「自分」を一人称として使う男性の心理とは。なぜ自分を自分と言うのか

最終更新日:2016年12月17日

一人称が自分の男性は思慮深い人が多いです。

特に自分の一人称をどうするかよく考えた結果、自分にしたという男性は物事を色々な角度から見る事ができる男性です。

様々な一人称の中から自分を選ぶ男性は、他の一人称を使った時の自分を想像する事ができるからです。

想像力豊かで常に様々な事を考える事ができます。

このタイプの男性は、話し合いで煮詰まっている時に思わぬ解決法を思いついたり、様々なアイデアを出さないといけない時に驚くような提案をする事が多く、他の人から注目されやすいです。

ただ、男性自身は自分が物事を考えるのが好きなだけなのでその事を自慢する事はありません。

頭の回転がとても早いですが、その事をひけらかしたり他の人を馬鹿にする事もありません。

ですので多くの人から好かれます。

欠点は、考えすぎてしまう事です。

考え込みすぎて少々前に進むのが遅くなったり、考え方が後ろ向きになったりしてしまいます。

好きな男性や彼氏がこのタイプの場合は「思慮深いあなたなら絶対に大丈夫だから」と背中を押してあげましょう。

女性に背中を押してもらう事で男性は「そこまで言ってくれるなら自分は大丈夫」と自分に自身を持つ事ができます。

4.誰とでも対等な付き合いをしたいと思っている心理

次のページヘ矢印

「自分」を一人称として使う男性の心理とは。なぜ自分を自分と言うのかに関連する占い情報