学者に向いている手相の特徴7つ

最終更新日:2017年2月9日

ノーベル賞をとった学者の手相を知りたくはありませんか。

レアな手相もあり、同じ手相があれば学者に向いていて周囲の方や部下にも慕われるでしょう。

ノーベル賞をとった手相も見ながら学者に向いている手相をご紹介します。

1.二重頭脳線がある

二重頭脳線がある方はとても学者に向いています。

頭脳線が長くても頭脳線自体では、頭が良いとは限りません。

偏屈者やリーダーシップを持つ人や真面目な人や、頭脳線からは頭が良いこと以外の性格が読み取れます。

二重頭脳線は勉強には向いていませんが、将来的に頭を使って活躍します。

同じことは飽きやすく、社会に出てから世の中にない新しいものを発明する力を持っています。

世間では天才と呼ばれることが多いです。

小さい頃はめんどくさがりに見えても、大人になってから追求する心がでてきます。

医学部に入ったり、遅咲きの学者に向いています。

2.生命線が短く切れている

生命線がくっきり表れていて、短く切れている人は学者に向いています。

生命線が切れていて少し離れた所から、生命線が新たにできている手相です。

生命線が短いと命が短いと言う噂が多いのですが、長生きもできて世の中を飛びまわる手相です。

生命線が切れていたら留学や外の世界で活躍します。

留学経験者にも多い手相ですが、転職を繰り返している人にも表れます。

まとめると海外で出世して変わった職業で伸びます。

ノーベル賞をとった人も生命線が切れています。

あちこちで活躍した後は、自身の研究所やアトリエや学校など設立することが多く、名誉ある学者になりやすいです。

3.頭脳線が生命線にくっついている

頭脳線が生命線としっかりくっついている人は慎重派の人です。

とても慎重なので失敗しにくく、人生が安定しています。

まともな道を選べる人なので、ゆっくり出世していきます。

勉強の仕方にクセがある方でも、決して間違っておらず学者の道を歩んでいます。

頭脳線が生命線とくっついていることで、周囲に悪いことを言われても間違った道には進まないでしょう。

慎重なことは借金もしにくくだまされにくく良いことです。

慎重派は人付き合いにシビアな人も多いです。

人付き合いさえ良ければ、周囲から慕われて学者としても伸びるでしょう。

人付き合いが悪ければ、遅咲きになるかクセのある学者になるでしょう。

4.太陽線が濃くある

太陽線は消えたりでたりを繰り返す手相です。

ずっと出ない方もいれば、生きている間のほとんどは出ている方もいます。

太陽線は薬指の下あたりに真っすぐな短い手相のことです。

輝いているときに表れるので、出てない方も活躍すれば表れます。

太陽線がくっきり表れている人は、幸運や金運や出世や人気や全てを掴み取っています。

学者でも太陽線が濃い人は慕われていて、トップに立つことを表す手相です。

企業の社長にも表れたり、著名人にもでてきます。

慕われたり人気があることは信頼されている証拠です。

ノーベル賞をとった人にも表れている手相なので、太陽線が濃い手相は学者に向いている手相と言えます。

5.覇王線がある

覇王線はますかけ線よりも非常にレアな手相です。

社長や著名人に表れていることが多いです。

運命線と金運線と財運線が真ん中で交わっています。

分かりやすく言えば中指指しの付け根は運命線で人差し指の付け根は金運戦で、小指の付け根から財運線がでています。

どれも縦長の手相で交わる覇王線は、どの手相も長いことが分かります。

くっきり表れていると絶対に地位や名誉を手に入れます。

ノーベル賞をとる手相と言っても良いでしょう。

学者以外にも舞台でもお笑いでも企業でも、トップをとれる手相です。

覇王線は手相の中でも、相当幸運な手相になります。

6.KY線がある

空気が読めない人の手相で一時、話題になったKY線は本当はとても良い手相でもあります。

頭脳線と生命線がくっついていない手相をKY線と呼ばれています。

数ミリ離れているKY線は学者に向いています。

少しだけKY線が離れている分には、何に対しても対応力があります。

難しい問題にぶつかっても、視野が広く解決に繋がります。

少しのことで怒ることもなく、接しやすい人間です。

問題を解決しながら慕われていくので部下に慕われます。

味方が多いので研究や勉強でも、助っ人が現れます。

学者に向いていると言えます。

KY線でも生命線と頭脳線がとても離れている人は、空気が読めない方が多く天然な方やお笑いに向いている方です。

7.小指が長い

小指がとても長い人は言葉をたくみに操ります。

薬指の第一関節より小指が長ければ、小指が長いと言う基準になります。

薬指の第一関節よりも小指が特に長い人は、言葉で指導力や名声や地位を築き上げます。

講師や講義が向いています。

教授にも向いていますが落語家や、話の上手い消えないタレントにも表れます。

評論家になる可能性も高く、学者にも向いています。

小指が長いだけではなく頭も良ければ、出世の確率も上がり良い人生が送れます。

頭が悪かっても人から好かれて、面白い芸人として向いています。

言葉を操る方は頭の回転も速く、人にも好かれる手相です。

学者向きの手相か確認しよう

学者に向いている手相をご紹介しました。

珍しい手相から皆が持っているような手相まで紹介しました。

一つでも当てはまれば、学者の道に進むことも良いでしょう。

頭だけでも口だけでも達者であれば、学者に向いていると言えます。

どの職業にもあれば良い手相なので、ぜひ友達の手相も見てあげましょう。

学者に向いている手相の特徴7つに関連する占い情報