坂道を下る夢を見た時の意味とは【夢占い】

最終更新日:2017年8月27日

坂道を下る夢を見た時の意味や深層心理には、色々なものがあります。

目覚めた時に「なんであんな夢を見たんだろう」と気になったら、その夢は何かを夢を見ていた本人に伝えようとしています。

坂道を下る夢をちゃんと理解できたら、もっとスマートに生きていくことができるようになるかもしれないのです。

1.何かしらの「刺激」を求めている

坂道を下る夢を見た時の意味や深層心理には、何かしらの「刺激」を求めているという事があります。

毎日の生活に退屈していて、充実感やスピード感を味わいたいというような時、そういう夢を見てしまうことがあります。

日々の生活が単調で、あまり面白みがないと思っている時、人は心の中で「もっと充実した毎日を送りたい」とか「何か面白いことはないだろうか」と、あれこれと探してしまいます。

そういう気持ちがつい刺激を求めてしまい、夢の中で坂道を下って「ドキドキ」や「ワクワク」するような気持ちを味わおうとします。

ちょうど遊園地などに行って、ジェットコースターに乗るような気分に似ています。

そういう刺激を求めてみている夢は、坂道を下っている時に不安や恐怖を感じることは少なく、ただ「うわーっ」と叫びだしたいような気分でいることでしょう。

毎日が充実して、思いっきり充足感を感じることができれば、それが一番素晴らしいことです。

ただ、なかなかそういう時間を持つのは難しく、心がちょっと退屈になった時、夢の中で坂道を下ってスリルを感じてみようとしているのでしょう。

2.運勢が悪くなっていることを知らせようとしている

坂道を下る夢を見た時の意味や深層心理で気を付けたいのは「運勢が悪くなっている」ということを知らせている時です。

「段々と運気が悪くなってきているので、気を付けるように」と、夢は一生懸命伝えようとしています。

道というのは、夢の中で本人の運気や人生を表していることがあります。

上り道であっても「頑張って上った」とか「やり遂げた」という気持ちがあるなら、それは苦労が報われてこれから良いことがあることを知らせています。

そしてその逆に、坂道を転がるように下っていく夢を見た時は、それがこの先の自分の運勢をダイレクトに示していたりします。

坂道を下りながら「どうしよう」という気持ちでいっぱいになったり、必死でストップしようとしているのに全然止まることができないなら、自分ではどうにもならずにどんどん運勢が悪くなっていくことを知らせているのです。

そういう時には、新しい何かを始めたりするのは厳禁です。

しばらくおとなしくしていて、周囲の人ともトラブルを起こさないように用心しましょう。

運勢はいつでも順風満帆なんてことはありませ。

運気は上向きになったり、時にはガクンと悪くなることもあります。

それを知って、しっかりと防御することが一番大切と、夢は教えようとしているのでしょう。

3.ストレスが溜まっているので何とかして発散しようとしている

坂道を下る夢を見た時の意味や深層心理の中には、ストレスが溜まっているので何とかして発散しようとしていることもあります。

坂道を下りながら、どこかやけっぱちな気持ちになっていたりする時には、自分で感じている以上にストレスをため込んでいた利するので、気を付けましょう。

ストレスというのは、知らず知らずのうちにだんだんと心の中に織のように溜まっていきます。

自分でも「最近疲れているな」とか「周囲の人とうまく接することができなくて辛いな」などと感じている時もあるでしょう。

ただ、それをそのままにしておくと、もしかしたら心のバランスを崩してしまうこともあります。

そうならないように、夢で思い切ったことにトライして、心をスカッとさせようとしています。

坂道を下りながら、何かを叫んでいたり、文句を言っている時は、実は「ストレスが溜まっていたんだな」と気が付いてあげましょう。

そうすれば、日々の生活の中で何とか気持ちを立て直してストレス解消する方法を見つけることができます。

坂道を下る夢を見た時には、自分の心の状態をしっかりと見極めることが大切です。

4.過去の「何かの体験」が影響していてそういう夢を見ている

坂道を下る夢を見た時の意味や深層心理で、過去の「何かの体験」が影響していることがあります。

昔本当に坂道を下ったことがあって、それが心の隅に引っかかっていたりするのかもしれません。

子供の頃に自転車に乗って、急な坂道を下ったことがあったりすると、そのことをいつまでも覚えていたりします。

本人は忘れたつもりでも、テレビや雑誌で「急な坂道」を見たりすると、ふと思い出したりします。

そういう日は、夜ベッドに入って眠りについた時に、坂道の夢を見てしまったりします。

まるで子供の頃と同じように、自転車に乗って坂道を下っていたりして、どこか懐かしいようなデジャブ感を感じてしまうこともあるでしょう。

昔「急な坂道を見た」とか「坂道を自転車で下った」なんてことがあるなら、それが夢に出てきても不思議はありません。

人間の脳というのは、実は想像以上に複雑で、あらゆる記憶や情報をインプットしてそのまま保存していたりするので、そういう体験が夢を見せてしまいます。

坂道を下る夢の意味を知ろう

坂道を下る夢を見たら、少し心を落ち着けて、自分がどう思っているのかを考えてみましょう。

もしかしたら気持ちのバランスが崩れかけているのかもしれないので、リラックスして安らぐことが大切です。

そうすれば、例えの中で思いっきり坂道を下っていても、決して「怖い夢」になることはないでしょう。

坂道を下る夢を見た時の意味とは【夢占い】に関連する占い情報