたいと事前に言っておきましょう。

そうすれば自然に二人でお祝いをすることができますよ。

3.記念日をお祝いするのは恥ずかしいと思っている

今日は記念日。彼女に何かプレゼントでもしてあげたいなぁと思いながらも、照れてしまって何も出来ない。

そのようなパターンに陥る彼も多いです。

考えすぎて分からなくなっているケースや、恥ずかしいという思いが強い彼氏です。

そんな彼には思い切り何かおねだりしてあげましょう。

そうすれば彼も照れずに記念日にプレゼントを渡すことが出来ます。

具体的にどうやってお祝いをしたいかを言いましょう。

例えば「きちんとしたレストランで食事をしたい」「お花がほしい」といった様にどこでお祝いしたいか、お祝いとして何がほしいかまで伝えましょう。

そうすれば彼は喜びながらそれらをしてくれますよ。

4.彼女から記念日のお祝いを催促されることを待っている

中にはお祝いを催促されたい男性もいます。

冷たく装っているけれど、実は甘えられたい願望が強くある男性です。

こんな彼は催促してあげればとても素敵なプレゼントをしてくれる可能性も高いです。

自分から行動ができないという点ではお子様な彼氏とも言えますが、こちらから要望すればきちんと応えてくれるという点では良い彼氏かもしれません。

5.記念日を忘れている

二人の記念日をすっかりと忘れてしまっているというケースもあります。

日々仕事も忙しく、すっかり忘れている彼氏は、安心しきっているからこそという場合も多いです。

ただ忘れているだけの場合は、今日は記念日と知らせるだけで、初心に返ってくれることもありますよ。

モンモンと一人で考えるのではなく、記念日であること・それを自分は大切にしたいと思っているということを伝えてみましょう。

その真剣な意見に彼もきっと応えてくれるはずです。

また今後記念日を忘れないように、二人の記念日についてはスケジュールに組み込んでもらえる様にしましょう。

そうすれば彼も次からはしっかりと記念日をお祝いしてくれますよ。

6.記念日にお祝いするのはお金がもったいない

ケチな男性に多いのが「記念日をお祝いする=余計なお金がかかる」という心理です。

お祝いする方法は色々あれども、いつもより高いレストランで食事をしたり、旅行へ行ったりケーキを食べたりプレゼントを贈りあったりと、大抵はお金がかかるものです。

そういう娯楽にお金をかけることを好まない男性も少なくありません。

できることなら避けたいことかもしれません。

実際、お祝いのプランは女性の方が立てることが多く、黙っていれば積極的には動いてくれない男性がほとんどではないでしょうか。

もし彼氏が頑なにお祝いをしてくれない場合はその理由に着目してみてください。

単なるケチなのか、そうではなく2人の将来のためにお金を貯めてくれていることもあります。

もしそれが理由としてあるのならば許せるかもしれませんね。

7.記念日にお祝いするのが面倒くさい

出不精でインドアな男性に多いのが「お祝いするのが面倒くさい」という心理です。

そもそも外のデートへ行きたがらない男性は記念日だからといって出かけたりするのを面倒くさがります。

お祝いするということは、いつもとは違うことをするということです。

その労力を使いたくないと思っている男性もたくさんいます。

特に、彼氏にお出かけの際の予約や手配をしてほしいと思っている女性は男性の側に積極的に行動してもらうことを望みます。

面倒くさがりな男性は「良いプラン考えておいてね」「どこか美味しいお店を予約しておいてね」とでも言われようものなら一気に負担に感じてしまいます。

そんなことをしなければならないならお祝いなんてしたくないと、記念日自体を警戒している男性も多くいます。

そういうタイプの彼氏には記念日の行事を提案する際は慎重になったほうが良いかもしれませんね。

8.忙しくて記念日のお祝いどころではない

忙しい男性に多いのが「忙しくてお祝いどころではない」という心理です。

勉強や仕事で忙しい場合は、お祝いする時間すらないかもしれませんし、お祝いに充てる時間があるのなら少しでも体を休ませたいと思っているのかもしれません。

しかしそういう場合は忙しさが落ち着けば、今まで我慢させてしまった分お祝いしてあげようと考えてくれることもあります。

無理に連れ出そうとすると心身ともにさらに疲れさせてしまうことにもなりかねません。

忙しい彼氏には決して無理強いはせずに優しく接して、支えてあげましょう。

そうすれば、後でたくさん恩返しをしてくれるなんていう嬉しいサプライズもあるかもしれません。

彼氏と記念日をお祝いできるようになろう

どのパターンにしても、彼女の方から記念日をお祝いしたい旨を伝えましょう。

彼とあなたの記念日に対する価値観をすり合わせることが大切です。

もし想いを伝えても全く応えてくれない場合は、あなたのことを大切に想っていないからとも考えられます。

今後も記念日以外でもあなたのことを大切にしていない行動をしてくる可能性は十分考えられますから、たかが記念日のことと思わず今後の交際についても考え直した方が良いでしょう。

記念日に何もしない彼氏の心理とは。なぜ付き合ってるのに記念日に何もお祝いやプレゼントがないのかに関連する占い情報