転職をする夢を見た時の意味とは【夢占い】

最終更新日:2019年2月9日

寝ているときに見る夢の中で、あなたは転職する夢を見たことがありますか。

夢の中で、今とは違う仕事に就いていて、今とはまったく違う毎日を過ごしている自分に、不思議な感覚を覚えることも多いでしょう。

では、なぜ転職する夢を見ることがあるのでしょうか。

その意味や深層心理をまとめました。

1.転職したいという思いが強く、夢に出ている

転職する自分が夢に出てくる場合、そもそも自分自身が現実に、転職を切望している場合があります。

しかしその転職をするにも、しようと思って簡単にできるものではありません。

収入も大きく変化しますし、今まで作り上げてきた地位や人間関係も一度リセットすることにもなりかねません。

家族がいる人は、自分自身の問題でもなくなります。

転職先もすぐ見つかるものではないですし、転職したいと思いながらも、今の仕事を渋々続けている人は多いでしょう。

そのため、今の環境に対する不満というものは表れやすいものです。

それが、実際に転職をしている自分を夢に見ることに繋がるのです。

夢にまで転職が出てくるということは、それだけ自分が転職したいと日々強く感じている証拠になります。

自分の気持ちは中途半端なものではないことを再認識し、夢に後押しされるかたちで、実際に本格的な転職活動を始めてみてはいかがでしょうか。

2.今の仕事に嫌気が差していることを示している

転職を考えたことがなかった人は、自分が転職をしている夢を見て、なぜそんな夢を見たのか疑問に思ったことでしょう。

しかし、実際に自分が自覚できる範囲で転職を考えたことはなかったとしても、深層心理では「今の環境を変えたい」「別の仕事にチャレンジしたい」という思いを抱えている可能性は十分にあります。

今の仕事をしていて、なんだか毎日が退屈だったり、必要以上のストレスを感じていることはありませんか。

転職はリスキーなことだからこそ考えもしなかっただけで、今の仕事が決して自分の天職だと楽しんでいるわけではないという人は結構多いのではないでしょうか。

しかも、夢に転職している自分が出てくるほどですから、心のどこかで別の環境を強く求めている証拠です。

本当に今のままでいいのか、この夢をきっかけとして、よく考え直す時間を持てると良いでしょう。

3.自分を認めてもらいたいという気持ちの表れ

転職をするということは、人生の中で大きな転換期を迎えることになります。

転職活動は大変なものですし、新卒での就職活動よりも難しいと言われているのは、理解している人も多いでしょう。

その難しい関門をクリアしたということは、少なくとも、転職先の企業から自分自身が求められ、認められているということです。

つまり、転職を夢に見るということは、自分を他人から認めてもらいたいという気持ちの表れでもあります。

特に、仕事に就き、新人の大変な時期も終わった後などは、自ら出世コースに乗っていかない限り、誰かから評価され認められる機会というものは減っていき、当たり障りのない毎日が続いてしまいがちです。

心のどこかでそのように他人から評価されていることを求めている心理が、転職する夢を見ることに繋がっているのです。

4.新しいことに挑戦すると良いことがある

転職とは、新しいことに挑戦することや、環境を変えていくことです。

転職する夢を見て、その夢がとても良い夢だったとします。

夢の中の自分は輝いていて、転職先でも良い評価を受け、転職して本当に良かったと毎日を楽しんでいる様子だったなら、目が覚めてスッキリとした気持ちにもなるでしょう。

このように、転職して楽しい思いをしている夢だったのであれば、それは何か新しいことに挑戦するとうまくいくことを示しています。

それは転職に限らず、新しい習い事を始めることや、引越しなどでも同じことが言えます。

特に新しいことを始めようか迷っていたときの場合、このような夢を見たなら非常にチャンスです。

思い切って新しい事への一歩を踏み出してみましょう。

5.逆に新しいことに挑戦して失敗する可能性を示唆している場合もある

上とは逆に、転職してあまり良い思いをしていない夢を見たとします。

転職したのはいいけれど、うまく場になじめず、嫌な思いをしている自分の姿があったり、転職先の仕事が思った以上に大変で、寝る暇すらないくらいのブラック企業だったり…という夢だったとしたら、とてもではないですが現実でも実際に転職しようとは思えないものでしょう。

