水晶占いのやり方。水晶占いの方法を知って自分で占ってみよう

最終更新日:2022年12月1日
水晶占い

占い師は、独特の衣装に身を包み、ベールをかぶって行うものと言うイメージを大半の方がもたれるのではないでしょうか。

しかし水晶占いは、練習を繰り返して行けば直感的に出来るようになる占いです。

興味がある方はぜひ、そのやり方をマスターしてみてはいかがでしょう?

具体的な水晶占いの仕方を、今回はご紹介します。

1.水晶玉を凝視して感じ取ることから始まる

水晶占いは、簡単に説明すれば、水晶玉を凝視してその中に映し出された物体の陰影、物理的な現象を本人が感じ取ることから始めます。

ですから、水晶占いのことは「クリスタルゲージング」や「クリスタルロマンシー」とも呼ばれています。

水晶から感じる直感的なことからイメージを広げていくのですが、素人では大それたことができないと考えますよね?

しかし、練習をすることで相談者の悩みに答えを導いたり、未来のことを感じ取ったりが出来るようになるものです。

それだけに凝視をする際には、それなりの集中力は欠かせません。

無心の状態で凝視してこそ見えてくるものや感じ取ったり出来るものがあります。

雑念を生じてしまうと意識が集中するのは難しく感じられるでしょう。

まずは水晶玉を前に置き、集中できるように練習しましょう。

もし手元に水晶玉がない場合は、お皿などを水晶玉に見立てて凝視し集中できるか試してみましょう。

2.水晶占いには2種類がある

水晶占いにも、大きな分類をすれば2つに分けられます。

一つは「スクライイング」と呼ばれているものです。

こちらは、現実的には映し出されるはずのない、過去や未来の映像、遠く離れている所の映像、心象風景で隠されている部分の映像が、途切れ途切れに映し出さされます。

現実的に考えて、本来なら見えるはずのない映像が見えてくるというのは、断片的であってもその神秘性を水晶に感じずにはいられませんね。

一方もう一つの方法は、水晶に記号や絵が映し出され、そこから派生してイメージを広大に広げていくことで、相談者の悩みや未来、運勢などを占って行くことができる方法です。

広く知られているのは後者の方ですが、それぞれの方法を行う占い師の能力は異なって来ます。

前者では霊感の高さ、特殊な能力が必要とされており、後者の方法では水晶玉に映った暗示を読み取る能力が左右します。

そのため自分にはどちらのタイプが合うのかを考えておきましょう。

多くの場合は後者の方を選択します。

3.水晶占いを始めるのに揃えておきたい必要な道具

このような方法で水晶占いが占い師により行われ、人々の悩み、未来、運勢を占い助けになっているという魅力があるのを把握すれば、興味を持たれる方もいらっしゃるでしょうね。

これから、水晶占いをマスターしたいという方は、まずは必要なものから揃えてみましょう。

水晶占いの際に使用する水晶玉の大きさは、直径5cm~10cmくらいのものが望ましいです。

なぜならば、小さすぎると水晶玉に映し出される映像が見づらいからです。

また、水晶玉は球体か楕円形で透明なもので純度が高いとされる天然のものが用意出来ればそれがより理想的です。

ただし、高価なものになるので金額的に困難な場合には、水晶玉の代用で水を注ぐことができる大きな瓶やグラスでも可能です。

まず、予算を抑えて始める場合にはこのような物を探してみましょう。

4.水晶占いの手順

水晶占いをする前に、音が出るものを部屋から出す

まず水晶玉の準備をするのですが、部屋の環境を整えるために音が出るものは、部屋から出しておきます。

部屋が明るすぎることで集中がしづらいので、照明はやや落とした程度で室内灯程度の明るさでちょうどいいくらいになります。

清潔なテーブルクロスの上に水晶玉を乗せる

次に、テーブルに清潔なクロスをかけて、その上に水晶玉を乗せます。

この時のクロスは白や黒など一色だけのものにしましょう。

柄が入っていると水晶玉に映り込んでしまうからです。

水晶玉の真ん中をぼんやりと見続ける

クロスの上に水晶玉を乗せたら、真ん中をじっと集中して見続けます。

この時に、焦点を合わせずに見つめるようなイメージが適しているので試してみましょう。

その状態を継続していると、水晶玉にぼんやりとしたものが見え始めます。

さらに見続けると何らかのイメージとして文字や絵、映像が浮かんでくるようになります。

5.水晶占いを行う時のコツ

水晶占いをする時は無心になりひたすらに見続けることが必要です。

雑念が入りイメージが浮かばないだろうと思って眺めては意味がありません。

とにかく無心かつ集中して見続けることで、何かが見えてきます。

そして見えてくるものが悩み、質問の答えやこれから未来の起こりそうなことにつながっていきます。

初心者の場合、すぐには見えるようになるものではありませんが根気強く水晶玉を見続けるようにしてみましょう。

出来るだけ心身がリラックスしている状態で臨む方が、見ていることに集中しやすくなります。

何も見えなかったということが続いても、根気強く見続けることで、感じ取れる直感が湧いてくることも良くあります。

そのためあきらめないことも必要です。

水晶占いを始めてみよう

今回は、誰もが始めてみることができる水晶占いの仕方をご紹介しました。

日本でもはるか昔から信じられていた水晶占いですので、それだけ長く親しまれ続けていた証拠だと言えます。

水晶玉を準備して落ち着いた環境の中で見つめて、試してみると何かがあなたにも見えるかもしれませんね。

水晶占いのやり方。水晶占いの方法を知って自分で占ってみように関連する占い情報