病気にまつわる手相7つ

最終更新日:2017年1月31日

日頃、病気が気になることや体調不良が気になることはありませんか。

もしかしたら、手相に体調不良の原因が表しているかもしれません。

手相は生きている間に何度も変わるので、体調変化が起きた時は手相も変わります。

一度、手相をチェックしてみましょう。

1.右手の生命線を横断して横に伸びる手相

右手の生命線を横断して伸びる手相はストレスを表しています。

生命線が縦なら生命線の真ん中も通っている横の長い線のことです。

親指の付け根あたりから伸びている場合は、幼少期のストレスによってできた手相です。

家庭内暴力やいじめやトラウマが表れていて、うつ病になったり発達障害をおこしている可能性があります。

親指の付け根から下の方に下がって横に伸びている手相は、大人になってからのストレスを表しています。

結婚してからの暴力や会社内のいじめや、うつ病や不眠を表しています。

心の病気に当てはまりそうな場合は、精神科へ行くことをオススメします。

2.左手小指の感情線の下に小じわのような手相

小指下の感情線より下に横に伸びるしわのような手相があります。

何本もあって、しわと思う方も多いのですがくっきりしているのなら肝臓が悪い可能性があります。。

手を広げると、手の右端からはえている小じわみたいな手相です。

小じわのような手相の範囲は広く手首より上にあれば肝臓が悪いのかもしれません。

お酒が大好きな人にでやすい手相です。

会社で飲み会が多い時もでやすい手相です。

小じわあたりが肌の色と違って赤かったり黒かったり色味が気になる場合は、肝臓をすでに悪くしている可能性もあります。

アルコールの摂取量を控えることをオススメします。

3.左手の生命線の下の方に輪っかが出来ている手相

左手の生命線の下の方に輪っかが出来ている手相は、心臓病の可能性があります。

おじいさんやおばあさんになると、心臓病のリスクが上がり輪っかが表れる可能性があります。

心臓病にかかわる高血圧も生命線の輪っかで表れているときもあります。

若くても高血圧の方は一度チェックしてほしい手相です。

輪っかの先に生命線が続いていない場合は、心臓病で命を落とす可能性があります。

いわゆる手首の方に輪っかができて、下に生命線が続いていないことを指しています。

手相は生活習慣で変えることもできるので、心臓病になりにくい生活スタイルに変えましょう。

4.左手小指下の感情線下のぷっくりしたところを横にはえる手相

左手小指下の手のひら下半分の、肉付きの良いところにできる横に伸びる手相は要注意です。

放縦線と呼ばれて手相でもわかりやすい手相です。

体調不良やストレスを抱えているときに表れていると考えられます。

濃いほど要注意です。

要注意を示す手相なので、見つけた場合は生活リズムを整えましょう。

受験や就活やトラブルに巻き込まれているとでていることが多いです。

体調面でも何かしら良くない時にでているので見つけた場合は、私生活に思い当たることはないか確認しましょう。

体調不良を治して、ストレスから遠ざかると自然に消えていったり、薄くなっていきます。

5.手首のくっきり線が途切れたり山形になっている手相

手首にくっきり線は誰でもありますがくっきり横に伸びている手相が、途切れ途切れの方は要注意です。

女性は婦人科系の病気の可能性が高いです。

とんがった手首の手相も婦人科系の病気を表しています。

月経が遅れていたりこなくなっていたり、子宮の調子が悪いと思ったり気になる方は早めに病院で診てもらいましょう。

男性の場合も泌尿器の病気の可能性もあります。

病院に行かなくても大丈夫な場合でも、日頃からホルモンバランスや泌尿器を整えるように心がけましょう。

婦人科系の器官や、泌尿器の器官に良い食べ物をとることで改善することもできます。

6.左手の生命線から右下に柳の様に線が何本も下がっている手相

生命線は命を表しているので、生命線に変わった形の手相がでてるときは健康か不健康かのどちらかの可能性があります。

生命線の真ん中あたりからたくさん下に伸びている手相は、過労線と呼びます。

過労線はストレスを感じている証拠と言われています。

休息をとるように心がければ病気に繋がりません。

手相の付け根が何本も分かれている場合は、過労線よりも状態が良くないと言われています。

付け根が何本も分かれているときは本人も自覚症状があるのではないでしょうか。

かなりの疲労を表しているので倒れる前に、有休をとったり心のリフレッシュを心がけましょう。

病気の可能性を感じる場合は早めの診察もオススメします。

生命線の付け根が二本の場合も気をつけましょう。

二本の場合は将来、病気になるかもしれない暗示です。

二本の場合は予防さえ心がけていれば手相は変わります。

7.左手の生命線が切れている

生命線が切れていたら要注意です。

生命線が切れていたら何かしらの病気にかかっている可能性があります。

切れていて間が空いているほど大きな病気を抱えているかもしれません。

あまり切れていない生命線なら早く治るとも言われています。

生命線が切れていて切れているところの形が変わっていたら、入院レベルの病気の可能性があります。

癌や肝炎や深刻な病気におかされているとも考えることができます。

少し体調で気になる面や、何か変わったと思うことがあれば診察をオススメします。

場合によって手術の可能性もあります。

生命線が切れることは相当大きな病気の可能性があるので、気をつけてください。

手相で病気の可能性をチェックしてみよう

病気の手相についてご紹介します。

生命線以外にも精神的な病気も手相には表れていると言われます。

仕事に疲れている方や、家庭環境で疲れている方は一度、自分の手相と向き合ってみることをオススメします。

病気にまつわる手相7つに関連する占い情報

夢占い(外部サイト)