彼氏に結婚を意識させる方法6つ。会話と行動でさりげなく彼に結婚を考えてもらおう

最終更新日:2019年3月9日

彼氏が中々結婚について考えてくれないと悩んでいませんか。

彼氏に結婚を意識させる方法についてご紹介します。

結婚は人生の一大イベントですので、ただ「交際が長く続いた」「彼女のことが好き」だけでは簡単に考えることができない、というのが男性の心理です。

しかし、彼氏と結婚を望んでいる女性としては、いつ結婚してくれるのかと心配になってしまうものです。

そこで、できるだけ彼氏にプレッシャーをかけずに結婚を意識してもらえる方法をご紹介します。

彼氏に結婚を意識させる方法1:家族の話を多く話題にするようにする

結婚とは「家族になる」ということです。

そこで、彼氏に結婚を意識してもらうためには家族を意識してもらうことが大切です。

かと言って結婚を焦るあまりに、いきなり彼氏を自分の家族に会わせようと必死になることは逆効果です。

まずは「家族」というものを匂わるだけで十分です。

彼氏と雑談する時、さりげなく家族の話題も盛り込んでみましょう。

自分の家族の話を少しずつ話しながら、「このような家庭で育った」ということを、さりげなく伝えましょう。

そして同時に彼氏の家族にも興味を持ち、いくつか質問してみましょう。

ただしこの時、自分の家族自慢をし過ぎたり彼氏の家族の事情について根掘り葉掘り質問することは避けてください。

あまりに興味津々に聞いたりすると彼氏が引いてしまって、結婚から遠ざかってしまいます。

あくまで「さりげなく話題に出す」ということがポイントです。

そして二人ともお互いの家族についてある程度想像ができるようにしておきましょう。

これにより二人だけの関係だった中に、二人の背景にある家族という存在も意識できるようになります。

彼氏に結婚を意識させる方法2:たまに簡単な手料理を振る舞ってみる

彼氏に結婚を意識してもらうためには、あなたを「良い奥さん候補」として認識してもらう必要があります。

そこで有効なのは、「たまに簡単な手料理を振る舞う」ということです。

凝った料理である必要はありません。

簡単な手料理を彼氏に振る舞うことにより、あなたの手料理を食べる幸せを味わってもらうのです。

男性は「食べる」ということにこだわるため、「手料理を作って食べさせてくれる女性」という存在に大きな愛情を感じるのです。

ただしまだ具体的な結婚の話が出ていないうちは、手料理を振る舞うのは毎回ではなくたまにしましょう。

あまりやり過ぎると、彼氏が「料理を作ってもらうのが当然」という感覚になってしまい、ありがたみを忘れてしまうからです。

彼にとってまずは彼女の料理を特別と感じてもらうことが大切です。

そして彼女の料理を心待ちにする様になっていけば、狙いは達成です。

次第に彼は「結婚したら毎日こんな料理を食べられるのかな」と、結婚について意識しだします。

ポイントは、あくまでも自然な流れから料理を作ることです。

押しかけてまで手料理を振る舞おうとしても、彼氏は「うっとおしい」としか感じなくなってしまいます。

まずは料理を目的にしない形で彼の家に行き、ご飯の時間が近づいたら料理することを提案しましょう。

彼氏に結婚を意識させる方法3:未来のことについて話を振ってみる

結婚生活は一生続くものです。

恋愛と違って、一時の気持ちの盛り上がりだけでは成り立たないのが結婚です。

そのため、彼氏に結婚を意識してもらうためには、「今だけの幸せ」ではなく、「これからのこと」を想定してもらうことも不可欠です。

そのため雑談中に流れで「○年後、私たちはどうなってるんだろうね」と、未来に思いを馳せるような話を振ってみましょう。

このひと言がきっかけで彼は今まで考えてもみなかった未来のことについて、考え始めてくれます。

そこまで真剣に考えないかもしれませんが、まずはきっかけとしては成功です。

