猫が死ぬ夢の意味とは【夢占い】夢の猫は転機を現す

最終更新日:2018年11月11日

猫が死ぬ夢を見てしまったら、何だか気味が悪いと思ってしまうかもしれません。

そして、よくない出来事が起こりそうな予感がして、ちょっとブルーな気持ちになってしまいます。

ただ、猫が死ぬ夢というのは、いろいろなことを示しています。

この夢の意味や深層心理を理解すれば、思わぬことを知ることができます。

1.猫が死ぬ夢は「転機」を示している

猫が死ぬ夢の意味や深層心理には「転機が訪れる」ということを伝えている場合があります。

自分の近くに当たり前のようにいる猫、それがいなくなってしまう夢は、新たな世界に進むであろうことを示しています。

猫という動物は、きっと人間にとっては非常に身近な動物であるでしょう。

子供の頃から自分の家で飼っていたり、近所を歩いていると顔見知りの猫達が近寄ってきていたりした思い出があるはずです。

しかし、そういう身近な存在である猫が死んでしまうことは、今まで続いていた当たり前の日々が変わっていくことを表しています。

今とは全く違う仕事をすることになったり、引越したりする場合もあるでしょう。

また、自分自身の性格や外見などが変わって、今までとは違った生活を送るようになったりします。

猫が死ぬ夢を見た時には、もしかしたら近々自分に何か変化が起こることを予想してみましょう。

そうすれば、きっといざ「転機」が訪れた時に、あたふたして慌ててしまうことはないからです。

2.猫が死ぬ夢は「思わぬトラブル」を暗示している

猫が死ぬ夢を見たら、ちょっと用心しなくてはいけない時もあります。

それはその夢が「思わぬトラブル」を暗示していることがあるからです。

猫は身近な動物で、比較的好かれている動物です。

その猫が死んでしまうということは、自分にとって「楽しい」とか「心地よい」という物事がなくなってしまうかもしれないのです。

今まで何となくうまくやってきた人間関係にひびが入ってしまったり、手付かずでそのままにしておいた物事の処理を迫られたりして、バタバタしてしまうかもしれません。

猫が死ぬ夢をみてしまい「何だか嫌だな」と思ったら、そのカンは当たっているかもしれません。

自分の周りに何かトラブルの火種がないか、一度じっくりと見まわしてみるようにしましょう。

そうしないと、後から大ごとになり、困ったことになるでしょう。

3.飼い猫の体調を心配しすぎているため、猫が死ぬ夢を見る

猫が死ぬ夢を見た時には、もしかしたら飼い猫の「体調」が気になっているのかもしれません。

ちょっと心配しすぎてし待っている時、その不安な気持ちが「猫が死ぬ夢」を見せてしまいます。

自分の飼い猫が死ぬ夢を見たら、不安でドキドキしてしまいます。

その夢の内容が現実に起きてしまったらどうしよう・・・と、びくびくしてしまうかもしれません。

ただ、こういう夢は実際に夢の通りになることは少ないので、あまり心配しすぎないようにしましょう。

それよりも、最近自分の飼っている猫が、体調が悪いとか葉が悪くなったなど、猫のことで何か気がかりなことがありませんか。

そういう時、いつも以上に心配な気持ちを抱えていたりすると、飼い猫が死んでしまった夢を見てしまいます。

普段から飼っている猫の体調をきちんと管理しているようなら、あまり心配しすぎないようにしましょう。

そうすれば、心配が高じて不安な気持ちになることも減り、猫が死ぬ夢を見なくなるでしょう。

4.猫が死ぬ夢は「もうすぐきっと束縛から解放される」と伝えている

猫が死ぬ夢は「束縛から解放される」ということを伝えようとしてくれています。

今まで自分を縛っていたことから自由になれて、もっと好きなように生きることができるよ・・・と、言ってくれているのでしょう。

猫というのは、かわいいですが、お世話するのはそれなりに大変です。

毎日キチンとエサを与えなくてはいけませんし、時々シャンプーをしてあげないと、ノミやダニに悩まされてしまったりします。

そういうケアは、一日さぼることもできませんから、それなりに「猫の世話のために束縛されている」という気持ちになることもあります。

猫が死ぬ夢は、そういった「自分を縛る何か」から解放されることを意味しています。

もうやり続けなくてもよくなったことがあって、それに気が付くことができたら、日々の生活がもっと楽になるだろうことを表しています。

猫が死ぬ夢を見たら、何かに煩わされていることはなかったか、それを考えてみましょう。

夢を見た後に段々とやらなくてよいことが増えてきて、もっと自分が好きなように時間を使えるように、毎日が変わっていくかもしれないですね。

猫が死ぬ夢の意味や深層心理を知ろう

猫が死ぬ夢は気がかりですが、実際に本当に猫が死ぬということはあまりありません。

それよりも、日々の生活で何かが変わっていくことを伝えたり、不安な心を示したりしています。

身近な毎日の象徴でもある「猫」という存在は、夢の中でも大切なメッセンジャーの役目をはたしてくれるのですね。

猫が死ぬ夢の意味とは【夢占い】夢の猫は転機を現すに関連する占い情報