【夢占い】声が出ない夢の意味とは?叫ぼうとしても声にならない夢を見た理由は不安な感情を暗示

最終更新日:2019年10月20日

夢の中であっても声が出なかったりすると、思わず焦ってしまうはずです。

叫ぼうとしても声がどうしても出ない夢はあまり見たくないものです。

目覚めた時には、きっとホッとするでしょう。

そういった声がなぜか出ない夢は、自分でも気がついていなかったことを教えてくれようとしています。

声が出ない夢の意味や深層心理を知ることで、もっと自分自身を理解していくことができるでしょう。

夢占いの観点から、声が出ない夢の意味を詳しく解説します。

【夢占い・夢診断】声が出ない夢の基本的な意味

声が出ない夢の意味や深層心理の中には、ちょっと見過ごせないものがあります。

それは自分自身が抱え込んでいる「不安」をあらわしていることがあるからです。

夢の中だったとしても、声を出すことができないような状態は、非常に精神的に負担となります。

「どうしよう」と気持ちが焦ってしまいますし、このままずっとこの状態だったら・・・と、未来に向けて不安がつのってしまいます。

その夢の中でひしひしと感じ取っている不安感、それが日々の生活で自分感じている気持ちです。

自分の生き方や生活のこと、恋愛のことなどを考えてしまうと、いったいどうしたらいいのか分からなくなってしまい、言いようのない不安感を感じてしまいます。

そういう時、人は「声が出ない夢」を見てしまいます。

声が出ない夢を見た時には、心の中に何か不安を抱えていないか、じっくりと自分の気持ちを振り返るようにしてみましょう。

そうすることで、心を軽くしていくことができて、楽しい毎日を送ることができるようになるでしょう。

【声が出ない夢の夢占い・夢診断】言いたいことがあるのに声が出ない

次のページヘ矢印

「【夢占い】声が出ない夢の意味とは?叫ぼうとしても声にならない夢を見た理由は不安な感情を暗示」の他にも夢占いを見てみませんか?