白髪になる夢の意味とは。白髪は良い夢のこともある

最終更新日:2019年2月13日

夢の中で真っ白な髪になって焦るという経験をしませんでしたか?

白髪になる夢を見るとドキドキしてしまいますよね。

よく薄毛になったり、毛をなくす夢は吉夢であるという風に言われます。

髪の毛は人との成熟や苦労、努力を示すものだとも言われます。

では、白髪になる夢を見た時というのは、どんな意味があるのでしょうか。

今回は、白髪になった夢を見る意味や深層心理についてご紹介します。

1.白髪の夢には2つの意味がある

一般的に、白髪というのはあまり良いイメージがあるとは言えませんよね。

歳を重ねたときの老いの象徴であったり、疲れや気苦労から白髪が増えるという印象があります。

ですので、もし白髪になる夢を見たときに、あまりポジティブに捉えることができない人も多いでしょう。

もしかすると何かストレスを溜め込んでいるからなのかと心配する方も多い様です。

しかし、夢の中で白髪になるというのは、プラスとマイナス両方の意味があります。

一般的な白髪のイメージから、肉体的もしくは精神的な疲労や無気力を表すというのがマイナスの側面です。

もう一つは、歳を重ねたときに備わる知性や品性を表すとプラスの側面があると言われます。

それぞれの表すものは、白髪以外の要素によって大きく変わってきます。

それでは、具体的に白髪の夢の内容ごとの意味についてご紹介します。

2.白髪になり病気に伏している夢には疲労や心労、無気力さが反映される

もし、夢の中であなたが白髪になっており、やつれていたり、病気に伏しているときには要注意です。

この場合には、一般的な白髪の持つイメージと近いものがあります。

具体的にはっきりとは現れていなくても、少しずつあなたの中で無理が募っている可能性があります。

また、最近疲れているなと感じていたり、無気力な感じがある場合には、悪化の予兆かもしれません。

白髪は、体調や精神状態の不調を表している可能性が高いと言えます。

最近、何か心に引っかかっているような、気がかりなことはありませんか。

また、生活リズムが乱れていたり、体調の変化を感じていたりしませんか。

いま一度、自身の健康や生活の充実について、考えてみるようにするのが良いでしょう。

3.キレイな白髪の夢は品性や知識、経験の象徴

夢に見る白髪のうち、もう一つのプラスの意味である知性や品性について紹介します。

具体的な夢の例としては、歳を重ねて、とてもキレイは白髪になっていたというような感じです。

あるいは、50代を過ぎて自然と白髪が増えてくる年齢の時に見る白髪の夢なども同じような意味があります。

この場合には「歳を重ねてしまった」とか「老けた」といった印象は比較的薄いでしょう。

人は歳を取れば自然と白髪になるので、それが人の成熟を表しています。

こうしたキレイな白髪の夢の場合には、健康的な状態が維持でき、安定した老後を送れるといった意味だと捉えることができます。

また、しっかりと研鑽を重ね、自分のなすべきことを達成するという暗示とも言われます。

白髪になった姿が非常に充実している姿であれば、プラスの意味として捉えても良いでしょう。

4.夢の中の髪はイメージのバロメーター

白髪になった夢を見るというのは、もう一つ隠れた意味があります。

それは、白髪というのが自分の髪の毛であるということです。

一般的に、夢で見る髪型というのは、自分の思っている印象と、人から思われている印象を写す鏡だと言われます。

例えば、現在の髪型と夢で見た髪型が大きく違っているとしましょう。

この時は、自分の思っているイメージが、周囲から思われている印象と大きく違ってしまっているということになります。

では、白髪になっていて、それを染めようとしている場合ではどうでしょうか。

もしかしたら、日頃から心労や疲れを溜め込んでしまっているのかもしれません。

また、周囲もそうした状況を察しているような状況で、なんとかしようともがいているのかもしれません。

白髪の夢を見た時はこのようなことを考えてみましょう。

5.白髪の夢は努力が報われる兆候でもある

少しマイナス要素が強い面を先に紹介しましたが、白髪に関する夢の意味というのはそれだけではありません。

先ほど紹介したように、白髪には、品性や知性を表すものとして扱われます。

例えばキレイな白髪というのは、人としての成熟という意味があります。

あなたの身の回りでも、美しい白髪がとても似合っている素敵な人がいるかもしれません。

そうした人の白髪には、知的で上品な印象や、年齢で培われた落ち着きを感じるでしょう。

例えば、まだ白髪になるには若い人が、美しい白髪の自分を夢に見たとしましょう。

それは、現在の努力や行いが、将来的に実を結ぶということを示唆しています。

ちゃんとした成熟と、努力や経験による人間的な成長を意味しています。

努力した結果白髪になったというイメージです。

6.他人が白髪になっている夢は要注意

このように、白髪になる夢というのは、必ずしも悪いしらせではないのです。

逆に体や心の充実を写して、吉夢と言われることも多くあります。

しかし、他人が白髪になっている夢というのは、注意が必要な夢の内容です。

この場合には、その人の体調不良や、よくない出来事の暗示かもしれません。

よくその人のことを気にして、注意して見るようにしましょう。

白髪は体の内側から発せられるメッセージです。

ですので、その人には心労が溜まっていたり、どこかに体調不良があるのかもしれません。

そうした兆候がないかどうか、気にしてあげてください。

白髪の夢の意味を知ろう

誰でも、自分の髪に白髪を見つけると、なんだかよくない印象を持つでしょう。

しかし、夢に現れる白髪とは、単なる悪い兆候ではありません。

それどころか、歳を重ねた分の成熟や、達成を表すものだと言われています。

肝心なのはどのような状態で白髪になっているかということです。

白髪というのは、自分の人生や目標への達成度を示すバロメーターのようなものとして判断して見るのが良いでしょう。

「白髪になる夢の意味とは。白髪は良い夢のこともある」の他にも夢占いを見てみませんか?