【夢占い】犬が死ぬ夢の意味とは?夢の中で愛犬や野良犬が亡くなった理由

最終更新日:2019年10月20日

犬が死ぬ夢を見ると何だか嫌な気持ちになりますよね。

それが野良犬などでも嫌ですし、特に自分の愛犬が死んでしまったともなれば、なんだか気分はよくないですよね。

犬が死ぬなんて不吉な感じがして、一日中それについて考えてしまうこともあるでしょうか。

何かが起きてしまうのではないかと思ってしまうものです。

そこで今回は犬が死ぬ夢が持つ意味と、その時にあなたが抱えている深層心理を解説します。

夢に犬が出てくる意味とは

犬が夢の中に登場する意味としては、次のようなことが挙げられます。

①何かいいことが起こるサイン
②身近な人を暗示している
③自分の内面にある性格

犬は身近にいる存在ですので、基本的には良い内容のものになると言われています。

しかし、犬嫌いの人にとっては苦痛ですよね。

そのような人が犬の夢を見てしまったならば、少し注意してみたほうがいいでしょう。

ちなみに犬はペットとしても親しまれています。

ペットが夢に出てくるとき、次のようなことを表していると考えられています。

①あなたの身代わりとしての存在
②愛情を受ける、あるいは与える存在
③自分を必要とする、あるいは依存する存在

そして犬などのペットが夢に出てくるということは、自分にかわって何らかのメッセージを持っているのです。

実は自分が何かを行っている夢は、時に見るに堪えないことがあります。

例えばあなたが死ぬ夢を見たり、事故にあったり、重病になったりする夢は、精神的にかなりダメージがありますよね。

しかし人間はそのようなことにならないよう、頭の中で自動的に、自分を愛犬・愛猫などのペットに置き換えることによって、心理的に和らげようとしています。

そのため、愛犬が夢に出てくるということは、自分にとって何らかの出来事がこれから待っている可能性があります。

犬が死ぬ夢の意味とは

「【夢占い】犬が死ぬ夢の意味とは?夢の中で愛犬や野良犬が亡くなった理由」の他にも夢占いを見てみませんか?