【夢占い】犬が死ぬ夢の意味とは?夢の中で愛犬や野良犬が亡くなった理由

最終更新日:2019年10月20日

犬が死ぬ夢を見ると何だか嫌な気持ちになりますよね。

それが野良犬などでも嫌ですし、特に自分の愛犬が死んでしまったともなれば、なんだか気分はよくないですよね。

犬が死ぬなんて不吉な感じがして、一日中それについて考えてしまうこともあるでしょうか。

何かが起きてしまうのではないかと思ってしまうものです。

そこで今回は犬が死ぬ夢が持つ意味と、その時にあなたが抱えている深層心理を解説します。

夢に犬が出てくる意味とは

犬が夢の中に登場する意味としては、次のようなことが挙げられます。

①何かいいことが起こるサイン
②身近な人を暗示している
③自分の内面にある性格

犬は身近にいる存在ですので、基本的には良い内容のものになると言われています。

しかし、犬嫌いの人にとっては苦痛ですよね。

そのような人が犬の夢を見てしまったならば、少し注意してみたほうがいいでしょう。

ちなみに犬はペットとしても親しまれています。

ペットが夢に出てくるとき、次のようなことを表していると考えられています。

①あなたの身代わりとしての存在
②愛情を受ける、あるいは与える存在
③自分を必要とする、あるいは依存する存在

そして犬などのペットが夢に出てくるということは、自分にかわって何らかのメッセージを持っているのです。

実は自分が何かを行っている夢は、時に見るに堪えないことがあります。

例えばあなたが死ぬ夢を見たり、事故にあったり、重病になったりする夢は、精神的にかなりダメージがありますよね。

しかし人間はそのようなことにならないよう、頭の中で自動的に、自分を愛犬・愛猫などのペットに置き換えることによって、心理的に和らげようとしています。

そのため、愛犬が夢に出てくるということは、自分にとって何らかの出来事がこれから待っている可能性があります。

犬が死ぬ夢の意味とは

犬が死ぬというのは、とてもつらいことですよね。

特に、あなたの分身のようにかわいがっていた愛犬が亡くなるというのは、夢といえども気持ちのいいものではありません。

そのような夢を見るということは、何を意味するのでしょうか。

自分の飼っている犬が死んでしまった夢というのは、実は自分が死んでしまう夢と同等の意味を持つと言われています。

先ほども述べましたが、自分が死ぬ夢はとても強烈で、精神衛生上好ましいことではないのです。

そのため夢の中では犬が亡くなることで何かを伝えようとすることがあります。

死ぬ夢は決して気分のいいものではありませんが、夢占いの世界では自分の人生において何らかの転機が訪れる前兆と考えられています。

つまり、これからの自分の人生において、その運気が上向いていることの現れとも言えます。

もし現在の状況がとても苦しい状態にあるときに、犬が亡くなった夢を見たのなら、現状を打開する出来事がやってくるでしょう。

特に周囲の人間関係に悩んでいる人は、そのような状況から脱却できるかもしれません。

犬が死ぬ夢を見たときの深層心理

では、犬が死ぬ夢を見た前後に抱いている潜在的な気持ちはどうなっているでしょうか。

自分の人生において苦難が続いているので抜け出したい

あなたは、今置かれている状況に満足していますか。

生活していくにあたって金銭的に困っているとか、職場の人間関係に悩んでいるとか。

恋愛において、彼氏あるいは彼女とうまくいっていないということはないですか。

今の状況を何とか打開したい。

生活をよりよくしたい。

そのように考えているときに、犬が死ぬ夢を見ると、その後のあなたに、転機が訪れるでしょう。

いずれにしても、現状に満足していないときに、犬が死ぬ夢を見ることがあります。

そうなると、人生を新たにスタートさせることができるでしょう。

自分は誰かに迷惑をかけていると思っている

自分のこれまでの言動が、誰かを傷つけてしまったかもしれない時にも犬が死ぬ夢を見ます。

なぜなら自分が抱く罪悪感から「犬が死ぬ」=「自分が死ぬ」=「自分の罪を償う」という論理が夢の中で現れるからです。

特に犬が出てくるということは、親しい友人や職場の人間に対して何かをしてしまったということでしょう。

今一度、自分の言動を振り返ってみてもいいでしょう。

誰かに嘘をついたり、隠し事をしたり、あるいは犯罪めいたことをしたりしていませんか?

しかし、犬の死という夢は決して不吉なものではなく、むしろ今の状況を変えたいとあなたが思っている証拠でもあります。

もし誰かを傷つけてしまったかも…と思い当たるふしがあるなら、それはあなたに贖罪の意識があるのですから、改善するきっかけにしましょう。

共通して言えるのは、自分自身に何らかの不満を抱いていたり、誰かに依存したりしている心理状態が奥底に潜んでいるということです。

これらを乗り越えるためには、アクションを起こす必要はあるのですが、犬が死ぬ夢を契機にして動いてみてもいいでしょう。

犬が死ぬ夢を見た時の対処法

犬が死ぬ夢は、決して心地よくないですが、不吉な夢だと考え込んでしまう必要もありません。

夢のなかにおいて「死」は再生、リスタートや吉報を示すのです。

まして、犬の死というのは、自分の身代わりとしてあなたに転機が訪れることを暗に伝えているのです。

どうにかして現状を乗り越えようと思っている人が、犬の死ぬ夢を見たらぜひチャンスと捉えてご紹介します。

「【夢占い】犬が死ぬ夢の意味とは?夢の中で愛犬や野良犬が亡くなった理由」の他にも夢占いを見てみませんか?