ヤキモチで嫌味を言ってくる男性の心理とは

最終更新日:2014年10月2日

本当は気があるくせにやたらと絡んでくる人っていますよね。

例えばあなたが誰か別の人と楽しく話しているのを見たとき変な言い方で話に入ってきたり、
あなたの事をからかってみたりする人です。

何だか子供っぽいですよね。

明らかにヤキモチを妬いているのに絡み方がおかしな人はどのような心理状態なのでしょうか?

1.わざと意地悪になって自己アピールしている

あきらかにヤキモチを妬いているのにそれは悟られたくなくてわざと意地悪な事を言って自己アピールをします。

そうする事でその他大勢にに紛れる事はありません。

意地悪をして悪い印象を与えてしまっても自分をアピールできると思っているのです。
こうした男性にはきっぱりと気がないということを言った方が良いでしょう。

2.上手く自分の好意を表現が出来ないだけ

嫌味を言ってくる人はもしかしたら表現が上手くないか女心がわかっていないだけかもしれません。

本当は素直に絡みたいけどあなたの前に出るとおかしな態度をとってしまうというものです。

好きな相手に意地悪してしまう小学生の男の子のような心理なのかもしれません。

3.ツンデレで自己アピール

自身をアピールするために、わざとあなたに対してキツイ態度をとって自分に感心を持たせようとするツンデレ行為かもしれません。

そして反面優しい態度であなたを惹きつけようとする実は恋愛のテクニックの上級者なのかもしれません。
辛く当たってその後優しくすることができるプレイボーイ要素のある男性なのかもしれませんね。

4.あなたを誰かにとられたくないと思う独占欲の強い男性

好きな女性が誰かと仲良くしたり楽しいそうに話をしているだけでも嫌だという独占欲の強い男性のパターンです。

間に割って入り2人の邪魔をしてきます。
まさに俺の女に手を出すな!タイプの男性で、とにかく自己中心的な心理です。

5.あなたに対して劣等感を持っている

あなたの方が優れていたり、可愛くて人気があることに一種の嫉妬や劣等感を持っている男性のパターンです。

どうせ俺なんて。そう思っている男性は少し屈折した態度をとりがちです。

可愛く優秀で皆の人気者のあなたにが自分とは釣り合わないと思ってしまいがち。
それでも好きでついついあなたに嫌味を言って自分に気を向けてもらおうとしてしまいます。

ヤキモチで嫌味を言ってくる男性の心理とはに関連する占い情報