バイトをする夢を見た意味とは。仕事についての意欲が夢に現れている

最終更新日:2018年10月2日

バイトをする夢を見た時の意味は、夢を見た人の仕事がバイトか正社員かによって変わり、現実の深層心理が夢になっています。

そこで、バイトをする夢を見た時の意味や深層心理について紹介します。

1.バイトを探している人がバイトの夢を見た時は、労働意欲が強くなっている

バイトをする夢を見た人でバイトや就職活動中の場合は、労働意欲が強くなっているという意味があります。

就職活動中の人は、バイトをやりながら定職を探している場合と、全く働かないで定職を探す場合に分かれますが、働く環境にいない人ほどバイトをする夢を見る可能性が高く、早く働きたいという勤労意欲が強くなります。

勤労意欲が強くなるとなぜバイトをする夢を見るかは、仕事内容にこだわらなければ直ぐに働くことができるからで、早く働ける仕事イコールバイトという心理が関係しています。

また、バイトをやっている人がバイトをする夢を見た場合は、思うようにシフトに入れず勤労意欲を消化できていない意味を表しています。

学生時代バイト経験無しという人は少ないので、仕事のスタートラインはバイトという印象があり、勤労意欲がバイトをする夢になりがちです。

2.無職の人がバイトをする夢を見た時は、自分に対する危機感の前兆

無職の人がバイトをする夢を見た場合は、このままではいけないという危機感が夢になっていて、働かない自分に対する気持ちの表れです。

仕事をしている人がバイトをする夢を見る場合、無職の人とは違う意味を持っているので、自分に対する危機感ではありません。

無職の人は、日頃から生活や将来に不安を抱えていて心理状態は常に不安定で、その深層心理がバイトの夢となって出てきます。

しかし、無職の人でも危機感を感じないケースもあり、こういったタイプはバイトをする夢を見ない傾向です。

自分に対する危機感の前兆は、今より良くなりたいという気持ちの表れで、向上心のある無職の人ほど働く夢を見ます。

ただ、この場合の前兆は無職の人に限定された意味で、仕事を持つと自分に対する危機感が減る分、バイトをする夢を見るより具体的な夢を見るようになります。

3.定職についている人がバイトをする夢を見た時は、仕事を辞める前兆

定職についている人がバイトをする夢を見た場合は、仕事を辞める前兆の可能性があります。

学生時代のバイトや就職活動中のバイトなど、バイトは定職に就く前の仕事というイメージを持っています。

その為、正社員として働いている時にバイトをする夢を見た時は、仕事を辞めてバイトをするかもという深層心理の表れです。

特に、中々定職に就けずバイト経験が多いと、バイトイコール就職活動中のイメージを持つので、仕事を辞めたらバイトだなという心理がバイトをする夢になって出てきます。

ただ、日頃から仕事を辞めたいという気持ちが、バイトをする夢となって出てくるので、仕事を辞める気持ちがない人はバイトをする夢を見ない傾向で、それでも夢に出た時は違う意味を持っています。

4.仕事に勤しむ人がバイトの夢を見た時は、自分に合った仕事を探したい前兆

仕事に就いている人がバイトをする夢を見る場合、今の仕事に不満を抱えている可能性が高く、自分に合った仕事を探したい前兆です。

また、今の仕事に不満がなくても自分には違う可能性があると考えている人も、バイトをする夢を見るケースがあります。

バイトは、自分に向いた職種を探す際に便利で、未経験でも興味があれば働くことができます。

その為、自分に合った仕事は何かという心理がバイトをする夢となって現れ、色々チャレンジした方がいいのではという気持ちをかき立てます。

実際に、定職についていても自分に合った仕事を探すため、バイトになるケースもあるので、バイトをする夢を見たら今の仕事で満足しているか考えることも大切です。

バイトをしている人がバイトをする夢を見たら、違うバイトをしたいという願望の可能性が高いです。

5.中年社会人がバイトする夢は、若い頃に戻りたい

成人してある程度社会経験を重ねている人がバイトをする夢を見た場合、若い頃に戻りたいという意味を持っています。

若い頃に戻りたい願望は体力や見た目的なことより、自由になりたいという願望がメインで、自分が持つ責任から逃げたい深層心理の表れです。

バイトは、若い頃に自分のペースで働いたという印象を持つ人がほとんどで、バイトを自由の象徴として捉えています。

ある程度の年齢になると、家族を持ち役職に就き自分の責任は増えていきます。

そんな日々はストレスを溜めるので、大抵の社会人は責任に対するストレスを抱えます。

ストレスが溜まっている時は、自由になりたい、若い頃に戻りたいなどの心理が強くなり、自由の象徴としてバイトをする夢を見ます。

その為、バイトをしている人がバイトをする夢を見る場合と全く意味が違い、それぞれの立場によって同じ夢でも差があります。

バイトをする夢の意味を知ろう

バイトをする夢を見た時の意味や深層心理は、夢を見た人の環境によって違うので、環境によって悪い前兆や良い前兆などの差があります。

この場合の環境は、バイトか正社員、就職活動中などのことで、それぞれ抱える特有の悩みがバイトをする夢になっています。

バイトをする夢を見た意味とは。仕事についての意欲が夢に現れているに関連する占い情報

夢占い(外部サイト)