他人が書いた絵馬を見るのが好きな人の心理とは

最終更新日:2017年5月15日

神社に行った時、誰かが書いた絵馬があると、熱心に見ている人がいます。

そういう人は、いったいどういう気持ちでわざわざ見ているのでしょうか。

他の誰かのお願い事を知ることで、何かが変わるのかもしれませんね。

1.他の人の「お願い事」が気になってしまう

神社で他人が書いた絵馬を見るのが好きな人の心理にあるのが、他の人はどのようなお願い事をしているのか、それが気になっているということです。

自分は○○を叶えたいと思っているけれど、自分以外の人のお願い事も知っておきたいという風に思ってしまいます。

神社の境内では、様々なお願い事を書いた絵馬が目に入ります。

そういう絵馬に書かれているお願い事を読んでいると、ついそれを書いた人に対して思いをはせたり、人生を考えてしまったりすることもあります。

自分は絵馬に「家族健康でありますように」と書いたりしていた時に、他の人の絵馬を見て「どうか病気がよくなりますように」などと書かれているのを見つけてしまうと、今の自分が健康に恵まれているということが実感できます。

そしてその絵馬をかいた人に対して「どうか健やかでありますように」と願ってしまうことでしょう。

他の人のお願い事を知ることで、より深く考えるきっかけになります。

だからつい他人が書いた絵馬であっても、じっくりと目を通してしまいます。

2.自分の絵馬を吊るす時に目に入ってしまう

神社で他人が書いた絵馬を見るのが好きな人の心理には、時々「何も考えていない」ということもあります。

自分が書いた絵馬を吊るそうとした時に、ふと視界に入ってしまうので、何気なくそのまま読んでしまいます。

自分は「ほかの人の絵馬を見てみよう」という気持ちがあるわけではないのですが、たまたま目の前にあるので、そのまま絵馬に書かれている内容を見てしまいます。

誰かのお願い事は、それなりに真剣な気持ちが込められているはずです。

何気なく目に入っただけなのに、うっかりするとそのまま読みふけってしまうのでしょう。

「合格祈願」を願った絵馬を見つけたら「受験大変そうだな」と思ってしまいますし「良縁祈願」を書かれた絵馬を見てしまうと「これを書いた人はいくつ位の人なんだろう」と、ついつい引き込まれてしまいます。

他人が書いた絵馬を見るのが好きな人の中には、見ようというつもりはないのですが、たまたま目についたから、そのまま読んでしまいます。

時々ハッと気が付いて、慌てて目をそらしている人は、まさに何も考えずに絵馬を見てしまっているひとなのでしょう。

3.「正しい絵馬の書き方」を知るために参考にしたい

神社でやけに真剣に他人が書いた絵馬を見ている人というのは、もしかしたら「正しい絵馬の書き方」を知りたいと思っているのかもしれません。

自分がこれから絵馬を書こうとしていて、そのために他の人が書いた絵馬を参考にしています。

絵馬の書き方というのは、ある程度の決まりがあっても、それほど厳密ではありません。

お願い事と自分の名前が書いてあれば、それで十分とも言えます。

ただ、中には絵馬書き方一つをとっても、とてもマナーを気にする人もいます。

そういう人は「書き出しはどのように書いたらいいのか」とか「住所まで書いた方がいいのだろうか」と、あれこれ迷ってしまいます。

そういう時に、他の人の絵馬があれば、ついそれを見てみたくなります。

一枚だけでは参考にならないので、何枚もチェックしてしまいます。

そしてスタンダードな絵馬の書き方を知ろうとしています。

絵馬の書き方を気にする人は、他の人が書いた絵馬を見るのが好きです。

他人が書いた絵馬を見ることで、自分の書き方が間違っていないかを確認することができるから、ついつい他の人の絵馬をじっと見てしまうのでしょう。

4.単に文字を読むのが好きなだけである

神社で他人が書いた絵馬を見るのが好きな人の心理の一つに、単に文字を読むのが好きなだけというものがあります。

いわゆる「活字中毒」な人は、たとえ他人が書いた絵馬であっても、じっと読みふけってしまうのでしょう。

人が書いた絵馬であっても、字を読むのが好きな人は目を通そうとしてしまいます。

そういう人は、単に文字を読むのが好きなだけなので、絵馬を読み終わってしばらくすると、絵馬に書いてあった他の人のお願い事を忘れてしまったりします。

字を読むということ自体がその人にとっては快感なので、知らず知らずのうちに他人の絵馬の中身に目を通してしまいます。

他人が書いた絵馬を見ることは、自分でも「ちょっと悪趣味かも」と思っていたりします。

それでも文字を読むことが好きだから、なかなかストップすることができません。

何だか悪いなと思いつつ、神社に行くと他の人の書いた絵馬を見てしまい、内容を見てしまいます。

神社で他人が書いた絵馬を見るのが好きな心理を知ろう

神社で他人が書いた絵馬を見るのが好きだというのは、あまりいい趣味ではないはずです。

ただ、誰か一生懸命書いた絵馬というのは、真剣な思いが込められているので、もしかしたら周りの人を引き付けてしまうのかもしれません。

他人が書いた絵馬を見るのが好きな人は、そういうパワーに呼び寄せられたリ、他の人よりも好奇心が強いので、他の人の絵馬を見てしまうのでしょう。

他人が書いた絵馬を見るのが好きな人の心理とはに関連する占い情報