占い詐欺をしかける男性

占い詐欺の手口とは。占い後に高額商品を買わせようとするなど

最終更新日:2016年10月8日

エンターテインメントとして、そして学問の一貫として、幅広く愛される占い。

そんな万人からも愛される占いですが、中には占いを利用して詐欺を企てる人もいるんです。

今回はそんな詐欺を企む悪い占い師に引っ掛からないよう、詐欺の手口をご紹介します。

1.占い時に不安を煽るようなことばかり言う

「将来不幸になる」「仕事で失敗する」「貧乏になる」等々、相手の不安を一方的に煽るような占い師には要注意です。

占い師はお客さんの不安を煽るお仕事ではありません。

そもそも、真面目に占いを希望される方は、何かしら不安を抱えているものです。

不安や悩みを抱えている人に向かって、更に不安にさせるようなことを言うなんて言語道断です。

占いは一種のカウンセリングに似ています。

ただ一方的に悪い事を伝えるのではなく「あなたは今は失敗続きかもしれないけれど、これをこうすれば幸せになれるから頑張って」と、お客さんの不安を少しでも和らげて、背中を優しく押してあげる事が本来のお仕事です。

「あなたはここが駄目」「こうだから失敗する」などと、悪いことばかりを言って来る占い師は、その後高額な占いグッズを売りつけて来る可能性があります。

そんな時は「じゃあどうすれば運気は良くなりますか?」などと一度アドバイスを聞いてみましょう。

きちんとした明確なアドバイスをくれる占い師であれば問題はありませんが、言葉を濁したり、怪しい占いグッズを売られそうになった場合は早々に帰ることをオススメします。

2.占いの後に高額な商品を買わせようとする

近年増えている占いの詐欺が、高額な運気上昇グッズの販売です。

「このアクセサリーを身に付けているとたちまち運気が上がって良いことばかり起こる」「この水晶は邪気を払ってくれるから買った方が良い」「他のお客さんはみんな買っている」「人気商品でこれが最後の一個。

絶対買うべき」など、あることないこと言ってとにかく高額な開運グッズの販売を迫って来ます。

もちろん、世にある全ての開運グッズがそうと言うわけではありません。

しかし中には何の根拠もない、その辺の雑貨屋で500円くらいで購入出来そうな品を数万、数十万円で売ろうとする悪質な占い師がいることも事実です。

この占い師の悪質なところは、占いの結果もそっちのけでとにかく占い関連のグッズを売りつけて来ることです。

こちらは占って欲しくて来たのに、事あるごとに商品の紹介ばかりされては堪りません。

その場合は「商品を買うお金を持っていません」と言ってしまいましょう。

それでも食い下がる粘り強い占い師も稀にいますが「消費者センターに相談します」と言ってみると効果があるでしょう。

3.最初に提示された料金よりも高い料金を請求する

最近は減って来ましたが、記載している料金よりも高い料金を請求して来る占い師は今だにいます。

料金表には3,000円としか書いてなかったのに、いざお会計をしたら覚えのない追加料金が加算されていて、余計な料金まで請求されてしまった。

間違いなく悪質です。

人によっては授業料として泣き寝入りしてしまう人もいるかもしれませんが、そのまま放置してしまうと、また他の、別の人が同じ目に遭ってしまいます。

覚えのない料金が加算されていた場合は、まずその理由を聞いてみましょう。

占い師によっては「時間延長料」や「手数料」などと言って、もっともらしい説明をして来るかもしれませんが、事前に説明がなければそんなことは分かりません。

相手がかたくなに自分の非を認めない時は、警察に相談してみましょう。

表記のない金額の請求は明らかな詐欺であり、犯罪行為だからです。

また、これらの料金トラブルを避けるためにも、追加料金を取られたりしないか、余計な料金が加算されたりしないか、事前に確認を取っておくことも大事ですね。

4.恐喝、脅迫まがいなことを言う

恐喝、脅迫まがいなことをして来る占い師、これはある意味最悪のパターンです。

実際にどんなことを言われるのかと言うと「この商品を買わないと個人情報をばら蒔くぞ」と脅しながら高額な商品の購入を迫ったり、料金表以上の金額を提示して「お金を払わないと家には帰さない」と支払いを強要したりして来ます。

占いを希望する方は圧倒的に女性が多いです。

相手がか弱い女性だからこそ、ちょっと怖がらせれば泣きながらお金を払うだろうと言う下品な目論見があるのかもしれません。

これらの行為は立派な犯罪行為であり、許されることではありません。

実際にこのような現場に遭遇してしまえば怖くて仕方ないかもしれませんが、悪いのは完全に向こう側です。

落ち着いて行動が出来るよう心掛けたいところです。

少しでも占い師に不穏な動きがあれば、まず録音をするようにしましょう。

最近のスマートフォンには録音機能を搭載している機種がほとんどです。

証拠を取ってしまえば、警察に駆け込んだ時、圧倒的に有利になるので出来るだけ徹底して下さい。

また録音が難しい場合もあります。

その場合は後日消費者センターと警察に相談してみましょう。

また、押しの弱い人間と思われないよう、毅然とすることも大事なことです。

占い詐欺の手口を知ろう

占いの詐欺の手口にも色々な方法がありますが、総じて言えることはどうにかしてお金をかすめ取ろうとしていることです。

しかしながら、世の中はこのような悪い占い師ばかりではありません。

お客さんの気持ちを汲んで、真摯に向き合ってくれる占い師だってたくさんいます。

良い占い師に出会うためにも、事前に口コミや実績を調べてしっかりと自己防衛をしておきたいですね。

占い詐欺の手口とは。占い後に高額商品を買わせようとするなどに関連する占い情報