「自分」を一人称として使う男性の心理とは。なぜ自分を自分と言うのか

最終更新日:2016年12月17日

一人称が自分の男性は、誰とでも対等な付き合いをしたいと思っています。

もちろん、上下関係を気にしないといけないという時は気にしますが、基本的にどうしてもという時以外は誰とでも対等に付き合いたいと思うタイプです。

特に恋人に対してそう思っている事が多く、好きな人とはあまりベタベタしない、自立した考え人を恋人にしたいと思う傾向にあります。

このタイプの人は大人でしっかりした考えの女性を好む事が多いです。

ですので、このタイプの男性を好きになった時は、自分も男性と対等な付き合いをしたいという事をしっかりとアピールしましょう。

仕事もプライベートもしっかりしている自分をアピールする事で男性に「この女性とは対等な付き合いができそう」と思ってもらう事ができます。

なぜ「自分」を一人称とするのかを知ろう

「自分」を一人称として使う男性の心理についてご紹介しました。

自分を一人称に使う男性には上記のような心理が考えられます。

一番多いのは、硬派そうに見えて実は気が弱いという心理です。

自分をよく見せようと思って一人称を自分にしています。

このタイプの男性は、弱気な自分を分かっていて、それでも自分の事を好きでいてくれる女性の事を好きになるケースが多いです。

ですので、しっかりと支えて自信を持ってもらい、なおかつ自分をアピールしましょう。

「自分」を一人称として使う男性の心理とは。なぜ自分を自分と言うのかに関連する占い情報