関東の初詣にオススメな神社はココ!人混みを避けつつ初詣へ行こう

最終更新日:2018年11月29日

お正月のイベントととして大切な初詣ですが、関東地方でも初詣で人気の神社が数多くあります。

毎年多くの参拝客で賑わいを見せています。

今回はそんな関東にある初詣の中でも特にオススメの初詣神社をご紹介します。

1.日本で最も初詣の参拝客が多い明治神宮

関東の初詣で最も有名な神社と言えば東京の渋谷にある明治神宮です。

明治神宮は関東地方で有名な神社と言うより日本で最も初詣の参拝客が多く訪れる神社で、例年300万人を超える参拝客で賑わいを見せます。

この明治神宮は明治天皇と皇后が祀られている神社で、富士山からでる「龍脈」と呼ばれる2本の気の経路が交じり合う場所と言われており、東京都内でも屈指のパワースポットとして知られています。

この様な事から毎年お正月の初詣は非常に多くの参拝客が訪れます。

初詣は参拝が可能な時間が指定されており、大みそかから元日にかけては終日参拝する事が出来ます。

ただし2日は午前0時から午後7時、3日は午前6時40分から午後6時30分迄となっておりますので注意しましょう。

明治神宮は参拝者が非常に多く、その様子をテレビでもご覧になった方も多いと思います。

しかし人ごみが嫌いな方は午前4時から6時の間と、午前中の12時前迄、更に夕方の6時以降であれば比較的空いています。

2.外国人観光客にも人気の浅草寺で初詣

東京都内でもう1つオススメの初詣神社は、東京台東区にある浅草寺です。

別名せんそう寺とも呼ばれておりますが、例年の初詣客は300万人に迫る勢いがあり日本全国でもトップ10に入る参拝客数を誇ります。

外国人観光客の増加も初詣客の増加に拍車がかかっています。

この浅草寺で有名な雷門や仲見世通り、宝蔵門や五重の塔等の見どころも満載です。

更に、この浅草寺は祀られている観音様が困っている人の願いを聞き入れ助けてくれる場所であると言われ、明治神宮と共に都内のパワースポットの神社としても有名です。

浅草寺の初詣時間は大みそかが午前6時30分から午後7時、元日は午前0時から午後8時となっています。

しかし基本的には24時間門が開けられている為、いつでも初詣の参拝をする事が出来ます。

混み合う時間帯は仲見世通りのお土産屋がオープンする午前10前後から混み始めます。

人ごみを避けたい場合には午前4時頃から午前10時前に参拝を済ませてしまう事がオススメと言えます。

3.鎌倉の観光名所としても知られる鶴岡八幡宮で初詣

神奈川県鎌倉市にある鶴岡八幡宮は、例年250万人を超える初詣客で賑わう神社で由比ガ浜からの初日の出や、小町通りでのお土産等の買い物等が出来る神社となっております。

この鶴岡八幡宮の歴史は古く、1063年に源頼義によって作られ、その後1081年に源義家によって修復を加えた神社です。

鶴岡八幡宮を中心とした三方向を龍脈に囲まれている事から、パワースポットとしても有名な神社で、特に男性がその運気を掴み易いと言われており、決断力や行動力等を授かる事が出来ると言われています。

そんな鶴岡八幡宮の参拝時間は大みそかから1月4日迄は午後9時迄の参拝が可能ですが、来場者が多くなる年末年始は入場制限をかける場合もありますので注意が必要です。

この事からお正月の3ケ日を外し1月4日に参拝に訪れるのもオススメと言えます。

特に1月4日には「手斧始神事」と呼ばれる祭儀が執り行われ、普段は目にする事の無い行事となりますのでオススメと言えます。

4.厄除けで有名な成田山新勝寺に初詣へ行き厄払い

千葉県成田市にある成田山新勝寺は、全国的に見ても東京の明治神宮に次ぐ初詣の参拝客で賑わう寺院で、全国的に見ても第2位の参拝客の多さを誇ります。

成田山新勝寺は厄除けの寺院として全国的に有名ですが、初詣の寺院としても関東地方は元より全国的にも有名です。

真言宗智山派の仏教寺院で同派の大本山としても知られています。

その歴史は大変古く平安時代の810年に弘法大師によって建てられたとされています。

その由来は嵯峨天皇によって木造の不動明王坐像を建立した時代に遡る事になります。

そんな成田山新勝寺の参拝時間は大みそかから元日にかけて終日参拝する事が可能です。

しかし夜は午後9時に閉門となりますので注意が必要です。

お正月3ケ日は、参拝迄の待ち時間が3時間から4時間程度になってしまう場合がある為、ご自身の都合が付くのであれば1月4日に初詣をする等を考える事も必要になります。

5.北関東には、まだまだオススメな初詣に行くべき神社がある

北関東でも初詣にオススメな神社が数多くあり、そのいくつかをご紹介します。

まず栃木県にある日光東照宮です。

日光東照宮は世界遺産にも指定されている神社で、世界遺産登録によって海外からの観光客も増えている神社で、日光東照宮は徳川家康が祀られている事でも有名です。

参拝時間は元日が午前0時から午前3時迄の時間指定がある事と、その後は午前8時から参拝を行う事が出来ます。

次に茨城県の鹿島神社です。

鹿島神社は日本全国でおおよそ600社を抱える鹿島神社の総本山で、神武天皇の時代に建てられたとされております。

特にこの鹿島神社では元日にのみ配布される木製のご朱印に人気がある為、このご朱印を手に入れたい方は元日の午前0時から並ぶ事が必要です。

栃木県にある佐野厄除け大師は、成田山新勝寺と並び関東の厄除けの神社として有名です。

大みそから元日にかけては終日参拝が可能で、2日と3日はそれぞれ午前6時~午後6時迄の参拝時間になっているので注意しましょう。

関東に住んでいる方はこれらの神社に初詣へ行こう

関東地方のオススメの初詣神社をご紹介しました。

今回ご紹介した大きな神社以外にも、皆さんがお住まいの地域に密着した神社が多数あります。

そんな地元に密着した小さな神社でも初詣は充分ですが、たまには関東でも屈指の神社に初詣に訪れて見てはいかがでしょうか。

関東の初詣にオススメな神社はココ!人混みを避けつつ初詣へ行こうに関連する占い情報