元カノの話をしたがらない男性の心理5つ。なぜ彼は元カノの話を封印するのか

最終更新日:2019年3月1日

男性は、女性に比べて前に付き合っていた相手の話をしたがらない傾向にあります。

彼女の方から元カノについてしつこく聞き出そうとしても、はぐらかされてしまったりしますよね。

なぜ彼は元カノの事を話したがらないのでしょうか。

今回は、そんな元カノの話をしたがらない男性の心理を紐解いてみましょう。

1.元カノの話をして、今の彼女を傷つけたくない

一番多い理由は、、今の彼女を大切にしたい気持ちから、不用意に過去の付き合いを語りたくないということです。

女性は、自分の彼氏の過去の恋愛について知りたがる傾向にあります。

逆に男性は、自分の恋人の過去の恋愛話を知りたがらない人がほとんどです。

なぜならそれは、自分の彼女の元カレの話を聞いてしまうと、ヤキモチや劣等感などを感じて傷ついてしまうためです。

そんな思いを自分の彼女にさせたくないために、元カノの話をあまり聞かせたくないと思っています。

ですので、彼なりの優しさだと考えましょう。

しかし、それでも元カノの話を聞きたいというのであれば「言ってもらっても私は全然気にしないから」と伝えて、言われても傷つかないと約束しましょう。

そうすれば、少しずつかもしれませんが彼も元カノの話をしてくれるようになります。

実際に話してもらったら、約束通り気にしないようにしましょう。

そうしないと彼は、やはり傷つけてしまったと後悔してしまいます。

またこの時ポイントなのは、あなたは元カレの話を絶対にしないということです。

彼が元カノの話をしてくれたから、自分も元カレの話をしなくてはと考えてしまう女性もいます。

しかしそれは逆効果です。

彼は元カノの話をすると彼女が傷つくと思っています。

これを裏返すと、彼は彼女の元カレの話を聞くと傷つくと考えています。

ですから自分が元カノの話を聞いても、彼には元カレの話はしないようにしましょう。

彼が意地になって聞いてきても、はぐらかして答えないようにすることがベストです。

2.元カノのことを守りたい

女性は過去に付き合った恋人の話を、話のネタとして気軽に話せる性格の人が多いですよね。

しかし男性は、本気で惚れていた元カノについてはネタとして話すことを嫌がります。

それは何故かというと、男性は過去の恋愛を引きずる人が多いからです。

新しい彼女ができても、余程酷い別れ方をしなければ、元カノにも情が残っている状態であるのです。

そんな情が元カノのことを傷つけたくないという気持ちになり、例え今カノであっても第三者にネタのように話したり、個人情報を教えたりしたくないのです。

つまり、元カノを守るために、過去の付き合いのことを人に言いたくないという気持ちです。

こんな理屈は、今付き合っている彼女にしてみれば腹立たしいものかもしれません。

しかしこれは男性大半に言える心理であって、仕方のないことと思うしかありません。

「いま目の前にいるのは私なんだから」と、自分に言い聞かせて、元カノのことは気にせず過ごしましょう。

それでもどうしても聞きたい場合には、茶化さないことを約束し、かつ今元カノの話を聞きたい理由を伝えましょう。

例えば「どうしても元カノと自分を比べてしまう。だから二人の今後のためにどういった人だったか教えて欲しい」など、元カノの事を話してもらわないと今の関係性が悪くなってしまうことを伝えます。

そうすれば、彼も昔の彼女も大切ですが今の彼女であるあなたも大切ですので、きっと話してくれる様になります。

3.元カノを良い思い出のままにしておきたい

どんな泥沼状態で別れることになっても、時間が経つと過去の恋愛は良い思い出ばかりが残ってしまうものです。

そんな良い思い出を守るために、元カノについて口に出したくないという心理があります。

女性は自分の感じたことを言葉にして脳に刻み込む思考回路をしています。

しかし男性はそうではなく、大事なことほど言葉にしたくないという思考回路を持っています。

そのため、自分の昔の恋愛や元カノの好きだったところを言葉にしてしまったら、その美しい思い出が壊れてしまうと思うのです。

もちろん、今の彼女との恋愛を大切にしたいと思っていますが、元カノのことも自分の中の大事な存在として良いところだけを覚えていたいのでしょう。

口にすることで、元カノとの思い出に具体性が出て、嫌だったことも思い出してしまう可能性があります。

また、良い思い出しか残っていないのでそれを今の彼女に話すとヤキモチを妬かれてしまうと考えているのかもしれません。

これは、元カノに気持ちを残しているのとは別な心理で、自分の感じたことや思ったことを大切にしたいだけです。

男とはそういう生き物だと思って、大目に見てあげるのが良いでしょう。

4.酷い別れ方をして、元カノを思い出したくもない

元カノと思い出したくもないような修羅場や裏切りを経て別れに至った場合も、男性は口にしたがりません。

女性なら、こっぴどく振られたり、とんでもないダメ男に引っかかったりしたら、すぐさま女友達と愚痴を言い合う機会を作りますよね。

しかし男性はそれは女々しい行為だと思い、あまり大っぴらに元カノの悪口を言いたがりません。

基本的には自分一人で処理しようと考えます。

親しい男友達とひっそり元カノの悪口を言うくらいはするでしょうが、わざわざ今付き合っている女性を相手に、元カノを悪く言ったりはしません。

大体男性は女性と違って、酷い別れ方であればあるほど、それを封印してなるべく思い出さないようにする人が多いです。

思い出すことで自分が傷つくことは避けたいですし、余計なことに頭を支配されて、後ろ向きになることも良しとしていません。

このように、悪女の元カノに引っかかっていたのだとしたら、その話を言いたがらないのは当然のことでしょう。

この時は、彼は元カノについてトラウマになっている可能性もあります。

あまり無理に聞こうとせずに、しばらく時間をかけて彼の方から話てくれるまで待ちましょう。

5.元カノのことを話して面倒なことになるのが嫌だ

最後に挙げられるのは、おそらく全ての男性が持っているであろう心理です。

それは、「元カノのことを話して面倒なことになるのを避けたい」です。

元カノがいい女だったとしても、悪女だったとしても、その話を今の彼女にすることで必ず面倒なことになるだろうと男性は考えます。

元カノを良く言えば嫉妬されたり卑屈になられたりします。

悪く言えば「女々しい」や「情けない」などと言われることもあります。

つまり元カノのことを話すことのメリットが、男性にしてみれば全くありません。

男性の大半は、面倒くさいことが大嫌いです。

せっかく新しい彼女がいるのですから、面倒ごとはなるべく避けて、今の恋愛を楽しく全うしたいと考えています。

ですので、それでも彼の元カノの話を聞きたいのであれば怒ったりしないこと、二人の関係をより良くするために聞きたいことを伝えましょう。

そうすれば、面倒なことではなく二人にとって必要なことと考えて少し元カノの事を話してくれるはずです。

元カノの話をしない彼氏の気持ちを考えてみよう

男性が今の彼女に元カノの話をしたがらない心理についてご紹介しました。

このように、男性と女性では、過去の交際に対しての考え方が大きく違います。

ですから、女性の側から見たら、理解できないこともあるでしょう。

しかし、男とはそういうものだと受け止め、話したがらないことを無理に聞き出すのは、やめておきましょう。

元カノの話をしたがらない男性の心理5つ。なぜ彼は元カノの話を封印するのかに関連する占い情報