ますかけ線がある人の特徴。強運で頑固者が多い

最終更新日:2017年1月13日

ますかけ線とは、小指の下から中指と人差し指の付け根に向って伸びるはずの感情線が上に行かずに、そのまま横一文字にまっすぐ伸びて知能線に繋がる線のことです。

この線がある人は非常に少なく片手にあるだけでも数百人に数人しかおらず、両手にある人は滅多に存在しないと言われています。

ますかけ線は別名「猿線」や「百にぎり」とも呼ばれています。

そんな非常に珍しいますかけ線。

この線がある人の運勢をご紹介します。

1.強運の持ち主である

次のページヘ矢印

ますかけ線がある人の特徴。強運で頑固者が多いに関連する占い情報