【泥棒の夢の意味】財産喪失や浮気などの前兆かも

最終更新日:2018年10月3日

泥棒が出てくる夢を見た時は、泥棒から連想される意味を持っていて、自分に対する危機感の表れでもあります。

そこで、泥棒が出てくる夢を見た時の意味や深層心理をご紹介します。

1.泥棒の夢は財産が増える前兆

自分の財産が増えていくと、今までにない不安や心配が生まれ、心理的に警戒心が強くなります。

財産を狙う典型的な泥棒は、取られたくないという深層心理が強いほど夢に出る可能性が高いです。

若い頃は泥棒が出る夢を見なかったけど、中高年になったら頻繁に見るという場合、財産が増えている前兆でもあり守る心理の強さが夢に影響を与えています。

警戒心を持つことは大切で、適度な警戒をしている人ほど増えた財産を守ることができ、警戒心が無い人ほど増えた財産を失う可能性が高くなります。

また、警戒心が強過ぎるとセキュリティにお金をかけ過ぎるので、防犯が財産を減らす原因になりがちです。

いづれの場合でも、警戒心を持つということは守る物があるからで、泥棒を意識する人は財産を持っている人です。

特に、財産が増え始めた人は警戒心や不安が強く財産を狙う泥棒を意識して、その意識が深層心理となり夢に泥棒が出てきます。

2.自宅の安全性に不安があるため、泥棒の夢を見る

日頃から不安を抱えていると、不安に付随する夢を見るケースが多く、夢に泥棒が出る場合は自宅の安全性に不安を抱えている可能性があります。

自宅の安全性に不安を感じている場合、泥棒のような侵入者だけではなく、建物の耐久性や近所との関係、過ごしやすい家族関係など、自宅に関わる色々な要素が含まれます。

自宅は安心して暮らせる代表的な場所で、その安心を脅かすものは泥棒として夢に登場します。

夢に登場する泥棒は、本当の泥棒をイメージしているケースや、自宅に迷惑をかける隣人をイメージするなど人によって様々です。

また、一番多いのは自宅が古く防犯に不安を感じ、不安の深層心理から泥棒の夢を見るケースです。

警戒心が強い人ほど夢に泥棒が出るケースが多く、警戒心が弱い人ほど泥棒が夢に出る可能性は低くなります。

その為、夢に泥棒が出る場合は警戒心の心理が現れていると言えます。

3.泥棒の夢は、パートナーに浮気をされる前兆

人の恋人や旦那と浮気をする場合、周りから泥棒猫と言われますが、浮気と泥棒は連想されやすい傾向です。

その為、夢に泥棒が出た時は浮気をされる前兆の可能性があり、日頃から心配している人ほどその可能性は高くなります。

泥棒は人の物を取る悪い存在で、自分の恋人を取る浮気相手も泥棒と同様の悪い存在に思いがちです。

泥棒が夢に出たから浮気される前兆というのは、思いあたる節がある場合で、全く浮気を心配していない人は違う意味を持っています。

ただ、少しでも交際相手に疑惑があり浮気をしているか、そのうち浮気をするのではという不安がある場合、夢に泥棒が出る可能性がありその意味は浮気で、深層心理は浮気への不安の現れです。

逆に、自分が浮気する場合でも夢に泥棒が出るケースもあり、この場合の深層心理は罪を泥棒に比喩している可能性があります。

4.自分の理性に不安を感じている

泥棒は社会的に悪い人間の代名詞でもあり、そんなことをしていると泥棒になるよ、など悪い例えに使われます。

その為、夢に泥棒が出る場合は自分の理性に不安を感じている可能性があり、秩序を保てるか自分に自信がない現れです。

自分の理性に不安を感じている内容は、嘘や失敗を隠すなど犯罪への不安とは限らないので、人に言えない何かを抱えている時に泥棒が夢に登場しがちです。

泥棒は、悪いというイメージがあるからこそ自分の悪い例えになり、夢に出てくる泥棒は自分の理性と違う現れです。

本当の泥棒が泥棒の夢を見る場合、普段の行動が夢になっているだけで意味はありません。

しかし、普通の人の夢に泥棒が出る場合は泥棒から連想される意味を持っていて、不安の塊が泥棒になっています。

5.泥棒の夢は、損をする機会が増える前兆

生きていると、損をする時もあれば得をする時もあり、なるべく得をして生きたいところです。

しかし、バイオリズムによっては損をする機会が増え、損をする度にストレスとして溜まっていきます。

損をした時は得をした人を羨む心理になるので、得をした人に対し悪いイメージを抱きます。

悪いイメージが夢の中では泥棒となり、夢の中の泥棒は自分の得を奪う人間になります。

その為、夢に泥棒が出てくる人は損をする機会が増えている前兆という意味があり、普段の悔しい深層心理が夢に影響を与えています。

日頃から得をしている場合、夢に泥棒が出てくるケースは少なく、現実に満足しているからこそ夢にも不利なキャラクターは登場しません。

現実に不満を抱えている人ほど泥棒や紛失などの夢を見がちで、損をするストレスは夢に大きな影響を与えます。

泥棒が出てくる夢の意味を知ろう

泥棒が出てくる夢を見た時の意味や深層心理は、夢を見た人によって差があります。

ただ、マイナスな意味を持っているという点は共通しているので、深層心理は悪い状態や不安を抱えている状態です。

泥棒が出てくる夢を見る場合、日頃の心配が泥棒になって登場するケースが多いので、泥棒イコール自分の不安とも言えます。

【泥棒の夢の意味】財産喪失や浮気などの前兆かもに関連する占い情報

夢占い(外部サイト)