ぬいぐるみが好きな男性の心理とは。男性なのに部屋に沢山ぬいぐるみを置く理由

最終更新日:2019年6月3日

ぬいぐるみが好きなのは女性だけという考えは、今はもう古いです。

現在では男性でもぬいぐるみを飾ったり、一緒に寝たり持ち歩いている人までいます。

外では紳士的な男性でも、家ではぬいぐるみと戯れるという事もあまり珍しくはなくなってきています。

人それぞれなので自由にすれば良いとは思うものの、ぬいぐるみを好きな男性の心理とはどういうものなのかは知りたいところですよね。

どういう気持ちでぬいぐるみが好きなのか分かれば、付き合った男性の部屋にぬいぐるみが有ったりしても驚かないで受け入れられるかもしれません。

そこで今回はぬいぐるみを好きな男性の心理をご紹介します。

1.その男性にとってぬいぐるみは癒しの存在

ぬいぐるみはとてもかわいらしいですし、ふわふわしていて癒されますよね。

男性にとってもきっとそれは同じです。

その男性はそのぬいぐるみと一緒にいるだけで、心が癒されて安心します。

そういった理由からお気に入りのぬいぐるみと毎晩一緒に眠っているという男性も実はいます。

もしもあなたがその男性の彼女だった場合には「ぬいぐるみと同じ布団に入って寝るなんて」と思ってしまうかもしれません。

「子どもじゃないんだから」とあきれてしまうこともあるでしょう。

しかし、そこは大目にに見てあげましょう。

ストレス社会で生きている現代では、男性にだって癒しが必要です。

子どもの頃からぬいぐるみと一緒に遊んでいた男性の場合は、ぬいぐるみと一緒にいると子どもに返ったようなあたたかい気持ちにもなれます。

そのため、そういった男性にとってはぬいぐるみと一緒にいる癒し効果は何倍にもなります。

ストレス解消方法は人それぞれですが、ぬいぐるみが好きな男性はぬいぐるみと一緒に寝ているだけでとっても癒され眠りやすくなります。

また、男性にとってのぬいぐるみは時には抱き枕代わりになることもあります。

心身共に疲れているときなどは、なにかに抱きついて眠りたくもなりますよね。

その対象が、その男性にとってはぬいぐるみです。

また、ぬいぐるみは布団の空いてるスペースを埋めてくれもします。

そういった事で、男性の寂しい気持ちや孤独な気持ちが抑えられているのです。

2.ぬいぐるみは男性の話し相手になる

そのぬいぐるみは、その男性の話し相手にもなっているのかもしれません。

ぬいぐるみはあなたから見れば「何も話さないただのぬいぐるみ」にしか思えないかもしれません。

けれども、その男性からしてみれば心の声でそのぬいぐるみと会話をしています。

男性はあまり自分の弱みを見せたがらない生き物です。

そのため、たとえストレスが溜まっても弱音や愚痴をほかの人には話しにくいと考えているのです。

それは、いくら心を許した彼女であっても同じことです。

自分が守ってあげたいと思っている彼女にだからこそ、弱い自分を見せたくないという男性のプライドがあります。

その点ぬいぐるみは人間ではありませんから、気負わずに自分の弱い部分も見せる事ができます。

もしかしたらその男性は、ぬいぐるみを前にして今日あった嫌なことや嬉しいことなどを報告しているのかもしれません。

そしてすべてをぬいぐるみに吐き出してしまうことによって「そうだよな。オレ、今日がんばったよな」と自分で自分を納得させている可能性もあります。

ぬいぐるみ相手に話すことで、きっとその男性は気を使ったり自分を良く見せようと思ったりすることなく、何でも素直に想ったことを吐き出せているのでしょう。

また、いくらひどい言葉を使ったり愚痴を言ったりしようとも、ぬいぐるみ相手でしたら誰も傷付ける事がありません。

そういったストレス解消法として、ぬいぐるみを使っているのです。

また、自分の弱みを見せられないだけでなく、引っ込み思案だったり自分に自信がなかったりして思うように自分の意見を言えない男性もいます。

そういった人がぬいぐるみに対して話しかけて、ストレス解消をしているとも言えるのです。

3.ぬいぐるみは自分のにおいがして安心できる存在

家のにおいや身体のにおいは、人それぞれ違っています。

昔からずっと自分の家にあるぬいぐるみには、自分の家のにおいや自分の身体のにおいが染み付いています。

だからこそその男性はぬいぐるみが好きなのです。

あなたも外出をしていて、自分の家に帰ってくると自分の家特有のの匂いに安心したという経験があるのではないでしょうか?

それと同じような感覚で、家の中でもぬいぐるみを抱くことで男性はそのぬいぐるみが自分だけの物だということを再確認し、安心しているのです。

Tシャツや枕などでも、自分のにおいが染み付いていれば落ち着きます。

けれども、Tシャツなどは頻繁に洗濯をしてしまったら、においが無くなってしまいますよね。

それに比べてぬいぐるみは頻繁には洗えないものが多いですし、消臭スプレーや除菌スプレーをしても中にしっかりとつまった綿のにおいまではなかなかとれません。

ぬいぐるみには、染み付いた自分のにおいがとれてしまうというその心配があまり無いので、その男性はぬいぐるみに安心感を覚えるのです。

4.ぬいぐるみを素直に可愛い、愛くるしいと思っている

これは女性が持つ感覚に近いものですよね。

「可愛いから身に付けたい」「愛くるしいから一緒に寝たい」という単純な気持ちから、その男性もぬいぐるみのことが好きなのではないでしょうか。

「男は男らしく」なんていうのは、ひと昔前の話です。

「女子が喜ぶようなものが好き」という乙女的な感覚を持っている男性もたくさんいるのです。

ひと昔前と比べて、最近ではだいぶ男女の隔たりが無くなってきましたよね。

これからもどんどんとそういった隔たりはなくなっていくことでしょう。

ですから「男性がぬいぐるみを好きだなんておかしい」というような視点で見ていく必要はなくなっています。

これからはきっと「男っぽい女性の趣味」「女性っぽい男性の趣味」などという先入観が今よりももっと無くなっていくことでしょう。

今はまだ、ぬいぐるみが好きな男性が珍しく思われがちですが、そのうち男性がぬいぐるみを好きでいることが当たり前のようになっていくかもしれません。

5.そのぬいぐるみに大切な思い出がつまっている

もしかするとそのぬいぐるみは、その男性の大切な人からも贈り物だったのかもしれません。

例えば、その男性が大好きだったおばあちゃんからのお誕生日プレゼントだったのかもしれません。

もしそうだったとすれば、そのぬいぐるみはその男性にとって特別なもののはずです。

きっとそのぬいぐるみには、大好きだったおばあちゃんの思い出がたくさんつまっているはずです。

ぬいぐるみを見るたびにそのおばあちゃんのことを思い出しているのかもしれません。

思い出がつまったぬいぐるみを大切にしたい気持ちは、きっとあなたにもわかりますよね。

彼の思い出も含めて、彼の気持ちを大切にしてあげてください。

ぬいぐるみを好きな気持ちは本来自由なもの

男性がぬいぐるみを好きであったって、女性がプラモデルを好きであったって、それは全く文句を言われるようなことではないのです。

本来、誰かが何かを好きになるという気持ちは自由なものです。

誰かが制限したり、差別したりするようなことではありません。

これからは、男性がぬいぐるみを好きでも誰も何も思わないような時代になるといいですね。

ぬいぐるみが好きな男性の心理とは。男性なのに部屋に沢山ぬいぐるみを置く理由に関連する占い情報