小説家に向いている手相の特徴7つ

最終更新日:2017年1月31日

小説を書く方の手相は気になることはありませんか。

小説家はアイデアや文章能力が人よりも優れています。

こうした小説家に向いている手相を持っているとライターや芸術活動も向いているかもしれません。

そこで今回は小説家に向いている手相をご紹介します。

1.作家線がある

作家線がある方は文章を書く仕事が向いています。

作家線は知能線の末端が分かれています。

上にとび出ている線が作家線です。

基本は作家線は知能線と同じくらい伸びていることが多いです。

作家として能力が伸びていくと作家線も伸びてきます。

ライターの仕事をこなしている人は、作家線の長さで歴や向いているかがはっきり分かります。

手書きで文章を書く方にもパソコンでのライティング作業でも、作家線はよく見られる手相です。

趣味で文章を書くことが好きな人や、夢中になって小説を書いていても作家線はでてきます。

文章をこよなく愛する人にもでる手相なので、小説家向きと言ってもいいでしょう。

2.ソロモン線がある

ソロモン線はとてもレアな手相です。

ソロモン線がある人はヒット作がでたり、大きな影響力のある小説を書きあげる可能性が高いです。

人差し指の付け根に輪のような線が表れます。

人差し指の付け根から付け根に、大きな円が表れるといった形です。

普通の手のしわのようなものは、真っすぐしていますがソロモン線は円形で珍しいです。

他の指の付け根に表れても良い手相ですが、人差し指の付け根のソロモン線は強運や出世や成功を表します。

もし、ソロモン相がでているのなら急に作家として受賞したり映画化されたり、話題作になったりする可能性が高いです。

ソロモン線は作家以外に何にとっても強運な手相になります。

3.文系線がある

文系線は知能線が急カーブして下に下がっている手相です。

下がっていることは悪いイメージをもたれる方も多いのですが、下がっていると発想力やアイデア力があります。

個性のある作家に多いです。

独特な世界観を表せるので文系線は小説家に欲しい手相です。

文系線は芸術家やライターや音楽家や映画監督にも表れるので、アイデアが必要な業種の手相です。

子供にあれば国語や文系が得意とも言えます。

文系線は生命線に沿っている方が、良いとされています。

真っすぐな知能線の場合は理数系に多いので、小説家向きとは言えません。

子供の時に知能線の向きを見て習い事を判断することにも役立ちます。

4.文系線がS字型になっている

先ほどの文系線は、色々な人が持ちやすい手相です。

文系線が波うってS字型になっている手相は、文系線がグレードアップしたものです。

アイデアや発想力とは似ていますが、妄想や創造力が豊かです。

文系線よりも独特な思考の持ち主と言っても良いでしょう。

小説家の手相としては最高ですが、情緒不安定になりやすい手相でもあります。

文系線は安定していて、S字型の文系線は創造力が豊かでも日常生活が少々困難です。

芸術家にも表れる手相ですが、書くことに夢中になって生活に支障がでやすいです。

ネガティブな人の手相でもあるので落ち込みやすいです。

5.ますかけ線がある

ますかけ線のある人は信念を貫くタイプです。

作家では自分の貫き通したい作品だけ書く人に多いです。

ますかけ線は知能線と感情線が一緒になっている手相です。

横に真っすぐな手相で有名人にも多く、レアな手相です。

人生の荒波をこえてきた人にも表れる手相です。

荒波をこえた結果がますかけ線となって表れ、最終的にトップの座を奪います。

強運をつかむのがますかけ線ですが、つかむまでの道のりが長いです。

強運はつかんだら離すこともありません。

クセのある人にも多く、人は寄ってきませんが作家としてだす作品は人気がでます。

片手だけでもレアなそうなので、両手にある人はほとんどいません。

6.土星環がある

ソロモン線と似ていますがソロモン線が、中指にあるような手相を土星環と言います。

孤高の天才と呼ばれる芸術家や作家に多いです。

比較的、孤独な人に多い手相で完璧な手相ではありません。

物事を追求することが得意な手相で、推理系や細かい文章を書くことを得意としています。

こだわりも強く個性があるため人間関係が不得意です。

結婚には向いておらず、個性をわかってくれる人とは仲良くなれます。

音楽家や芸術家も持っている手相ではありますが、常に心の中は一人ぼっちの環境の人です。

ソロモン線と同じくレアな手相なので持っている方は、才能が眠っています。

人間関係さえ上手くいけば才能開花しやすいです。

7.直感線がある

直感線は知能線とより先に縦長の線がある手相です。

縦長でも少し丸みをおびた縦長の手相で、小指の下に辿っていくと見つけやすいです。

くっきりした線は直感線でくっきりしていなくても水星環と言われて、どちらも小説家に向いています。

直感線は直感が鋭いので物事を命中させやすいです。

感受性豊かでアイデアが湧くので発明家にもある手相です。

書きたいことが溢れ出る才能の持ち主なので作家には欲しい手相です。

レアな手相で霊感を持っていたり、スピリチュアルな感覚を持っている人に多いです。

スピリチュアルな手相なので持っているだけで、自然に良い運が入ってきます。

小説家に向いている手相か確認しよう

小説家に向いている手相の特徴をご紹介しました。

レアな手相からよく見られる手相までまとめています。

どんな人にも作家線と文系線は見つけやすいので手相を見てみましょう。

ますかけ線やソロモン線があれば小説家として最高の手相です。

小説家に向いている手相の特徴7つに関連する占い情報

夢占い(外部サイト)