【夢占い】財布をなくす夢を見た意味は「お金や大切な人を失う前兆」!夢で財布をなくす、盗まれる、置き忘れた時の意味を解説

最終更新日:2019年7月11日

夢の中で、財布はお金だけでなく、愛情や生命力、恋愛運や家庭運など様々なものを象徴しています。

それでも、もし「財布をなくす夢」を見た場合、その夢にはどのような意味があるのでしょうか。

今回は「財布をなくす夢」の暗示や深層心理をご紹介します。

1.財布をなくす夢には金運に大きな関わりがある

まず財布と聞いて誰もが連想するのが「お金」。

財布をなくす夢も、やはりお金に関することを象徴しています。

財布をなくす夢が示しているのは、文字通りお金をなくしてしまうということ。

ただし、単にお金を失くすといっても様々な種類があります。

実際にお金を落としたり、無駄なものを買ってしまったりして損をしてしまうというトラブルだけでなく、お金のことや自分の儲けのことばかり考えているという深層心理の表れでもあります。

また、実際にお金を失くしてしまったり、損をしてしまうというだけではなく「お金を失くしてしまったらどうしよう」「損をしてしまったらどうしよう」という不安が夢に現れている可能性もあります。

もしも財布をなくす夢を見た場合には、お金に対する自分の考え方を少し見直してみる可能性があります。

2.財布をなくす夢には失恋を暗示することもある

財布をなくす夢が暗示しているのはお金のことだけではありません。

夢の中の財布は「恋愛」「家庭」など、プライベートな人間関係を表していることもあります。

そして「財布をなくす夢」が表しているのは、失恋。

これまで大切にしていた恋人を失ってしまう予兆になることがあります。

もし、自分が恋人のことをおろそかにしていたり、少しほったらかしにしていたという人は注意したほうがよさそうです。

また、財布をなくす夢には、単に恋人を失うということだけでなく「失うことを必要以上に怖がっている」という深層心理を表していることもあります。

これは「お金をなくしたらどうしよう」「損をしたらどうしよう」という考えと同様、恋人に対する執着に根差しています。

相手に執着しすぎて嫉妬心が強くなってしまったり、もしかして浮気をしているのではないかなど猜疑心が強くなっているということも考えられます。

3.財布を盗まれる夢、財布を置き忘れる夢の意味

財布をなくす夢の場合、財布がなくなった原因がはっきりしているかどうかというのも、その夢を判断する大切なポイントになります。

例えば、財布を盗まれてしまう夢の場合、これは夢の内容とはまったく反対の吉夢となります。

思いもよらない臨時収入があったり、宝くじが当たったりといった幸運の到来を暗示する夢となるので、財布を盗まれた夢を見たときは、逆によろこんで良いでしょう。

また、人間関係でも、財布を盗まれる夢は幸運の兆しになります。

特に、知っている人に財布を盗まれたという場合には、その人との間に新しいなにかが始まる暗示となります。

それが気になっている異性出会った場合、恋に発展することも少なくありません。

一方、財布をどこかに置き忘れるといった夢は、どちらかというと凶夢だと考えられます。

これまで築き上げてきたものが失われたり、大切にしている恋人や家族に去られたりといったトラブルがもうすぐそこまで来ている暗示となっているので、財布を置き忘れたという夢を見たときには注意が必要となります。

ただし、財布を置き忘れた場合には、注意力が散漫になっていたり、いろいろなことに手を付けすぎて本当に大切なことが分からなくなっているという深層心理を表している場合もあります。

財布を置き忘れた夢を見たときには、まずあわてず、落ち着いて何をするべきが考えることが必要かもしれません。

4.なくした財布を探している夢の意味

財布をなくしてしまう夢を見たときにはちょっとどきっとしてしまいます。

単に財布をなくしたというだけでなく、その財布を探している夢にはどのような意味があるのでしょうか。

なくした財布を探している夢の場合、その夢は愛情に関係している可能性があります。

この場合の財布は、愛情を表し、それを探しているということは、つまり愛情が不足していると感じているということになります。

自分では自覚していなくても、孤独であったり、自分のことを理解してもらいたいという深層心理の表れとなっています。

なくした財布を探している夢を見たときには、強がらず、自分に素直になってみるのもひとつの方法かもしれません。

また、なくした財布を探しているとき、それを見つける夢がありますが、これはとびきりの吉夢です。

長い間求めていたものや足りなかったものが見つかるという暗示なので、目覚めたあと、いいことが起きるのを期待してもよさそうです。

5.財布が飛んでいってしまう夢の意味

財布が飛んでいってしまう夢は、お金に執着している時に見る夢です。

お金がなくなるという直接的な意味ではなく、飛んでいってほしくないという自分の執着心から見てしまうのです。

お金だけではなく何か他の物への執着心が高まっている可能性があります。

その執着心の高まりから、財布が飛んでいってしまう夢を見ます。

執着が過ぎると周りが見えなくなる恐れがありますので注意が必要です。

執着するあまり、人間関係を崩してしまったり金銭面に影響が出てしまう可能性があります。

6.財布が別のものに変化する夢の意味

財布が別のものに変化する夢は、何か大きな買い物をしたい欲求がある事を意味します。

そして、その大きな買い物は基本的には購入することで運気が向上します。

迷っていたものを購入するチャンスだと言えます。

夢の中で財布が変化するのは、自らの財産が他の有益なものに置き換わるサインです。

買い物の他にも、何か決断を迫られる時には前向きに決断をしていきましょう。

選択をする時の運気が向上している状態に見る夢と言えます。

7.財布をがパッと消えてしまう夢の意味

財布がパッと消えてしまう夢は、大切なものがなくな事への不安を意味しています。

「もし自分が最も大切にしているものが急に無くなったらどうしよう」と考えている時に見る夢です。

あまり深く考えず、その大切にしているものに対して執着しすぎないよう注意が必要です。

もし、今大切にしているものがないと思っている場合は、本来大切であるものに気づいていない可能性があります。

その大切なものに気づき、少しでもそれに対する執着がなくなるよう深く考えすぎないよう少しでも意識してみてください。

そうしないと本当に、その大切なものを失ってしまうかもしれません。

8.財布を落とす夢の意味

財布を落とす夢は夢占いにおいて金運の上昇という意味があります。

財布を落とす事は不運な出来事です。

そのため財布を落とす夢を見た人にとっては嫌な印象を受けるかと思います。

しかし実際にはネガティヴになる必要はありません。

金運が向上する逆夢ですので、今後金銭面で何か良い変化が起こる可能性があります。

ただし財布を落とす夢は、恋愛運や対人運などの人に関する運勢については下降します。

そのため、人間関係が悪化してしまう可能性があるため注意が必要です。

財布をなくす夢の意味を知ろう

財布には単にお金のことだけでなく、様々な意味があり、吉夢にも凶夢にも取れるものも少なくありません。

大切なのは、財布そのものではなく、それを失くしたときの状況や、その結果だったりするものです。

夢の意味を知りたいときには自分がどのような夢を見たのか、しっかり思い出してみることが必要ですね。

財布をなくしたのか、盗まれたのか、置き忘れたのか。

財布がなくなるという夢でも上記の様なシチュエーションによって意味は変わってきます。

「【夢占い】財布をなくす夢を見た意味は「お金や大切な人を失う前兆」!夢で財布をなくす、盗まれる、置き忘れた時の意味を解説」の他にも夢占いを見てみませんか?