宝くじの保管方法とは。金運が上がる場所に保管しよう

最終更新日:2017年10月17日

宝くじと一般的に呼ばれているものは、正式名称を「当せん金付証票」と言います。

年末ジャンボ宝くじ等が宝くじの中は特に有名です。

日本でくじそのもの歴史が始まったのは1620年頃だと言われています。

また、もっと昔である1575年の説もあります。

大昔から人は宝くじに夢を見ていたのです。

世界ではなんと約2000年前から宝くじの概念があったらしいのですから驚きです。

日本で現在のような宝くじが始まったのは昭和20年からです。

1枚10円、1等10万円という形で販売されていたそうです。

当時の10円は今の数万円程度の価値があると言われているので、1等が当たれば今同様色々な夢を叶える事ができたのです。

現在でももちろん宝くじは人気で、年中夢を叶えるため、一攫千金を狙うために色々な人が買い求めています。

2.黄色系のものに包んで静かな場所に保管する

宝くじの保管方法とは。金運が上がる場所に保管しように関連する占い情報