このように、転職した結果失敗している夢や、思ったようにうまくいっていない夢を見た場合は、新しいことに挑戦しても失敗する可能性を示唆している傾向があります。

何か新しいことを始めようとしていた時や、環境が変わる前の時は、なるべく現状を維持するようにした方が失敗を避けられる可能性があります。

6.夢の中で転職した意味

転職する自分が夢の中に出てきた場合、基本的には自分が転職をしたいな、と心のどこかで考えていることが多くなります。

転職をするのはなかなか勇気がいりますね。

これまでその職場で築き上げてきたものを捨て、新しい環境に旅立つ。

もしかしたら収入も大幅に下がってしまうかもしれません。

養う家族がいる場合、踏ん切りをつけるのはなかなか難しいものです。

そんな思いから多くの人が一歩を踏み出せずにいるわけですが、夢はその時に考えていることが出やすいのです。

そして転職する夢を見る、ということは相当悩んでいるのかもしれません。

また転職までは考えていなくても、今の職場に嫌気がさしているという可能性も考えられるでしょう。

人間関係や仕事の内容など、仕事をしていればストレスは毎日山積します。

いっそすべてを投げ捨てて逃げ出してしまいたい。

なんて思っているとそんな夢を見ることも多くなります。

転職する夢は仕事だけではなく、今いる自分の環境を変えたい、と強く思っているときに見ることもあります。

7.転職したいと周りの人に言っている夢の意味

実際に転職するのではなく、夢の中の出演者に「転職したい」ということをアピールしている場合はどんな深層心理があるのでしょうか?

その場合には、もっと自分を認めてほしい、注目してほしいという気持ちを表していることがあります。

「毎日一生懸命人知れず頑張っている」「こんな成果を上げた、でも誰も気が付いてくれない」そんな風に思っているのかもしれません。

もしかしてあなたは周囲から孤立していてさみしい思いをしている、なんてことはありませんか?

一度肩の力を抜いて、周りの人たちとコミュニケーションをとるようにしてみてはいかがでしょうか。

また転職することを夢の中の恋人に話している場合はどうでしょうか?

もしかしてその夢は今の恋人とのバッドエンディングを暗示しているのかもしれません。

いま付き合っている相手との関係を終わらせて新しい相手が欲しい、と思っている気持ちの表れかもしれないからです。

8.転職に当たって面接を受けている夢の意味

夢の中で面接試験の真っ最中だった。

そんな夢を見たときにはどんな意味があるのでしょうか?

夢の中で面接試験を受けているという夢は、今あなたが人生の岐路に立たされていて実力を試されている、と思っていることを表しています。

面接はあなたがこの会社で働くにふさわしいか、ということを面接官が吟味する場所です。

なぜこの会社を選んだのか?

なぜ転職するのかということを細かく聞かれることもあるでしょう。

それはすなわち、あなたが今試されているということ。

夢の中の面接が良い雰囲気でしっかりとした手ごたえがあるならば、あなたは今の自分に自信をもって行動できているということですし、もし不安な気持ちだったり険悪な雰囲気だったとすれば、今自信がなく揺れているということを表しています。

でも夢の中の面接でうまくいかなかったとしても大丈夫です。

自分に自信がない、ということをしっかりと把握できているのですからしっかりと準備するきっかけにすれば良いでしょう。

そうすれば何事もきっとうまくいくでしょう。

9.すでに転職先で働いている夢の意味

夢の中でふと気が付けば、これまでの仕事ではなく新しい仕事をしていた。

こんな夢を見たとき、どんな意味があるのでしょうか?

これはあなたが今いる環境に大きな不満を抱えていることを意味しています。

きっとあなたはどこかあたらしい環境に羽ばたきたくてうずうずしていることでしょう。

そんな夢を見たときは思い切って自分のいる環境を変えてみてはどうでしょうか?

新しいなにかにチャレンジすると新しい自分が見えてくるかもしれませんよ。

10.自分以外の人が転職する夢の意味

自分以外の周りの人が転職する夢を見たとき、その夢にはどんな意味があるのでしょうか?

夢の中での転職はすなわち環境の変化を表していますから基本的に他者が転職する夢、というのは、あなたがその相手に不満を持っていて、変化してほしいということを望んでいる証です。

転職したのが恋人であれば、恋人に変わってほしい、もしくは恋人との関係を見直したい、と思っている気持ちの表れですし、家族が転職する夢であれば、家族との関係を見直したい、という気持ちの表れです。

しかし他人の変化を期待するのはなかなか難しいものです。

いっそのこと自分から変化してみてはどうでしょうか?

相手に変わってほしい、と思っているときは相手も自分に変わってほしい、と思っていることも多いものです。

意外とよい関係が築けるようになるかもしれません。

転職する夢の意味を知ろう

転職が夢に出てくるということは、何か新しい環境のことについて、少なからず考えようとしているときがほとんどです。

夢の中の自分は、転職して良い思いをしていたか、そうでないかをしっかりと思い出してみましょう。

特に、実際に転職を意識していた人で迷っていた人は、夢の内容次第で決断しても良いでしょう。

「転職をする夢を見た時の意味とは【夢占い】」の他にも夢占いを見てみませんか?