台風の夢の意味とは。夢の舞台が台風だった理由を知ろう

最終更新日:2018年10月2日

日本は毎年夏から秋にかけて毎年たくさんの台風が上陸します。

日本国内に住んでいる限り必ず台風には遭遇する身近なものですし、夢の中に台風が出てくる経験をした方も多いのではないでしょうか?

今回は夢に台風が出てきたときの深層心理や意味について紹介します。

夢の中に出てくる台風にはどんな意味があるのでしょうか?

1.夢の中に出てくる台風の意味は?

夢の中に出てくる台風は、不安な気持ちだったり自分の中の精神状態や考え方が不安定になっていることを表しています。

これから自分の人生が波乱が起こるのではないか、トラブルが起こるのではないか?という不安などです。

現実で台風が接近してくるときも同じような感情に襲われるという方も多いと思われます。

最近は防災の意識、知識の向上や建物が頑丈になっていることからかつてほど大きな被害をもたらすことも少なくなりました。

そうはいっても一瞬で建物を崩壊させたり、日常を一変させる可能性を秘めていることには変わりがありません。

ある程度の年齢以上の方であればこれまで台風で怖い思いをしたという方もたくさんいらっしゃることでしょう。

一気に暗くなる空、猛烈な勢いで吹く風、豪雨。

土砂崩れや河川の氾濫といった恐怖もあります。

夢で台風に見舞われるといことはこういった不安や恐怖の心を映し出しています。

それでは台風が夢の中に出てきたシチュエーション別に詳しく見ていきましょう。

2.台風が徐々に近寄ってきている夢の意味

夢の中で台風が徐々に自分の所に近寄ってくるという夢は、自分にとって何かよくないことが徐々に近寄ってきていることの象徴です。

こんな夢を見た場合、しばらくは周辺の人間関係には細心の注意を払った方がよいでしょう。

夢の中で来る台風に備えてしっかりと準備をしていた場合、あなたがそのトラブルに対して自分なりの対策を必死に考えているということを意味します。

しかし夢の中のあなたが台風が近づいているにもかかわらず外出した場合、その意味の解釈は大きく変わってきます。

凄まじいエネルギーを持つ台風にひるまずに外に出ていくということは、あなたの好奇心や冒険心、意思の強さを表しています。

あえて自分から危険の中に飛び込んでいくわけですから、きっと今、活力やエネルギーに満ち溢れているのでしょう。

台風の立ち向かうほどのエネルギーを生かして積極的に行動すれば、何か新しい可能性が見えてくるかもしれません。

また仮に失敗したとしても、そのチャレンジ精神のおかげでめげずにどんどんと前進することができそうです。

3.暴風が特徴的な台風の夢の意味

台風の中でも特に風が強い台風に見舞われた場合、その夢はどんなことを暗示しているのでしょうか?

強い風の台風は対人関係の運気が低下していることを暗示しています。

あなたの周りで暴風のような急激な変化が起こり、その変化にうまく対応できずトラブルに巻き込まれることもあるでしょう。

あなたが何気なく発言した一言やよかれと思ってやったことが原因で大きな問題が発生する可能性すらあります。

こんな夢を見たときにはより慎重に行動することを心がけた方が無難でしょう。

そんな中、迫りくる台風に対して事前に対策をしてうまく乗り切ることができたのであれば、迫りくるトラブルを最小限に抑えることができる可能性を示唆しています。

いずれにせよ暴風が特徴的な台風の夢はあまりよい夢ではないので、充分に注意することに越したことはありません。

4.大雨が特徴的な台風の夢の意味

台風の夢の中でも大雨が特徴的な台風に見舞われた場合はどのように解釈すればよいでしょうか?

大雨が特徴的な台風は自分を取り巻く環境がこれから大きくガラッと変化していくということを暗示しています。

もし今物事が順調に進んでいるのであれば運気は下降して一気に悪化します。

もし今が不幸な出来事や悩み事があるのであれば事態は急速によい方向に向かっていくことでしょう。

また夢から覚めたときにスッキリした気分になったのであればあなたにとってそれはよい夢、すなわち吉夢であるということができるでしょう。

5.台風を安全な所から眺めている夢の意味

もし台風に襲われている風景をどこか安全な場所から客観的に眺めているシチュエーションの夢を見たのであればどんなことが言えるでしょうか?

その夢は、湧き上がる自分の感情を必死に抑圧している状態を表しています。

自分の周囲で起こっているトラブルや問題に巻き込まれてはいるものの、自分の感情をうまく表現することができず我慢せざるを得ないといった状況です。

さらに悪いことに、もう一人の自分は冷静にそのことに気が付いているため、何とも言えないとてもつらい状態に追い込まれていることでしょう。

もしそんな心当たりがあるのであれば、だれか気を許せる人に打ち明けてみてはいかがでしょうか?

6.台風から避難する夢・避難できない夢の意味

迫りくる台風から非難する夢、または避難できない夢はどんなことを表しているのでしょうか?

夢の中で迫りくる台風からうまく避難できたのであれば、今自分が抱えている問題やこれから迫ってくるトラブルを上手に回避できる、ということを暗示しています。

一方台風の被害にあってしまい避難できない夢であれば、簡単に解決できると思っていた問題がこじれてしまったり、さらに大きなトラブルへと発展してしまうという可能性を秘めているのです。

台風の夢の意味を知ろう

今回は夢の中で台風に見舞われた場合の深層心理や意味について見てきました。

台風が夢に出てきたときは、大きな環境の変化や自分を襲うトラブルといった出来事を表しています。

しかし台風がやってくる夢を見た場合、その後しばらくは慎重に行動することでさらなるトラブルを回避することができそうです。

あまり気分のよい夢ではないとは思いますが、せっかくのチャンスですから有効に利用したいものですね。

台風の夢の意味とは。夢の舞台が台風だった理由を知ろうに関連する占い情報

夢占い(外部サイト)