運命

【運命線の見方】線の濃淡・位置・長さによる意味を知ろう

最終更新日:2016年11月5日

手相にある運命線の見方を覚えたら、運命や才能を知る事が出来ます。

この運命線は、線の強弱や、位置などによって意味が違って来るのです。

事前に才能や運命を知る事が出来たら、何歳ごろにどのような行動を取っておけばいいのか決断しやすくなるので、運命線の見方ご紹介します。

1.ハッキリした運命線が知能線で止まっている手相

運命線は中指の真下にある線で、多くの方は手首から始まる線になります。

この運命線がハッキリしている線で、手首から始まって知能線で止まる方は、若い年齢のうちに成功して活躍できる可能性があるでしょう。

この知能線というのは、親指と人差し指の真ん中から始まって、小指方面に伸びる線です。

手相では、何歳に何かが起きるかを調べる事が出来る流年法という考えがあります。

この流年法の考えでは、運命線が知能線と交わる部分は35歳を意味します。

つまり運命線が知能線で止まっているという事は、35歳まで活躍出来ますが、35歳を過ぎると才能が無くなり不幸になっていくと言われているです。

2.ハッキリしない運命線が知能線で止まっている手相

運命線が細くてハッキリしない線で、同じように手首から始まって知能線で止まる場合は意味が違ってきます。

なぜ、線の強弱で意味が違うのかと言うと、運命線の太さは、どれだけの才能を発揮できるかを示す為と言われているからです。

運命線が細い場合は35歳まで、周りから注目されるような活躍は望めないのですが、外の仕事で能力を発揮出来ると言われています。

この手相の特徴は、35歳を過ぎても運勢が下がるような事がありません。

ただし、35歳以降は外の仕事よりも、会社の中で人材育成やサポートをする事に能力を発揮するようになります。

3.運命線が感情線から伸びている手相

運命線が、感情線から始まって中指まで伸びている場合があります。

この感情線は、人差し指と中指の真ん中から始まって、少し下がりながら小指より少し下がった所の位置まで伸びる線です。

この手相の方は55歳を過ぎた頃から、起業家として成功したり、転職した企業で成功したり出来ます。

55歳がターニングポイントになるので、55歳になるまでに資格の勉強などをしておくと成功しやすくなるでしょう。

若い時は、それほど活躍する事もないのですが、晩年に成功出来る手相なので夢などを持っている方は諦めない事が重要です。

4.運命線が生命線から中指へ伸びる手相

運命線が、生命線から土星丘へ伸びていく手相は、努力家で目標に向かって成功出来ます。

生命線は親指と人差し指から始まって、手首に伸びていく線で、もっとも親指側にある線です。

そして土星丘は、中指の真下にあるふくらみになります。

この手相は努力家なのですが、真面目な性格が災いして仕事に取り組み過ぎて、家庭をかえりみないで失敗してしまう危険性があるので注意しなければなりません。

その為、この手相の方は、仕事に集中し過ぎないで、周りの方達にも心配りするようにしたほうが良いでしょう。

5.運命線が地丘から土星丘へ伸びる手相

運命線が、地丘から土星丘へ伸びる手相があります。

地丘は手首より少し上側にあるふくらみの真ん中の部分にある所です。

運命線が土星丘まで届いている場合は、先祖の加護を受けており、どのような困難な事があっても、目標を達成する事が出来ます。

ただし、成功しやすいので人の意見に耳を傾けないで、自分の意見ばかり言って反感を持たれやすいです。

そのような事がないように、周りの方に感謝する気持ちを忘れない様にしましょう。

もしも運命線が地丘から始まって、土星丘より少し下の所まで伸びている場合は50代までは活躍出来ますが、50代以降はサポートをする役回りになります。

6.運命線が月丘から土星丘へ伸びる手相

運命線が、月岡から始まって土星丘へ伸びる手相があります。

月岡は、手首より少し上にあるふくらみで、小指側にある部分です。

運命線が月岡まで伸びていれば、周りの方から次第に理解されて人望を集める事が出来るのです。

その為、周りから評価されないと落ち込まないで、努力していけば理解されていくので、理解されまで頑張る必要があるでしょう。

運命線が、土星丘の少し下の所まで伸びている場合は、コミュニケーション能力が高いのですが、人付き合いを面倒に考えて避けてしまう傾向があります。

その為、コミュニケーション能力の高さを活かす事が出来ない場合があるので、周りから認めてもらいたい場合は積極的に人付き合いをしていく必要があるでしょう。

運命線を見よう

運命線の見方を知れば、事前に運命や才能を知る事が出来るので、失敗をする事も少なくなります。

運命線を見る時に重要になるのが、何歳から、どのような事を行えば良いのか決める事です。

例えば、運命線が感情線から伸びている場合は55歳から運勢があがるので、55歳までは起業や転職などをしないようにしておけば失敗が少なくなります。

もしも実行に移したい事があるのに、勇気がなくて実行に移せない方は運命線の見方が分かれば、実行に移せる勇気を持てるようになるでしょう。

【運命線の見方】線の濃淡・位置・長さによる意味を知ろうに関連する占い情報