占い師探しに悩む女性

当たる占い師と当たらない占い師の違いとは。信用できる占い師を見つけよう

最終更新日:2016年9月30日

自分の今後の人生を決めるにあたって、あるいはその時の悩みや不安を解消するために、占いという方法を選択する人もいるでしょう。

占いをするからには、出来るだけ当たって欲しいもの。

当たる占い師と当たらない占い師は何が違うのか、見分けるポイントをご紹介します。

1.一方的ではなく、話に耳を傾けるかで当たる占い師を見極める

占い師によっては、占いで出た結果を一方的に話し、相手にただ聞いてもらうというスタイルを保つ人がいます。

「なぜそうなのか」「いつからなのか」といった具体的なことを知りたくて、占い師に聞きたいと思っても、一方的に話されるだけで聞く耳を持たず。

話をきちんと聞いてくれるか、丁寧に耳を傾けてくれるかは、当たる当たらないに関わるポイントです。

「これを占いたい」と思っている人の話を聞かずに、自分の占いによって分かったことだけを話し続ける。

分かっている範囲だけを伝えるというだけで、聞かれてはまずいこともあるという見方も出来ます。

占って欲しい人の話を丁寧に聞いてくれる占い師は、少なくとも相手の疑問や不安を解消してあげたいという親身な姿勢が見受けられます。

2.占いの料金の設定額から見極める

占い師は独自の設定により、占い料金を決めていますが、中には「高すぎじゃない?」と思うほどの料金設定をしている人もいます。

高いというだけで「当たるかもしれない」と思い込むのは間違いです。

占いは当たれば必ずといっていいほどリピーターとして次回も訪れます。

それによってある程度顧客を確保できていれば、高額な料金設定をしていなくても成り立ちます。

逆にリピーターを確保出来ない占い師は、来た人一人一人から大きな料金を取らないと成り立たないのです。

占い師を副業としている人もいれば、本業としてやっている人もいるでしょう。

稼ぎがないことには自分の生活が危ういため、顧客が少ない場合は、来た人から頂く料金を高く設定しないとやっていけないのです。

当たる占い師の元には、何度も足を運ぶ人がいて、安定した収入が見込める為、それほど高額な料金設定にしなくても大丈夫。

当たらない占い師は「あそこは当たらなかった」と不満を抱いた人はもう来ないと見込んで、料金を高く設定することもあります。

3.的確に占えるかで見極める

「好きな人とのこれからどうなるか知りたい」「今の彼との結婚時期を知りたい」など、具体的にワンポイントで占いをする人もいるでしょう。

このような相談相手に、きちんと的確な答えを出せるかどうかも、当たる当たらないを見分けるポイントです。

当たる占い師であれば、例えば明確に「3ヶ月以内に付き合います」とか「来年の今頃に結婚するでしょう」と答えを出すでしょう。

しかし当たらない占い師は、具体的な答えを出すことを渋るケースが多く、曖昧な答えが返ってくることが多いのです。

「順調にいけば3ヶ月後に付き合っているか、逆にそれまでの3ヶ月の間にケンカが勃発すれば付き合うことはないでしょう」
「結婚は彼の仕事について、本人を連れてきてもらって占ってからじゃないと、ちゃんとした結果が出ません」
など、曖昧であり、後に「当たらなかった」と言われないように対処しています。

「○○ですね」「○○になります」と言い切る形の占い師であれば当たる占い師。

そうじゃなく、曖昧だったり、どっちともとれるような意味合いを込めて言葉を発するなら、結局は当たらない占い師という見方が出来るでしょう。

4.当たる占い師は、占いまでに時間がかかる

「占ってもらいたい」と思った時、当たる占い師の元に行って即座にやってもらいたいところ。

でも、当たる占い師は有名になりやすく評判も良いため、予約が殺到していることが考えられます。

占いたいと思った時に占えないのは、それだけ当たる占い師であるということ。

人気が高いため、予約がかなり先になってしまうということが当たり前なスタイルです。

一方「予約なし」とうたっている所の中には、予約をとるほどの人気ではないということも考えられます。

評判がよくない、あるいは評判となるような店ではないということがそこから読み取れるでしょう。

5.当たらない占い師は水晶や数珠、鏡などを積極的に販売している

占いが終わった後に「これを身につけると運がアップするよ」とか「これを財布に入れておくだけで、金運が良くなるよ」と言われるケースも少なくありません。

もちろんこれらの商品は、占いの料金とは別となることがほとんどです。

大抵このような商売をしている人は、占いの段階でネガティブなことばかり伝え、相手の運気が悪いかのように伝えます。

不安になったり怖くなった人は、言われた通りその商品を買って身につけるようになる。

それによってあたかも守られているような気分になったその人は、つい占い師を信用するようになり、何度も足を運ぶようになります。

ある種洗脳と同じやり方を用いている占い師に出会うことも少なくありません。

占いの内容が、否定ばかり、批判ばかり、不安ばかりなものだったら、あまり信用しない方が良いでしょう。

それはただ商品を買って欲しいからであって、あなたの占い内容は正しくない可能性が高いのです。

当たる占い師を見つけよう

何かにすがりたい思い、早く悩みを解決したい。

そんな困っている時に占いを活用する人はいるでしょう。

しかし全く当たらない占い師にハマってしまっては意味がありません。

評判がよく行列や予約がいっぱいな所、また便乗して商品を売らない所などの情報を仕入れることも大切です。

当たる占い師と当たらない占い師の違いとは。信用できる占い師を見つけように関連する占い情報