この時のポイントは、あくまで雑談の中の1つの話題として投げかけることです。

突然まっすぐ向き合って未来のことについての話を振られても、彼氏は真剣に考えていなかったので正解を見つけられず動揺してしまいます。

まずは未来を意識させてみて、彼に考えてもらうきっかけを作りましょう。

そしてしばらくした時に、未来の話の中に二人の結婚についても盛り込んでいきましょう。

そうすれば自然に彼の考えの中に二人の結婚についてが入っていきます。

彼氏に結婚を意識させる方法4:結婚している友人の話をさりげなく出す

今は結婚願望のない男性も多いので、「結婚の良さ」を彼氏にわかってもらう必要があります。

二人でいるだけで幸せなのに、なぜ結婚という形をあえて取る必要があるのかを彼に理解してもらうのです。

そこで有効な方法は、既に結婚して幸せに生活している友人の話を出し「結婚はこれだけ良いものだ」ということを、さりげなく話しておくことです。

友人の結婚式に出席して、「楽しかった」「素敵だった」「幸せそうだった」という話を出すのも良いでしょう。

この話をする場合「あくまで友人の楽しそうな話」だけで止めておくことがポイントです。

「じゃあ、私たちも」という話題に繋げてしまうと、彼氏にとってはプレッシャーになります。

この話をする時は、「結婚したら楽しいらしい」と彼氏に思ってもらうだけで十分です。

しつこくせずに、彼の反応を見ながら話しましょう。

そうすると彼も結婚に対して無意識の内に前向きになっていくはずです。

彼氏に結婚を意識させる方法5:結婚の金銭面や世間体などのメリットを伝える

結婚に対してメリットを感じていない男性も多くいます。

そのような男性に対してはストレートに、結婚のメリットを伝えてみましょう。

例えば会社によっては結婚することで扶養手当をもらえたり、扶養控除によって税金が安くなることがあります。

また、結婚をしておくことでサービスの家族割が適用できたり、行政面での手続きが楽になったりします。

あくまでも一般論として、こうしたメリットを徐々に伝えていきましょう。

例えば二人で何かを申し込む時に、軽い話題として、結婚していれば2つも申込書を書かなくて済むことを伝えてみたりしましょう。

そうすれば、どうせずっと一緒にいるのであれば、結婚をした方が色々と楽になると考える様になっていくはずです。

彼氏に結婚を意識させる方法6:彼氏に「いつも一緒にいたい」と思われる癒し系の女性になるよう努力する

彼氏に結婚を意識してもらうための最も有効な方法は、「毎日でも一緒にいたい」と思われる女性になることです。

どんなテクニックよりも、結局はこれが1番良い方法と言えます。

男性はいつも仕事や勉強などでストレスと疲労を抱えている毎日を送っています。

それを癒してくれる女性であれば、「毎日一緒にいたい」「離したくない」と強く感じます。

男性の心には、「癒しの存在」が必要だからです。

しかし、ただカワイイだけでは癒しにはなりません。

どのような状況の時でも彼氏の心に寄り添い、プレッシャーをかけずに彼氏を支え続けられる女性になる努力をしましょう。

そうすれば、彼はきっとあなたにずっと一緒にいてもらいたいと考えます。

時間はかかるかもしれませんが、彼女自身が変わっていくことが彼氏に結婚を意識してもらえるベストな方法です。

彼氏に結婚を匂わせつつプレッシャーを与えないようにしよう

彼氏に結婚を意識してもらうためにはまず、結婚を匂わせつつも、彼氏に結婚のプレッシャーを感じさせないことがポイントです。

そしてもちろん、彼氏が結婚したいと思えるような女性になるための努力も忘れてはいけません。

大切なのは、「彼氏が自然に結婚を意識してくれるようになる」というシチュエーションを地道に作り上げることです。

ぜひ彼に結婚を意識してもらい、二人が結ばれる様になりましょう。

彼氏に結婚を意識させる方法6つ。会話と行動でさりげなく彼に結婚を考えてもらおうに関連する占い情報