【雲の夢の意味】夢に出てきた雲の色・形で意味することが変わる

最終更新日:2018年10月2日

雲は気象現象でありながら、昔から確かでない形、晴れない心や心の憂いを例えられることが多いシンボルです。

その一方で極めて高い場所やそうした身分を例える表現でもあり、雨を呼ぶ実りと豊穣を表す瑞祥紋の一つとしても使用されています。

実際の雲の動きには、爽やかに感じるものから恐ろしく感じるもの、縁起が良く感じるものまで様々です。

夢のなかに現れる雲の色が示す意味のほとんどは、運気の状態や心理状態です。

現実生活でも体験する“見たまま”の印象そのものであることが多いです。

1.青い澄み切った空に浮かぶ白い雲の夢は吉夢

「【雲の夢の意味】夢に出てきた雲の色・形で意味することが変わる」の他にも夢占いを見てみませんか?