彼氏が冷たい時の心理4つ。なぜ彼の態度が冷たいの?付き合いたて・長期交際カップルなど交際期間ごとにも紹介

最終更新日:2019年3月4日

彼氏が冷たくなってしまったと感じてしまっていませんか。

これまでは優しかったのに、急に冷たくなったら悲しいですよね。

自分が何かをしてしまったのか不安になる女性も多いかと思います。

そこで今回は、彼の態度が冷たい時に考えられる心理や原因をご紹介します。

考えられる理由や共通して起きている問題などを踏まえて、彼氏の心理を紐解いてみましょう。

彼氏が冷たい時の心理1:自分のことでいっぱいになっている

自分のことで一杯になってしまって彼女に対して冷たい態度をとってしまう男性は多くいます。

勉強や仕事で忙しかったり、プライベートが充実している男性は、目の前の出来事に集中してしまう傾向があります。

男性は女性と比べると比較的不器用な生き物の為、同時に複数のことに集中するといったことが難しいのです。

この時の彼は彼女に対して不満を持っていたり、嫌いになったということはありません。

単に自分のことで頭がいっぱいになっているだけです。

それによって、彼女としては彼氏が冷たいと感じてしまっているのかもしれません。

例えばテストや試合が近くて勉強をしなくてはいけない時や、社会に出てまだ時間が経っていない時、何かを始めたばかりという時には、彼女の優先順位が下がってしまうのです。

彼は一番に考えるべきこと、集中しなければならないことに意識を取られている為に、彼女に対して冷たくなってしまいます。

こうした彼に対しては、彼が今現在必死で何かに集中していることを理解してあげましょう。

そして目標を達成するまでは静かに待っていましょう。

目の前の事が終わった後には彼はまたあなたに暖かく寄り添ってくれるはずです。

その時に自分が寂しかった事や冷たいと感じていた事を伝えてあげましょう。

そうすることで、彼氏も今後気を付けてくれます。

彼女が嫌いで冷たくなった訳ではないので、彼は彼女をもっと大切にしようと思うはずです。

彼氏が冷たい時の心理2:彼女との過ごし方が分からず照れている

付き合いたてなのに彼の態度が冷たい時は、恥ずかしがっている可能性があります。

まだぎこちなく、何を話したら良いのか・何をしたら喜んでくれるのかが分かっていません。

そのため照れたり恥ずかしくなったりして、冷たい態度をとってしまう男性は少なくありません。

このような場合には、あなたから自分は何が好きか・どうされたら嬉しいかを伝えてあげましょう。

そうすれば彼は正解を知ることができるので、行動を起こすことができます。

付き合いたてで好き同士のはずなのに彼が冷たい時には、彼が恥ずかしがり冷たい態度をとっている姿を楽しみましょう。

次第に慣れてくると変化してきますので、きっと今だけしか見られない状態です。

彼氏が冷たい時の心理2:彼女が好きという感情が薄くなった

交際期間が長いカップルの場合、彼女のことを知り尽くしてしまい彼に「飽き」が生じてしまうこともあります。

倦怠期と呼ばれる時期に入ると、彼氏が急に冷たく感じるという女性も少なくありません。

男性の中で彼女を知り尽くしてしまった為に、興味を示すことが出来なくなり、冷たさが態度に出てしまうのです。

こうした時には、彼女が何かしらアクションを起こすことが必要です。

いつもと違った面を見せたり、イメチェンして外見を変えてみたりして、新鮮さを演出してみましょう。

そうすれば、彼も新鮮な気持ちであなたを見ることができます。

「こんな一面があったんだ」と思ってくれたら、またあなたに対して興味を持ってくれます。

好きという気持ちは薄くなったものの、まだ嫌いになった訳ではない状況なら回復のチャンスはあります。

自分の中で頑張るべき時期だと認識して、出来る限り変化を見せることが大切です。

そうしていけば、いつまでも仲がよいカップルになることができます。

彼氏が冷たい時の心理3:他に気になる女性がいる

彼女という存在がいながらも、他に気になる女性が出来てしまった時に冷たくなる男性もいます。

いくら会話をしていても、一緒に過ごしていても、頭のどこかでは他の女性のことを考えていると、彼はどうしても冷たい態度になってしまいます。

このような心理状態の時には、彼氏の気持ちを回復させることは難しいと言えます。

そして次第に二人の間に溝ができ、別れにつながってしまいます。

男性は本能的に、色んな女性と関わりたい・接したいという心理があります。

普段は、理性がそうした欲求を止めています。

しかし理性で抑えられなくなってしまったら、止めることが出来なくなります。

他に気になる女性が出来てすでに好きになってしまっている時には、彼女に対して無意識に冷たくなってしまいます。

もし彼が他に仲良くしている女性がいたら、その女性に好意を寄せてしまっている可能性があります。

この時に彼女ができる行動は、何があっても大丈夫と腹をくくり静かに見守るか、自分磨きをして自分の魅力に気づかせるかの2つです。

口うるさく浮気の可能性や、冷たくて傷ついたことを伝えると「うるさい存在」と認識されてしまいます。

そして今まで以上に、他の女性に夢中になってしまいます。

モヤモヤがあるとは思いますが、ここは彼があなたに気持ちを戻してくれるまで待ちましょう。

彼の浮気心がずっと続き、浮気が成功するとは限りません。

その女性から振られてしまうこともあります。

その時に自分の元に戻ってきてもらえるように準備しておきましょう。

彼氏が冷たい時の心理4:家族のような存在に思っている

付き合いたての時には、相手のことを思ってテンションを高く保ったり、楽しませようと必死になる男性が多いです。

自分といる時には楽しんでもらいたい、自分のことをもっと好きになってもらいたいという思いから、自分を多少演じている男性も少なくありません。

しかし交際期間が長くなってくると、家族のような感情を抱くことがあります。

大抵の人は家族に対して気を遣うことはあまりありません。

いて当たり前の存在になるため、冷たい態度をとることがあります。

安心感がとても強い状態になっているのでしょう。

彼女から見ると冷たいと感じるかもしれませんが、その姿こそ本来の彼氏の姿である可能性が高いと言えます。

こうした場合には、今まで必死に自分の為に頑張ってくれていたことを理解して、ありのままの姿を受け入れることも大切です。

冷たくなった訳ではなく、単に本当の姿を見たということです。

気を抜いているからこそ見せてくれている姿だとポジティブに捉えましょう。

彼氏が冷たい時の心理を知ろう

彼氏が冷たいと感じる瞬間には、やはり彼女としては不安になることでしょう。

彼氏が今何を考えているのか、その心理状態を知ることによって、対処の仕方を変えるべきです。

冷たいと感じた時に彼氏が抱いている思いを察知して、その時彼女としてどう行動するべきなのか考えてみると良いでしょう。

ただし、他の女性の事を意識している状態の場合だけは、その冷たさを変えることは出来ないかもしれません。

彼氏が冷たい時の心理4つ。なぜ彼の態度が冷たいの?付き合いたて・長期交際カップルなど交際期間ごとにも紹介に関連する占い情報